産科を選ぶポイントは何ですか?

みなさんどんなポイントで産科を選んでいるのでしょうか?ちょっとまとめてみました。

view431

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • できるだけ自宅に近い場所で選ぶ

    最新の施設など、雑誌やテレビで紹介される産院も少なくないため、「あの産院で産めたら・・・」と思うこともありますよね。けれど、出産までは健診で何度も足を運ばなければなりませんし、陣痛が予定外に来るケースもあります。妊娠月数とともに体も重くなってきますから、自宅から遠い場所ではすぐに訪ねるのも大変です。できるだけ自宅に近い場所や、自宅からの交通の便がよい産院を選んだ方が安心できますね。
    出典 :ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めての産婦人科選び 4 - ユニ・チャーム
     

    これで選ぶのが一番楽ですね。

  •  

    近くのあると何かと便利ですよね。

  • 私が選んだ理由は、母乳育児推奨かどうかです。

    そうでなければ、母子同室でもないし、すぐにミルクを飲まされて
    母乳がますますでない状況になってしまいますよ。
    出典 :産婦人科の選び方が分かりません、教えて下さい! : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    母乳をあげれるかどうかの視点というのもあるのですね。

  •  

    こういう選び方もあるのですね、調べてみるまで知りませんでした。

  • )休診日・診療時間→自分のライフスタイルに合わせて、受診が可能かを確認しておきましょう。平日仕事を持たれているような方については、休日診療の可否なども、重要な要素です。
    出典 :産婦人科を選ぶポイント-教えて!はじめての出産-
     

    この視点を忘れている方が多いかもしれません。出産自体も大事ですが、通常の健診も大事ですから。

  •  

    だいたいどこも同じ休診日ですが、それだと自分の予定に合わない場合は、ちょっと調べてみましょう。

  • 自分のリスクに応じた産院を選びましょう

    出産には、今でも危険性が伴います。お産で命を落とす女性もいますし、赤ちゃんが亡くなったり、呼んでもこたえてくれない状態になることもあります。そうした事態をできる限り遠ざけるためには「リスクに応じた産院選び」が必要です。

    危険性が高い「ハイリスク妊娠」に当たる人は、緊急事態の対応に強い、マンパワーのある大きな病院での出産がすすめられます。ハイリスク妊娠に対応できる病院は「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」の指定を受け、多くがNICU(新生児集中治療室)をもっています。
    出典 :産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
     

    リスクを考えたら大きい病院に目が行ってしまいますね。

  • ※あなたの妊娠リスク度は何点?


    1.あなたがお産をするときの年齢は何歳ですか?  
    16-34歳:0点、35-39歳:1点、15歳以下:1点、40歳以上:5点 

    2.これまでにお産をしたことがありますか?
    はい:0点、 いいえ初めての分娩です:1点
      
    3.身長は150cm以上ですか?
    はい:0点、いいえ150cm未満です:1点 

    4.妊娠前の体重は何kgですか?
    65kg未満:0点、65-79kg:1点、80-99kg:2点、100kg以上:5点

    5.タバコを1日20本以上吸いますか?
    いいえ:0点、はい:1点 
     
    6.毎日お酒を飲みますか?
    いいえ:0点、はい:1点 

    7.抗精神薬を使用していますか?
    いいえ:0点、はい:2点 
                             
    8.これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各1点>
    ( )高血圧があるが薬は服用していない、( )先天性股関節脱臼、
    ( )子宮がん検診での異常(クラス3b以上)があるといわれた、( )肝炎、
    ( )心臓病があるが、激しい運動をしなければ問題ない、
    ( )甲状腺疾患があるが症状はない、( )糖尿病があるが薬は服用も注射もしていない、( )風疹の抗体がない
                           
    9.これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各2点>
    ( )甲状腺疾患があり管理不良、( )SLE、( )慢性腎炎、( )精神神経疾患
    ( )気管支喘息、( )血液疾患、( )てんかん、( )Rh陰性、

    10.これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各2点>
    ( )高血圧で薬を服用している、( )心臓病があり、少しの運動でも苦しい
    ( )糖尿病でインスリンを注射している、( )抗リン脂質抗体症候群といわれた、
    ( )HIV陽性

    11. これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各1点>
    ( )子宮筋腫、( )子宮膣部の円錐切除術後

    前回妊娠時に
    ( )妊娠高血圧症候群軽症(血圧が140/90以上160/110未満)、
    ( )産後出血多量(500ml以上)、( )巨大児(4kg以上)

    12. これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各2点>
    ( )巨大子宮筋腫、( )子宮手術後、( )2回以上の自然流産
    ( )帝王切開、( )早産、( )死産、( )新生児死亡、( )子の大きな奇形 ( )2500g未満の児の出産

    13. これまでに下記事項にあてはまればチェックしてください <各5点>
      前回妊娠が ( )妊娠高血圧症候群重症(血圧が160/110以上)、
    ( )常位胎盤早期剥離

    14.今回不妊治療は受けましたか?
     いいえ:0点、排卵誘発剤の注射:1点、体外受精:2点

    15.今回の妊娠は
     予定日不明妊娠:1点、減数手術を受けた:1点、長期不妊治療後の妊娠:2点

    16.今回の妊婦健診について
    28週以後の初診:1点、分娩時が初診:2点 

    17.赤ちゃんに染色体異常があるといわれていますか?
     いわれていない:0点、疑いがある:1点、異常が確定している:2点

    18.妊娠初期検査で異常があるといわれていますか?
    B型肝炎陽性:1点、性感染症(梅毒、淋病、外陰ヘルペス、クラミジア)の治療中:2点




    0~1点→低リスク
    現在のところ大きな問題はなく心配はいりません
    2~3点→中リスク
    ハイリスク妊娠に対応可能な病院と密接に連携している施設での妊婦
    健診、分娩を考慮してください
    4点以上→高リスク
    ハイリスク妊娠に対応可能な病院(周産期センターなど)での妊婦健診、分娩を考慮してください

  •  

    もしもの時を考えるとこれが設置してある病院が安心ですね。

  • 緊急時の対応

    出産時、緊急の事態が発生した場合、院内で対応してくれるのか、又は他の病院に搬送される場合はどこの病院なのかを把握しておきましょう!
    出典 :産婦人科の選び方と自宅出産について-赤ちゃんの部屋
     

    小さい産科さんならちゃんと調べておく必要がありますね。

  • 出産スタイルで産婦人科を選ぶ

    普通分娩  自然に陣痛が始まるのを待ってお産をするスタイルです。

    帝王切開  お腹を切開して赤ちゃんを取り出す出産スタイルです。
            多胎の場合や自然分娩からの緊急対処法として使用されることが多いです。

    立会い出産  普通の出産時に夫立会いのもとに出産するスタイルです。
            安心感はありますが、事前に講習が必要な場合もあります。

    LDR      陣痛から出産までを同じ部屋で行う出産スタイルです。
            対応する設備のある病院でしかできません。

    無痛出産  麻酔で陣痛の痛みを緩和して出産するスタイルです。
            痛みが和らぎ、リラックスして出産することができます。

    出典 :産婦人科・病院の選び方
     

    この選び方もありですね。

  •  

    全部の型を選べる病院は少ないようですね。

  • 妊娠中のプログラム

    妊娠ならではの生活を楽しみたいと考えているなら、産婦人科のプログラムを選ぶときの条件になるでしょう。 母親学級・両親教室・マタニティエアロビクス・ヨガ・アロマテラピーなど、 自分の通っている施設で行っていると参加しやすいですね。 妊婦友達を作るキッカケになります。
    出典 :産婦人科の選び方
     

    今流行っているみたいですね。

  •  

    むかしでは考えられなかったことですが、今じゃ普通になってきています。

  • かかりつけ医は、合う、合わないがありました。
    曜日によって医師が違い、説明の仕方や内診の仕方が、
    自分にとって合う合わないがあったので、
    妊娠がわかってからは、自分が合うと思った医師に継続
    して診てもらっています。
    出典 :産婦人科を選ぶ基準は?? | 妊娠のQ&amp;A【OKWave】
     

    お医者さんとの相性も大事ですね。

  • 検診費用・分娩費用

    妊娠検診費用や、 出産(入院・分娩)費用は、 施設によってかなり差があります。 同じ施設でも、妊娠経過や受けた治療、個室かどうかなどによっても違って来ます。 だいたいの目安を聞いておくと良いでしょう。 産婦人科におおまかな目安を表示してある施設もあります。
    出典 :産婦人科の選び方
     

    やはり先立つモノですよね。

  • 妊婦検診や出産は基本自由診療です。3割負担のつもりでいたら、後で取り返しの着かない出費を強いられる事もあるので、予算設定だけはしておいたほうがいいと思いますよ。
    出典 :産科の病院選びどうされました?病院って商売っ気ないんでしょうか??? - Yahoo!知恵袋
     

    これは注意しておかなければいけませんね。

  •  

    お金だけで決めたくないですけど、現実はこれから考えますよね。