低体温で生理が来ない場合には?

最近、体温の低い情勢が増えています。実際に新陳代謝にも悪い盈虚を与えてし、あい生理不順にもなると言います。改善策などについてもまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/03/17

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低体温になると不調が起きる

  •  

    体温を測るという習慣で自分の平熱をまずは知りましょう。

  • 最近、低体温の子供や大人が増えています。本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらいであり、これは体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。低体温だと、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気になりやすくなります。体温が1℃下がると、1)免疫力低下、2)基礎代謝低下、3)体内酵素活性の低下、といわれています。
    出典 :低体温|低体温の改善・原因・症状 - 病気・症状 チェック
     

    こうなってしまうと生理不順にも影響してくるということなのです。

  •  

    なんだか不調・・・生理も遅れ気味だし・・という場合には低体温であることが原因になっているかもしれません。

  • 低体温は生理不順の大きな原因の一つであるとご紹介しましたが、元をたどれば無理なダイエットや偏った食事による栄養不足で“身体が熱を作りだすチカラ”が低下したことに端を発しているケースが多いようです。
    出典 :低体温は生理不順の一因
     

    低体温になってしまう場合には体調にも変調を来たすのです。

  •  

    偏食していませんか?無理な食事制限も女性にとっては仇となることなのです。

  • 女性の低体温について

  • 冷え性が男性よりも女性の方に多いように、低体温に悩む方は女性に多く見られるようです。その理由は…ズバリ、女性の身体の構造にあります。
    出典 :低体温は女性に多い?
     

    女性ならではの症状ということなのでやはり生理不順にも直結してしまうのですね。

  •  

    低体温で良いことは何もないのです。

  • 低体温は血液の循環を滞らせ、身体のあらゆる機能を低下させることが分かっています。特に、子宮や卵巣は、“冷え”の影響を受けやすい臓器であるため、低体温による弊害も大きいのです。血液には、身体を正常に機能させるために必要なエネルギーの素となる栄養素や酵素、ホルモンなどが含まれていますが、
    これらがうまく輸送されないわけですから当然のことながら生殖機能も低下します。
    出典 :低体温は生理不順の一因
     

    できる限り低体温を回避することを考えなくてはいけません。生理周期を正確に保つためにも必要なことですね。

  • 低体温で生理不順にならないために

  •  

    生理が来ない・・これは体温が低いことと関連があるのです。

  • 女性は生理の周期などによっても変化します。また体温は一日の中でも変化し、朝目が覚めてから上昇し、午後の2~3時にピークを迎え、夕方から夜にかけて下がるのが一般的。体温が上昇すれば私たちの体は活動的になり、反対に体温が下がれば眠くなります。この生体リズムは、私たちが健康に生きる上で重要です。
    出典 :不調を招く低体温! 食生活で改善するコツは? [食と健康] All About
     

    低体温と生理の遅れとの関係は密接なようです。

  •  

    生活を改善して低体温対策をしていきましょう。

  • 冷暖房完備の生活・シャワーだけの入浴・体を締め付ける下着・運動不足による筋力低下・過度のストレスによる自律神経やホルモンのアンバランス・夜型生活・朝食抜き、ダイエットなど乱れた食習慣・冷たい物や甘い物の食べ過ぎ
    出典 :不調を招く低体温! 食生活で改善するコツは? [食と健康] All About
     

    これらの悪い習慣をまずは断ち切りましょう。そうすることで生理不順を招かずに済む場合もあるからです。