うつ病は治るんです!

今や薬に頼らない、依存しない、うつ病の克服方法、認知療法推進します。

view527

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつ病って治るの?

  • まずはうつ病を実際に克服した人の体験記から

  • まずはうつ病を知ろう!

  • うつ病は一般的に心の風邪とよく言われていますが心身共に風邪をひいてけだるい状態によく似ています。ただ普通の風邪なら気が重くても身近な目標をたてたり楽しい事を楽しいと感じる事ができますが、うつ病になると何に対しても興味が持てず悲壮感や絶望感、空虚感で心が一杯になります。

    家族の不幸などによって一時的に落ち込む事はありますがこれがずっと長く続き強い自己嫌悪や妄想にとらわれ、今まで考えてもいなかった事を「きっとそうに違いない」と考え出したりする事があります。一般的には二週間以上落ち込んだ状態が続くとうつ病として診断されます。

    うつ病になる原因は様々ですがセロトニンやノルアドレナリンという脳内物質が不足するのが原因の一つとして考えられています。他にもイジメや仕事、子育て、人間関係のストレスといった生活での悩みが原因になるとされていますが稀に何の原因も無く深刻なうつ病になる事もあるようです。
    出典 :うつ病を知ろう - 薬に頼らないうつ病克服
  • うつ病の人を表現すると。。。

  • ゴッホの「悲しむ老人」より

     

    フランスのサン=ポール・ド・モゾル修道院の精神病院で療養中に描かれたもの。
    描かれている老人は、自らが1882年に製作したリトグラフを模写したモノだそう。

    哀愁が漂ってます。

    うつ病というのは、不安に押しつぶされそうになりますよね。

    まさに表現されてる作品であると思います。

  • うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、精神障害の一種であり、抑うつ気分や焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である
    出典 :うつ病 - Wikipedia
  • 躁うつ病とは?

  • うつ病とは全く異なる病気

  • 医学的には「気分障害」というジャンルに入ります。うつ病と同じジャンルですが、うつ病とは全く違う病気です。
    普通のうつ病は、「単極性うつ病」(うつの症状のみ)。
    躁うつ病は、躁(ハイ状態)とうつ(ロー状態)を繰り返す病気です。最近は「双極性障害」と呼ばれます。

    俗に言う、「気分が変わりやすい」「気まぐれ」程度のものとは全く違います。
    普通の人の感情の揺れが-1~+1くらいだとしたら、躁うつ病の感情の揺れの幅は、タイプや人にもよりますが、その数十倍以上にも換算されるでしょう。

     簡単に言えば、躁の時にガソリンを使い果たし、どうにもならなくなって止まってしまう(うつ状態になる)・・・という感じでしょうか。
    躁の時は、自分では調子がいいと思うため、自分ではコントロールできず、病気だという認識(病識)もないので、治療や入院も拒否しがちです。
    さらにうつになると、躁の時のことを思い出して自己嫌悪に陥ったり、人により貧困妄想などが出て将来を悲観し、ひどい時は自殺を図ったりします。

    周りから見れば、「意志が弱い」「怠け者」のように見えますが、それは全く違い、本人の責任ではありません。
    なぜなら、ストレスなどが主な原因ではなく(きっかけにはなりますが)、脳内の神経伝達の異常によって引き起こされる病気だからです。ですから、薬物治療が主になります。

    躁とうつを繰り返すといっても、境目がはっきりしてる人とそうでない人がいますし、症状や周期も人によっていろいろです。
    躁とうつの期間もさまざまですが、一般に躁の方が短いようです。

    原因は、何らかの遺伝的要素が関与していると言われていますが、同病の親を持った子供の発病の確率は2~10%くらい(つまり9割以上は発病しない)で、いわゆる遺伝病ではありません。
    「遺伝する体質」がこれくらいということです。糖尿病などと同じです。
    それに加え、ストレスなどの環境要因が加わって発症するのではと考えられています
    出典 :躁うつ病ってなに
  • そして双極性障害とは?

  • 躁状態(躁病エピソード)およびうつ状態(大うつ病エピソード)という病相(エピソード)を繰り返す精神疾患であり、気分障害の一つである。統合失調症と並び、二大精神疾患と言われている。古い呼び名では躁うつ病あるいは他の名称として双極性感情障害とも言う。
    出典 :双極性障害 - Wikipedia
  • まずはうつ病は治る病気と信じて!

  • うつ病でない方でも何か辛い事に直面すれば、気分の落込み・疲労感・食欲不振・自信喪失・集中力の低下等に陥ることがあります。
    この様な状態をうつ状態と言いますが、まだこの段階では病気とは言えません。誰でも近親者の喪失体験等があれば経験する状態です。
    大抵の方は数日でまた元の元気を取り戻します。
    しかし一般的には気分の落ち込み等の症状が2週間以上続けば精神科ではうつ病と診断されます。
    もう少し具体的に症状を挙げると
    寂しさ、悲しさ、絶望感、不安感、孤独感、劣等感、罪悪感、今まであった興味関心の薄れ、以前喜べたことが喜べない、生きていることがつまらない、この先うまくやっていけそうにない、自分は生きていても意味のない人間だ
    といった感情が湧いてきます。

    --------------------------------------------------------------------------------

    この状態がもし進行してしまうと、憂うつ感よりも単にきつい、辛い、疲れたといった感じになり、意欲、感情、行動力、決断力、思考能力の低下が見られるようになります。何かに抑えつけられているような状態なのでこれを抑制症状と言います
    出典 :すっきり!うつ病の症状克服
  • こちら、参考までに!

  • 色々な方法を試して、治した方もいらっしゃいます。

  • もう薬に頼らない!

  • うつ病克服法を紹介しています。

  • 認知療法は、精神療法としてメジャーでありながら、臨床の現場で一定の成果を上げているものであり、専門家と二人三脚で行うことでうつ病の再発防止も期待できます。

    自分一人では認知療法を行うのは難しく、また専門的な知識をもったカウンセラーなど人材も不足していることが課題でありました。また病院などで行うカウンセリングなど心理療法は費用もかかり、人間的な相性も治療において影響があります。

    この取り組みが拡大していくことで、専門家が増えて沢山のうつ病に苦しむ患者により身近に認知療法が受けられる社会となることを期待したいと思います。
    出典 :うつ病克服!うつ病の治療法と克服
  • 認知療法とは?

  • 思いこみの改善!

  • 認知療法」とは,一言で言えば,偏った考え方のパターンを自分でチェック・見直すことです.メンタル疾患に陥った人は,自分自身に対しても周囲の人に対しても,また将来に対しても悲観的になり,元気な頃より考え方が偏り気味になっている傾向があります.認知療法はこのような点に注目し,自己を見つめ『考え方=捉え方=認知』に偏り過ぎていないか【自分で気付ける=自分でストレスに気付ける】ようにしていきます.

     『認知の歪み・偏り』と言われると,自分の性格や人格を否定されたように感じてしまうかもしれません・・・.でもご本人を否定しているわけではありません.症状の原因となる【考え方】に,自分で焦点を当てるのが認知療法.ストレスがかかった時,明らかに極端な考えの偏りに気付くことが第1歩.自分と周囲の状況を見つめ直し,極端だった偏りを緩めて自分への負担を軽くする・・・ストレス・マネジメントでもあり,一種の体質改善みたいなものと思って下さい.
    出典 :認知療法について:うつ病治療.com
  • 認知行動療法は、いま日本だけではなく、イギリスやアメリカなどの医療先進国で「うつ病といえば認知行動療法!」と言われるほど、うつ病治療のために最も多く選ばれている心理療法です。認知行動療法の効果は医学的に証明されていて、抗うつ薬と同じかそれ以上の効果があるといわれています。

    では、認知行動療法とは具体的にどんなことをするセラピーなのでしょうか。

    認知行動療法の「認知」とは、「考え方」や「事実の捉え方」のことです。
    認知行動療法は、「考え方」のバリエーションを増やし、ネガティブな考えや行動のパターンを変えていくお手伝いをする心理療法なのです。
    出典 :U2plusの認知行動療法 - 認知行動療法と独自プログラム, 海外と日本の心理療法 | U2plus
  • 認知療法のしくみ

     

    しくみを知ることによって、薬に頼らず自分で治療できる。

  • 自分でできる認知療法

  • うつ病の治療 注目の認知行動療法

  • 自分の「うつ」を治した精神科医の方法