原因は多くの場合でウイルスとか・・・【上気道炎の症状】ってどうなるの?

上気道炎とは所謂「かぜ症候群(かぜ)」のことで【上気道炎の症状】はまさに風邪の症状です。
しかし、こじらせると大変なことになりますので、「風邪」と甘く見てはいけません。
特に乳幼児やお年寄りは十分な注意が必要であることは言うまでもありません。

view140

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「上気道炎」とは

  • 急性上気道炎とは、いわゆる“かぜ症候群”のことです。
    最もよく見られる呼吸器疾患で、原因のほとんどはウイルスです。
    ふつう1週間以内で自然に治ります
    出典 :-急性上気道炎-
  • いわゆる「かぜ」は、医学的には「急性上気道炎」と言います。「上気道」というのは、鼻からのど、気管の入り口にかけての空気の通り道のこと。この部分が炎症を起こした状態を総称して「急性上気道炎」とか「かぜ症候群(かぜ)」と呼んでいます。原因のほとんどはウイルスです。
    出典 :かぜ症候群(急性上気道炎) - gooベビー
  • 「上気道炎」は細分化される

  • 上気道とは

     

    鼻から喉気管支の入り口まで辺りをいうそうでです。

  • 急性上気道炎には、部位により急性鼻炎、急性咽頭炎、急性喉頭炎と細分化されます。
    急性鼻炎だけ、急性咽頭炎だけ、急性喉頭炎だけの事もありますが、急性鼻炎と急性咽頭炎、急性咽頭炎と急性喉頭炎だけの事もあります。 もちろん急性鼻炎、急性咽頭炎、急性喉頭炎すべてが同時に起きていることもあります
    出典 :急性上気道炎|くさの耳鼻咽喉科
  • 「急性鼻炎」の症状

  • 1. 鼻が乾燥して、ヒリヒリしたり、違和感を感じる
    2. 鼻の粘膜が痛い
    3. くしゃみ
    4. 鼻水(最初はさらさら、次第にどろっとし、最後は青緑となり治ります)
    5. 鼻がつまる
    6. 発熱
    出典 :急性上気道炎|くさの耳鼻咽喉科
     

    これらの症状が全て出るとは限らないそうです。

  • 「急性喉頭炎」の症状

  • 代表的な症状は
    発熱、
    声が全く出ない、
    咳がでる、
    しゃがれ声、
    喉が痒いようなイガイガ感
    出典 :喉頭炎5つの症状と3つの原因
  • 「急性喉頭炎」

     

    耳鼻咽喉科で診察を受けるといいそうですよ。
    シッカリ治療をしておかないと、慢性化して声が出なくなったりすることがあるようです。
    たばこの吸い過ぎに御注意!

  • 「急性咽頭炎」の症状

  • 突然喉が痛くなった…。
    喉が乾燥する…。
    咳が出る…。
    「のど風邪かなあ」というようなときは急性咽頭炎の疑いがあります
    出典 :急性咽頭炎の症状と対策
  • 急性咽頭炎は咽頭部分に細菌が感染して発病するパターンが一般的で、急激な喉の痛み、発熱、頭痛、人によっては身体がだるくなったりするのが特徴です。
    一方で慢性咽頭炎と呼ばれるものもありますが、これはタバコの喫煙習慣などによる原因から炎症を起こす場合がこれに当てはまり、急性咽頭炎とは区別されています。
    出典 :急性咽頭炎の症状と対策
  •  

    倦怠感や、頭痛、発熱もあるそうです
    10歳以下の子供かかかりやすいので要注意です。
    病院は、内科、耳鼻科へ行けばいいでしょう。

  • 「風邪」のような症状が続いた場合には

  • なかには重大な病気が隠れていることもありますから、症状が4日以上続いたり悪化する場合は受診の目安になります。
    慢性疾患のある人ではもっと早めに受診するとよいでしょう。
    出典 :-急性上気道炎-
     

    発熱が39℃以上、咳やのどの痛みが激しい場合は、早急に医師の診断を受けましょう。