痛みに耐えられない!それなら【無痛分娩】について学ぼう

出産時の痛みを軽減する事が出来る無痛分娩というものがあるようです
どのようなものなのかをまとめてみました

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 無痛分娩とは

  • 麻酔を使い、お産のときの痛みをやわらげる出産法。部分的に麻酔がかかる局所麻酔と、全身にかかる全身麻酔とに大きく分けられます。最もポピュラーな硬膜外麻酔では、陣痛をのがし、子宮口が4~5cm開いてから麻酔を注入します。麻酔と聞くと「生まれた瞬間もわからないのでは」と思いがちですが、この方法なら産声を聞くことも可能。緊張しやすい人や初産が難産だった人などは無痛分娩のほうがスムーズ、ということも少なくありません。
    出典 :痛みを麻酔で抑えるので、お産が楽になる!【無痛分娩 】 - gooベビー
     

    意外とされている人は多いそうです

  • ココがメリット!

    血圧が高い人、緊張しやすい人に効果大


    麻酔剤は血圧を下げるため、妊娠中毒症など血圧が高い人には効果的。陣痛のせいでパニックになったり、疲れで分娩時間が長引くのも防げます。落ち着いてお産に臨める点がいちばんのメリット。
    出典 :痛みを麻酔で抑えるので、お産が楽になる!【無痛分娩 】 - gooベビー
     

    これが一番のメリットといえるかもしれませんね

  • 他にもメリットがあるようです

  • ■もちろんメリットもあります! ・痛くない
    ・お産の疲労が少なく、回復が早い
    ・何らかの理由(病気など)で通常のお産に耐えられない場合に有効
    ■赤ちゃんへの影響
    無痛分娩での赤ちゃんへの影響はほとんど無いと言われています。無痛分娩が普及しているアメリカでも目立った問題は 起こっていません。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
     

    赤ちゃんにもデメリットがないのが良いですよね

  •  

    麻酔薬を注射する事によって腰から下の感覚がにぶくなりますが、お母さんの意識がなくなることはありませんので、足を動かしたりすることもできます。また、分娩に関して言えば、赤ちゃんの下降していく感じや子宮の収縮も感じることができるので、一般的な経膣分娩と同様に子宮の収縮のタイミングを合わせて、ゆっくりいきみながら分娩をすすめることになります。ですから出産時に赤ちゃんと対面のチャンスを逃すこともありません。

  • もちろんデメリットも知っておくこと

  • ・妊婦に、麻酔に伴う副作用がある場合がある
    このあたりは下記ページをご参照ください。我が家の場合は、よく説明を受けた上で、納得して、無痛分娩を採用しました。そういう意味で実績のある病院で産むことをお薦めします。
    出典 :夫からみた無痛分娩のメリット・デメリットを整理してみた : Papa Style -父親育児Hacks-
     

    説明を良く受けてからにしましょう

  • ・痛い
    麻酔効きにくい、麻酔のタイミングが遅い、などの理由で、陣痛を普通に感じちゃう場合があるようです。無痛って行っても、完全に無痛、という訳ではありません。

    ・費用が多めにかかる
    出典 :夫からみた無痛分娩のメリット・デメリットを整理してみた : Papa Style -父親育児Hacks-
     

    自然分娩よりも痛くないだけなので
    痛いのは痛いという事でしょうか
    費用が高いのは困りますね

  • 無痛分娩に向かない人

     

    ・血が止まらない病気を持っている方
    ・背骨の変形などがある方
    ・背骨の神経に異常のある方

    http://www.babys-room.net/maternity/maternityroot/mutubunben.html(一部引用)

  • 費用は。。。。

  • 費用

    無痛分娩の費用は施設によって大きな差があると言われています。施設によっては分娩の費用に含まれていますと言うところもあれば、 高額なところだと分娩費用に追加で16万円というところもあります。クリニックだと数万円程度で、大学病院だと十数万円程になる傾向 があるようです。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 主に麻酔で、うちの病院だと10万ぐらい費用があがるようです。
    出せる金額だし、でも、安くはないし、でも金額で選ぶことでもないし…という絶妙な金額ですねw


    男は、奥さんの希望を尊重し、奥さんが無痛で!と言ったら、そっと残業増やして費用を補うようにしましょう
    出典 :夫からみた無痛分娩のメリット・デメリットを整理してみた : Papa Style -父親育児Hacks-
     

    ここは考えないといけないようですね

  • 大切な事として

  • 無痛分娩を希望する際に一番大切な事は、無痛分娩は高度な技術が必要とされている為、専門の麻酔科病院や医師をしっかり選ぶ事が大切です。間違った選択によってリスクが大きくなる事もあります。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 日本では、残念ながら無痛分娩を選べる産院が少ない状況です。専門の麻酔医が少なく、対応しきれないほか、「妊娠は自然なかたちで産むのが一番」「お腹を痛めて産んでこそ母親になれる。母性もできる」といった考えが根強いこともあるでしょう。日本では自然分娩がいまだ主流のため、母体が回復するのにも時間がかかり、1週間ほど入院しなければなりません。しかし、無痛分娩では母体の回復が早いため、産院にもよりますが、入院日数が短縮されます。
    出典 :無痛分娩とは-無痛分娩ホントのところ
     

    この辺も知っておきたい所ですね