疲れやすい原因はこれ!今すぐ改善して疲れ知らずの体になろう。

眠っても疲れがとれない。ちょっとした事で疲れやすい。そんなあなたの疲れの原因は日常の生活習慣にあるかもしれません!

view277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲れやすい原因~7つの生活習慣~

  • あなたの疲れやすさはこんな生活習慣からくるものかもしれません。当てはまるものはありませんか?

  • 1.炭水化物抜きの朝食

     

    炭水化物抜きのダイエットをしている人はそうでない人と比べ、運動するときの疲労感や倦怠感を感じやすいという調査結果も!

    人は必要な炭水化物を摂取しないと筋肉からエネルギーをとろうとするので、筋肉量が減り、代謝が悪くなり、結果疲れやすくなってしまいます。

    朝はきちんと炭水化物を摂取してエネルギーをチャージしましょう!

  • 2.薬を常用している。

     

    薬は肝臓に負担をかけます。肝臓が疲れ機能が悪くなると、体が疲れやすくなることが。思い当たるあなたは医師に相談してみては?

  • 3.散らかったままの部屋

     

    忙しいからつい・・・と部屋を散らかったままにしていませんか?散らかったデスクを見ただけで、脳は圧倒され集中力が欠けてしまうという調査結果もあります。

    気づかぬうちに脳にストレスを与え、疲労に繋がっているかもしれません。

  • 4.ビタミン系ドリンクの飲みすぎ。

     

    疲れてるからとりあえず・・・と毎日のようにビタミン系ドリンクを飲んでいませんか?

    ビタミンB、タウリンなどのビタミン系増強飲料は逆効果になってしまう場合も!

    というのも、体は単体で摂取したビタミンBを簡単に代謝できないので、興奮やイライラを引き起こして疲れを感じやすくさせてしまうんです。

  • 5.パソコンの使いすぎ。

     

    仕事ではパソコン。電車ではスマホ。帰ったらゲーム。なんて事になっていませんか?

    これらの機器が発するブルーライトは目に負担をかけるだけでなく、コンピュータ視覚症候群を引き起こします。

    目の疲れから全身の疲れにひろがります!長時間の使用は要注意。

    20分ごとに20秒間遠くに焦点を置いて目を休ませるようにしましょう。

  • 6.野菜不足

     

    仕事で疲れて外食がち・・・ついつい野菜不足になっていませんか?
    野菜に含まれる抗酸化物質は老化や疲労につながる活性酸素に効果的。逆に言うと、不足すれば疲れを悪化させるのです。

  • 7.過度の運動

     

    適度な運動は体に良いですが、もう少し・・・とヘトヘトになるまでやってませんか?

    運動のしすぎは必須ホルモンであるコルチゾールを大量に分泌させてしまいます。するとエネルギーが奪われて身体が疲れることになってしまいます。

    運動不足も疲労に繋がりますが、やりすぎは禁物。自分の適性運動量を知ることが大切です。

  • 疲れを改善しよう!~取り入れたい生活習慣~

  • 上記で述べた原因になる生活習慣をまずは見直しましょう!
    更に以下の点に気をつけてみれば、疲れやすい体質を改善できるかもしれません!

  • 1.規則正しい食生活を!

     

    疲れやすい原因にも述べた通り、規則正しい食生活は大切。
    きちんと3食とりたいもの。
    偏らないためにも、旬の食材を食べるようにするといいかもしれません。

  • 2.睡眠

     

    質の高い睡眠は重要です。

    理想は7時間。できれば12時前に就寝しましょう。

    2度寝もよくありません。

    そんなに早く寝るのは無理という方は寝る時間と起きる時間を一定にして、体内リズムを整えて下さい!

  • 3.笑う

     

    ストレスは疲労の原因に。
    笑うことで副交感神経の働きがよくなり、ストレスホルモンを抑制してくれます。

  • 4.趣味などの生きがいを見つける。

     

    興味のあることなら何でも!
    楽しい事は副交感神経の働きをよくしてくれます。
    ストレスに負けない体と心をつくって、疲れやすい体とさよならしましょう。