【狭心症】ガンに次いで多い死因…虚血性心疾患の原因とは?【心筋梗塞】

ガンに次いで多い虚血性心疾患の原因とは何なのでしょうか。原因を知って予防をし、虚血性心疾患を未然に防ぎたいですね。

view194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 虚血性疾患とは

  • 心臓の筋肉(心筋)に血液を送る3本の動脈(冠状動脈)が狭くなったり、塞がったりして、そこから先の心筋が酸素不足に陥る状態を虚血性心疾患と呼びます。
    出典 :虚血性心疾患とは
  • 現在治療中の患者数は14万人いるといわれています。
    出典 :虚血性心疾患とは
  • 虚血性心疾患は非常に多い症状

     

    ガンに次いで多い死因である虚血性心疾患は14万人もの方が治療をされているそうです。

  • 虚血性心疾患が増加中

  • 虚血性心疾患の主体は狭心症と心筋梗塞であるが、近年、これらの疾患は欧米並みに激増し、したがって突然死も増えている。
    出典 :虚血性心疾患と突然死<
  • 通常は40歳以後の疾患だが、最近は発症の低年齢化がみられ、筆者も20歳代の急性心筋梗塞に遭遇した事がある(米国では10歳代の発症もあるという)。
    出典 :虚血性心疾患と突然死<
  • 若い人も要注意

     

    近年増加している虚血性心疾患は、若い方にも注意が必要です。
    高齢者だけに起こる病気ではないのです…。

  • 虚血性心疾患の原因

  • 虚血性心疾患の代表的なものには、狭心症と心筋梗塞がありますが、どちらも動脈硬化が直接の原因で、もちろん生活習慣に原因がある病気です。
    出典 :心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防
  • 虚血性心疾患の危険因子は動脈硬化そのものです。脳にコレステロールなどの脂肪沈着がたまればアテローム血栓性塞栓になるのと同様に、心臓の冠状動脈に動脈硬化が起これば虚血性心疾患になります。
    出典 :心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防
  • 虚血性心疾患の直接的な原因は”動脈硬化”

     

    虚血性心疾患の直接的な原因は【動脈硬化】です。
    その動脈硬化が心筋梗塞や狭心症を引き起こします。

  • 動脈硬化を予防するには

  • 動脈硬化を引き起こす5つの危険因子、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満がそのまま虚血性心疾患のリスクファクター(危険因子)でもあるのです。
    出典 :心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防
  • そのほかにストレスや攻撃的な性格なども冠状動脈の動脈硬化を引き起こす要因と考えられています。
    出典 :心臓病(虚血性心疾患)の原因と予防
  • 動脈硬化は生活習慣が影響する

     

    動脈硬化を引き起こす原因には、普段の生活習慣が大きく関係しています。
    つまり、意識次第で動脈硬化を防ぐ事も可能なのです。
    危険因子を減らし動脈硬化を予防したいですね。

  • 生活習慣から虚血性心疾患を予防しよう

  • 虚血性心疾患は突然死の可能性も…

     

    虚血性心疾患は突然死の可能性もある非常に恐ろしい病気です。
    毎日の生活習慣を見直して、動脈硬化のリスクを限りなく低く抑えたいですね。
    特に男性やご家族に虚血性心疾患の方がいる方は要注意。
    今すぐに動脈硬化の危険因子を改善していきましょう!