髪のパサつきの原因はなに?

髪のパサつきに悩んでいませんか?
一体何が原因なのでしょうか?まずは髪の仕組みを正しく知ることが解決の第一歩です
髪のパサつきの原因と予防策を学びましょう!

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも「髪のパサつき」って、どういう状態?

  • 髪を保護するキューティクルが何らかの原因で開いたり、剥がれてしまうと、内部のタンパク質や脂質などが抜け出て、水分を保持する力を損なってしまい、その結果、髪がパサついてしまうのです。
    出典 :髪のぱさつき一番多い原因はドライヤー|低温ドライヤー.jp
     

    タンパク質や脂肪が抜けてしまい、水分を保持できない状態。これが髪のパサつきです!

  • 髪のパサつきには、髪表面のキューティクルが深く関わっています。 髪を保護するキューティクルが何らかの原因で開いたり、はがれてしまうと内部のタンパク質が抜け出てしまい、パサつきに繋がってしまうのです。
    出典 :食 Do! |大人の女力アップのための食ポータルサイト|トラブル解決エコレシピ:髪のパサつき
  • また、血液の循環が悪くなると、毛根部分の毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、栄養不足になって髪がパサついてしまいます。こうなると、髪がゴワゴワになって、まとまりにくくなります。また、ツヤがなくなり、文字どおりパサパサになって、髪が広がりやすくなってしまうのです。
    出典 :髪のぱさつき一番多い原因はドライヤー|低温ドライヤー.jp
     

    髪の美しさは健康状態のバロメーターといえそうですね

  • キューティクルとは?

  • 髪はわずか直径0.08mmほどしかありませんが、3層構造でできています。美しい髪でいるためには、髪の3層構造を壊さずに保ち続けることが大切です。
    出典 :食 Do! |大人の女力アップのための食ポータルサイト|トラブル解決エコレシピ:髪のパサつき
  • -髪の3つの構造-

     

    キューティクル
    髪のツヤに関わってきます
    髪の表面を固いウロコ状の透明な物質が覆って、髪の内部を保護しています。

    コルテックス (毛皮質)
    髪のハリ・潤いに関わってきます
    柔らかい繊維状のタンパク質からなる髪の本体部分
    水分を含み、髪のハリ、弾力を作り出しています。
    髪を黒くするメラニン色素があり、なくなると白髪に。

    メデュラ (毛髄質)
    髪のコシに関わってきます
    髪の中心にある軸、芯のようなもので、空気を含んだ空砲があります。

  • キューティクルとは、髪を構成する3層の1つで、髪の一番外側の表面部分です。
    半透明で硬いタンパク質からなり、5~10枚ほどがウロコ状に重なり合って髪の内部を保護し、水分を保持する役目があります。
    出典 :食 Do! |大人の女力アップのための食ポータルサイト|トラブル解決エコレシピ:髪のパサつき
  • つまり、キューティクルが密でととのっている状態が、健康な毛髪の姿なのです。
    キューティクルが壊れると髪は水分を保持できなくなって光沢と柔軟性を失ってしまい、一旦壊れると再生できません。
    出典 :食 Do! |大人の女力アップのための食ポータルサイト|トラブル解決エコレシピ:髪のパサつき
     

    キューティクルは一度剥がれると元には戻りません
    髪は健康を維持することが大切なのです!

  • ズバリ!髪のパサつきの原因とは?

  • 原因は大きく分けるとこの3つ

     

    ①髪の水分量の低下

    ②静電気

    ③髪の毛の形が不ぞろい

  • 静電気を防げばパサつきは必ず軽減できる!

  • 「髪は、乾燥している環境で、こすれ合うことによって静電気が起こります。アウトバストリートメントでなめらかにして、摩擦を減少させて。その際、薄く塗布するのが効果的です」「髪の毛の紫外線ケアは年中するべきですが、真冬は静電気対策も必要。マフラーをシュッと勢い良く外さないなど、衣類と髪との摩擦を起こさないよう注意して」
    出典 :もうパサつかない!乾かない!目からウロコの美髪ヘアケア新ルール8 Part1 | 美的.com
  • マフラーを外す時って静電気でパチパチいいますよね

     

    この静電気が髪のパサつきの原因なります
    マフラーを外す気時はそーっと外しましょう

  • 熱いお 湯で洗うのはNG。38°Cくらいの温度で洗 って

  • 熱いお湯は乾燥を加速&地肌も傷める原因に

     

    熱いお湯で洗い流すと感想の原因になるのです!
    適温は38度

  • 「寒いからといって、熱いお湯で髪を洗うのは絶対にダメ。洗顔を熱いお湯でしてはいけないのと同じで、熱いお湯で髪を洗うと、潤いを逃して乾燥を増長させる原因となってしまいます。さらに地肌のかゆみまで引き起こしてしまうため、できれば38°Cくらいの温度で洗うのが理想的です」
    出典 :もうパサつかない!乾かない!目からウロコの美髪ヘアケア新ルール8 Part1 | 美的.com
     

    高温のお湯は髪に良くないどころか地肌のかゆみにもつながります