避妊に失敗したことありませんか?緊急避妊方法とは?

避妊に失敗したことありませんか?緊急避妊方法とは?

しまった!失敗した!
避妊せずにセックスをしてこんな後悔した人・・・多いはず。
実は、そんな時“緊急避妊”できる方法があるそうです。

一体、どんな方法なのでしょうか?
まとめてみました。

view517

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 避妊に失敗した場合

  • 避妊に失敗した場合、妊娠の可能性があるわけですが、無防備な性交渉の後に行う「緊急避妊」という最終手段があるのをご存知でしょうか。コンドームが外れた・破れた、コンドームを使わずにセックスをしてしまった、レイプされたなど、妊娠の危険性が高い性交渉があってから72時間以内に薬を服用することで、望まない妊娠のリスクを下げる方法です。
    出典 :避妊に失敗した場合の緊急避妊法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    確かに・・・避妊を忘れたってだけじゃなく、色んなトラブルが考えられますもんね。そんな方法があると、いざって時に助かります。

  • 緊急避妊方法は、3つに分けられる

     

    低用量・中用量ピルを用いる方法と、
    専用の薬を使用する方法に分かれています。

  • 現在主流となりつつある・・・「アフターピル」

     

    緊急避妊のための薬
    それが「アフターピル」です。

  • 本邦ではヤツペ法と呼ばれるプラノバールを使用した緊急避妊が行われておりました。この方法の欠点としては、個人差もありますが、副作用として吐き気・嘔吐が非常に強いという点です。2011年5月よりノルレボ錠(0.75/錠)を使用する方法が適応になりました(保険の適応はありません)。このメリットは副作用であった悪心(吐き気など)・嘔吐が非常に少なくなったことと、避妊の効果が良くなったことです。
    出典 :アフターピルQ&A(1)|アフターピルQ&A
     

    現在は基本的にこの「ノルレボ」を使うそうですね。

  • ノルレボ錠は、厚生労働省より認可された緊急避妊剤です。 妊娠阻止率は、ヤッペ法57%、ノルレボ85%(海外報告)と言われています。ノルレボ錠は、ヤッペ法に比べ、嘔吐の副作用が著しく低く、妊娠阻止率も高いので、ノルレボ錠の内服が望ましいです。
    出典 :伊藤メディカルクリニック | 蒲田 大田区 女医 産婦人科・内科・皮膚科  特定検診や大田区子宮ガン検診、子宮頚がん予防ワクチン(サーバリックス ガーダシル)アフターピル(ノルレボ等)を行っています。: ノルレボ錠
  • 「ピル」を使った緊急避妊

  • ■ 中用量ピル「プラノバール」による緊急避妊法・費用・副作用
    ノルレボが発売されるまで「ヤッペ法」として緊急避妊に使われてきた方法。プラノバールをすぐに2錠・12時間後に2錠の合計2回服用します。半数の方に吐き気が出現し、中には嘔吐してしまう方もいらっしゃいます。他にも、頭痛・むくみ・めまい・胸の張りなどの副作用が出ることがあります。薬の値段は高くないため、1回の費用は3000~10000円程度です。
    出典 :避妊に失敗した場合の緊急避妊法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    以前、主流だった方法。副作用がキツイようですし、避妊率も高くはないそうです。

  • ■ 低用量ピルによる緊急避妊法・費用・副作用
    避妊用の低用量ピルを緊急避妊に代用する方法。トリキュラー・トライディオール・アンジュの黄色い錠剤をすぐに4錠・12時間後に4錠服用するか、マーベロンの実薬をすぐに3錠・12時間後に3錠服用します。
    出典 :避妊に失敗した場合の緊急避妊法 [婦人病・女性の病気] All About
  • 性交後、72時間以内に服用する必要があります

  •  

    で、効果ってどうなの?

  • ノルレボの使用により平均妊娠率(月経周期日を考慮せず、使用した人で妊娠された人の割合)は1.1~2.3%となります。妊娠しない可能性は98%以上(妊娠阻止率は81~84%)となります。(従来のプラノバールの平均妊娠率は2.5~3.1%)。ノルレボのほうが良い統計が多いです。リスク行為から24時間以内に内服されると効果が良いとされており、可能な限り早期の内服をお勧めします。12時間以内に内服をした人は、60~72時間以内に内服された人に比べ8倍も妊娠しにくいとの報告もあります。
    出典 :アフターピルQ&A(1)|アフターピルQ&A
     

    色んな文献で少しずつ数値も違うようですが、薬を飲むタイミングが早ければ早いほど、効果は高いようですね。