意外と起きる!「あばら骨骨折」は辛い日々になる

あばら骨骨折は意外と起きるものなのです。しっかり知識を付けておく必要がありますね。

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あばら骨骨折を甘く見ない事!

  • 「ろっ骨にひびが入った」とか、「あばらが折れた」など、 日常でよく聞く骨折のことですが、どこがどう折れているのかということがわかりづらく、 「レントゲンでは問題ありません」といわれることもあります。 我慢して様子を見ておられるケースの中には、 重症になっておられる方もあるようです。
    出典 :肋骨骨折
     

    重症になる場合もあるのですね。

  • この矢印のあたりが

     

    基本的に痛みが生じる部分ではないでしょうか?しかも肋骨自体はギプスで固定する事が出来ないというのもデメリットかもしれませんね。

  • 意外と多い

  • あばら骨とは、医学的には肋骨のことです。胸を覆う骨のことで、12対、計24本あります。肋骨骨折は、若い方でスポーツなどによる怪我で起きることの他に、高齢の方で咳のしすぎで折れることもあります。
    出典 :あばら骨が痛い場合は何科か|肋骨骨折の診断と治療について - 病院受診マニュアル
  • また、ゴルフなどの体をひねる動作の繰り返しで疲労骨折が起きることもあり、肋骨骨折は比較的頻度の多い骨折です。あばらが痛い、骨が折れているかもしれないということで、内科にいらっしゃる方、実はけっこう多いです。
    出典 :あばら骨が痛い場合は何科か|肋骨骨折の診断と治療について - 病院受診マニュアル
     

    胸が痛くて、あばら骨かもしれないとおもったら一度受診してみるのが良いかも

  • 主な症状は

  • ●上半身を捻ると胸に痛みを感じる●肋骨の骨折部位と思われる部位そのものに痛みを生じる●ぶつけた部位を圧迫すると痛みを感じる●胸部打撲部位の内出血●呼吸の倦怠感、違和感●打撲部位に大きな腫れ●くしゃみや、せきをすると胸が痛む
    出典 :肋骨骨折の症状の特徴
     

    このような症状がでたら骨折の可能性が考えられるそうです。

  • 肋骨の骨折の確認は症状だけでは確実な診断はできないため、レントゲン写真での確認、もしくはX線で骨折の有無の確認が難しい場合は「骨シンチグラフィー検査」を行い状態を確かめていくことになります。
    出典 :肋骨骨折の症状の特徴
     

    シンチグラフィーというものはかなり便利ですよ。

  • 骨折の確認は

     

    X線写真で確認できるそうです。肋骨は特有の湾曲した状態だそうで、確認が難しいケースもちらほらあると書かれていましたよ。

  • 治療と応急処置

  • 単なる肋骨骨折であれば、消炎鎮痛薬の内服、冷湿布の貼布(ちょうふ)と固定帯による圧迫固定のみで、多くは数週間で軽快します(図33)。肋骨や胸骨の変位が高度な骨折では、時に外科治療(手術など)が必要になることもあります。
    出典 :肋骨・胸骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 肋骨や胸骨の骨折では、呼吸運動に伴って胸痛が強まることから、患部に厚手のタオルなどを当て、これを軽く圧迫することで疼痛を軽くすることができます。いずれの骨折も、胸腔内損傷を合併している可能性があるので、救急車を呼んで迅速に医師の診察を受けることが必要です。
    出典 :肋骨・胸骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 肋骨骨折や胸骨骨折の多くは、胸壁の触診と胸部単純X線撮影により診断可能です。肋骨骨折では斜位の肋骨X線撮影が、また胸骨骨折では胸骨の側面撮影が、それぞれ診断に有用です。しかし、肋軟骨部(ろくなんこつぶ)の骨折はX線で確認することができず、軽度の肋骨亀裂(きれつ)骨折ではX線上で異常を認めないこともあるので注意しなければならなりません。
    出典 :肋骨・胸骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • また、胸の痛みを伴うようなケースでは疲労骨折以外の障害や病気の可能性があることも検討されるため早期に医師の診断を受けましょう。 尚、疲労骨折の治療では絶対安静の他、装具を利用して回復を図っていくケースもあります。
    出典 :肋骨骨折の症状の特徴