コレステロールを下げるサプリって?

悪いコレステロールがたまってしまうと健康に悪影響を及ぼしてしまいます。普段から少しでも下げる努力をするのが大切。その手助けになるサプリってどんなものがあるのか気になりますね。

view416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールの仕組

  • 「コレステロール」というと悪いものというイメージがありがちですが、全てが悪というわけではありません

  • 肝臓でつくられたコレステロールや脂質を各臓器に運ぶ働きをする物をLDLコレステロールと呼びます。一方使わなかったコレステロールを回収する働きをするものをHDLコレステロールと呼びます。各臓器に運ばれたコレステロールは細胞膜の材料になったりと生命を維持するためにとても重要な働きをしています。 世間的にはLDLコレステロール=悪玉と思われていますが、実はとても大切な働きをしているものなのです
    出典 :LDL(悪玉)コレステロールとは
     

    コレステロールは実は、大切な働きをしてくれているものなのです

  • LDLコレステロールが悪玉になってしまうのは、コレステロールを必要以上に運んでしまい血液中のコレステロール濃度が高まってしまう場合です。 LDLコレステロールが血液中に増えてしまうことで、血液の通り道が狭くなってしまうために流れが悪くなります。血管が詰まりやすくなると血栓ができやすくなるため、脳や心臓疾患に罹ってしまうリスクが高くなってしまいます
    出典 :LDL(悪玉)コレステロールとは
     

    いわゆる、ドロドロ血ってやつですね。悪玉コレステロールを少しでも減らすことが健康への鍵になりそうです

  • コレステロールを下げるとかそういった効果が期待できる成分はいろいろありますが、その中で注目する成分としてDHA、EPA、タウリン、サポニンというのがあります。
    これらは悪玉(LDL)コレステロールを下げるのに良いとされています。
    出典 :悪玉(LDL)コレステロールを下げるサプリメント比較
     

    どこかで聞いたことがある成分です

  • コレステロールを下げる重要な成分 ~DHAとEPA~

  • まずはDHAについて知っておきましょう

  • DHAの正式名称は、ドコサヘキサエン酸といい必須脂肪酸の一つです。
    この必須脂肪酸とは、体内で合成する事が出来ない脂肪酸のことで、食事などで外部から摂取する必要があります。

    このDHAは青魚に多く含まれています。
    青魚とは背の青い魚の総称で、サバやイワシ、サンマなどですね。
    出典 :DHAとは
     

    青魚は栄養価が高いようです

  • このDHAの効果ですが、まずは生活習慣病の予防があります。
    血液中のコレステロール値を下げたり、中性脂肪を下げてくれます。
    神経の伝達の活性化もあり、判断力や集中力のアップ効果もあります。
    認知症の予防効果もあるとされていますので、積極的に摂取していきたい成分です。
    出典 :DHAとは
     

    健康にいいものだらけ!

  • それでは、EPAとはどんな成分なのでしょうか

  • EPAの正式名称はエイコサペンタエン酸、人間が生きていく上で大切な必須脂肪酸の一つです。
    n-3系脂肪酸の一つで動脈効果を予防する働きがあります。
    ただ、このEPAは体内で生産出来ません。
    その為、外部から食事により摂取する必要があります。
    この必須脂肪酸は、身体の細胞壁や細胞膜だけではなく、神経の重要な部分を作るにも必要な成分です。
    出典 :EPAとは
     

    私たちの体の中で非常に重要な役割を担っている成分のようです

  • このEPAは青魚に多く含まれています。

    EPAの効果は様々あり、脂肪を減らす働きや血圧を下げたり、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
    また同じく重要視されているDHCも同様の青魚に多く含まれています。
    脳血栓や心筋梗塞などLDLコレステロールが原因になる疾患を予防してくれます
    出典 :EPAとは
     

    やはり、青魚がキーになっているようです

  • コレステロールを下げる重要な成分 ~タウリンとサポリン~

  •  

    タウリンについて知っておきましょう

  • 肝臓はコレステロールを原材料にして、胆汁酸を生成する役割を果たしています。
    この胆汁酸は腸管に運ばれ、脂肪の消化吸収には欠かすことができません。
    ただし体外に排出される胆汁酸は一部で、ほとんどが肝臓に戻ってくるのです。
    食品から摂取して吸収したコレステロールは、この胆汁酸を経由しなくては体外に排出されない仕組みになっています。
    そのため効率よく体外に排出させるためには、唯一の方法である胆汁酸の働きを強くする必要があるのです。
    出典 :血中コレステロールや肝臓にタウリン
  • 貝類に多く含まれているタウリンは、コレステロールを胆汁酸に変化させる作用を高めます。
    そのため肝臓にタウリンが多く含まれている状態であれば、効率よく体外に排出して数値を低下させることを可能にできるのです
    出典 :血中コレステロールや肝臓にタウリン
     

    タウリンは貝類に多く含まれているのですね!たとえば蜆とか代表格

  • それでは、あまり聞き慣れないサポニンとはどんな成分なのでしょうか

  • サポニンとは、植物の葉や茎などに含まれていて、苦味や渋みの原因となる成分です。
    そのためにこのサポニンは、薬に混ざっていたりダニなどを寄せ付けない抗菌作用やニキビ予防や改善の殺菌作用や痰を切る働きの去痰作用などがあります
    出典 :コレステロール低下にサポニン
  • 大豆や高麗人参などに含まれるサポニンは、コレステロール低下作用があり、動物性の食品をたくさん食べる方に必要な成分です。
    また、大豆などの食物性の脂肪は動脈硬化を防ぐ働きをする不飽和脂肪酸も多く含んでいます。
    サポニンが注目されている理由は、主に血中のコレステロールや中性脂肪・善玉コレステロールの上昇など脂質代謝を改善に効果があるからです。
    そして、抗酸化作用の働きも持つサポニンは血液をサラサラにして心筋梗塞の予防、冷え・むくみによる血行不良も改善することが期待できます。
    出典 :コレステロール低下にサポニン
     

    サポニンもとても重要な成分ですね

  • 忙しい人の味方・サプリメント

  •  

    食事制限や運動が効果的だと分かっていても忙しい人には難しいことが多い現代。そんな時助けになるのがサプリメントです

  • 色々なサプリメントがあるようですが、効果が期待できそうなものをいくつか挙げてみます(効果は人によりけりな部分があることをご了承ください)