働く妊婦さん必見!!!妊娠中期の動きすぎって大丈夫なの??どんな影響があるの?気になるまとめ☆☆

働く妊婦さん必見の情報をまとめてみました!!!
妊娠中期の妊婦さんの動きすぎって一体どのくらい動いてると危険なの??
気になる妊娠中期の動きすぎの影響などについてまとめてみました!!!

view8647

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期っていったいいつくらいのことを言うの???

  • 妊娠中期とは、妊娠16~27週までのことを言います!!!

     

    昔から安定期とも言われています。腹帯を巻くのもこの時期です。


  • この時期、妊娠初期の頃につわりで食事が摂れなかった方も、食べれるようになると、反動で、食べてしまうことがあります。
    食べ過ぎに注意!!
    妊娠後期・分娩に向けてしっかりと休息をとっておきましょう。
    出典 :妊娠中期について
     

    ご飯が美味しくなる時期なので食べ過ぎに注意が必要です!!!

  • 胎動を感じる時期でもあります!!!

     

    この時期、早い方で18週あたりから感じられます。

  • 人によっては、腸がグルングルン動いているように感じる方もいるようです。
    激しく動く子・・・割と大人しい子・・・動き方は様々です。
    ですが、普段はある胎動が、全く無いのは、危険な兆候と思われます。
    出典 :妊娠中期について
  • 妊娠中期の動きすぎって一体どの位のことを言うの???

  • 特に妊娠初期になかなか調子が出なかった人は、この時期に入ると、つい失われた時間をとり戻そうと張り切りすぎてしまう傾向にあります。でもちょうどよいことに、妊娠中の体は、動きすぎないようにと、自然に警告を与えてくれます。どのくらい動いていいのかしら、と迷ったときには、自分の体の声に素直に耳を傾けてみましょう。調子がいいからと無理をすると、その後にひどいしわ寄せがきてしまいます。
    出典 :妊娠4カ月のからだは? - gooベビー
     

    動きすぎだと危険を感じると体がサインを出してくれるようです!!!

  • 妊娠中期は切迫早産に気をつけよう!!!

  • 妊娠中期に無理をすると切迫早産になる可能性があります!!!

     

    妊娠22週~37週未満の早産になりかけている、早産になるかもしれない状態を切迫早産といいます。

  • 切迫早産にならないためにはどんなことに気をつけたほうが良いの??

  • <おなかに力の入ること>
    重いものを持ち上げたりするとおなかに力が入ります。これは張りを助長させるので、できるだけ避けましょう。高いところにあるものをとろうとして背伸びをするのも、おなかに力が入るので×。だれかに頼んでとってもらって。また、上の子をだっこするのも、おなかに負担がかかるものです。だっこは、すわった状態でひざに乗せてあげるようにして。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
  • <冷え>
    体が冷えることで、直接的に早産や切迫早産を起こすことはありませんが、冬の寒い夜に台所に立ったり、クーラーが効いた部屋にずっといると、おなかが張りやすいという人も。そんな人や切迫早産と診断された人は、台所やトイレ、フローリングの床など足元が冷える場所では、靴下をはく、足にひざかけをかけるなど、冷え対策をするとよいでしょう。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
  • <立ちっぱなし>
     長時間立ち仕事をすると、おなかに力が入って子宮が収縮しやすくなり、これも早産や切迫早産の原因につながります。家事をするのも、まとめて一気にやろうとせず、休憩を入れながら少しずつ。「おなかが張ってきたな」「疲れたな」と感じたら、仕事が途中でも無理をせず、すぐに体を休めてください。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
  • <動きすぎ>
    いくら経過が順調といっても、買い物でデパートをはしごしたり、夜遅くまで遊び回るのは、ほどほどに。切迫早産で「安静に」と言われている人は、安産体操やその他のエクササイズはしばらくお休みに。旅行や温泉などのレジャーなどもいまはがまんして、産後の楽しみにとっておきましょう。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    自分の体と相談して体を動かすようにしましょう!!!

  • 働く妊婦さんはストレスにも要注意です!!!

     

    仕事を続けるかなど自分の体の様子を見て検討してみましょう!!!

  •  日常生活の早産や切迫早産を招く要因として、最近ふえてきたのがストレスによるもの。特に仕事を持つ人に多く、産休に入るまでについ必死に働きすぎてしまうようです。産休明けにとり返すつもりでほどほどに。安静にしなくてはならない人は、病院から診断書をもらって、休職願いを出しましょう。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー