妊娠初期のルル服用について

妊娠初期にルルを服用して良いのでしょうか?不覚にも妊娠初期に風邪の症状が出た場合にはどうすれば良いのでしょうか?

view248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の風邪対策

  • 妊婦の風邪ひき

     

    妊婦さんも風邪をひきます。妊娠初期の場合には何もわからず迷うことも多いはずです。担当医に相談をしましょう。

  • 妊娠中、風邪にかかりやすい人が多いのは先に述べたように、ウイルスに対抗する細胞性免疫が低下しているためだと考えられます。風邪ウイルスが胎盤を通って胎児に影響を与えるような心配はないので、軽度の風邪ならそれほど心配することはありません。
    出典 :妊娠中の風邪 - gooベビー
     

    薬を飲めない・・というプレッシャーがあるのは確かです。

  • 風邪のウィルスは胎盤を通れないので大丈夫です。(インフルエンザウィルスは胎盤を通れます)
    というか、ゆらさんはまだ胎盤ができていない時期ですね。薬にさえ気をつけていれば、風邪くらい大丈夫ですよ。とりあえず体力を落とさないように。
    出典 :妊娠初期(5〜6週)の風邪の影響は? すべての広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    インフルエンザに罹ってしまうと大変です!

  • 妊娠初期のルル服用について

  • ルルアタック

     

    早く良くなりたい気持ちと裏腹に心配ごとも・・

  • 「服用しても人体に対して100%安全」であることが実証された薬は、ありません。薬には、必ず何らかの副作用が伴います。作用が副作用を上回っているからこそ、薬として処方されるのであって、我々医師はこのことに留意して処方しているつもりです。
    出典 :妊娠中の風薬について: 不妊症Q&A
     

    妊婦さんに対しては妊娠初期だからと言って特別な意識をするのではなく、妊婦であるという前提で
    治療を試みるのです。

  •  

    普通に疑問を持ってももっともです。妊娠初期の風邪薬の服用は最終的には産婦人科医の指示を仰ぎましょう。

  • ベンザエース、ルル、などの市販の総合感冒薬は咳止め、鎮痛解熱剤、抗アレルギー剤などが混合されたものでその内容は量とともに箱に表示してあります。胎児への影響はないとお考えくださって結構です。殆どの総合感冒薬を調べても有為に異常のでるものはないという結果を得ています。
    出典 :Error
     

    直接的に体調に関与するわけではないとわかっていてもやはり飲むことを躊躇してしまうのが妊婦さんだと思います。

  • 安全な風邪対策

  • 安全に安心を

     

    赤ちゃんには万全を期したいです。

  • 薬の種類と服用時期に注意しましょう。特に妊娠7週未満(妊娠2ヶ月まで)は、赤ちゃんに影響する可能性も少し高くなるので、処方することはありますが、医師も気を配る時期です。注意してほしいのが、熱さましや痛み止めの薬です。
    出典 :3/5 妊娠中の不安・疑問トップ10 [妊娠の基礎知識] All About
     

    風薬を飲む時期をよく考えて相談をしながら風邪対策をすれば良いのですね。

  • 妊娠32週以降に市販のバファリンやイブなどを飲むと赤ちゃんの心臓の血管に影響することがあります。妊娠中に唯一使える解熱鎮痛剤が、アセトアミノフェン(商品名:カロナール)という薬です。いずれにしても、産科で処方されたものであれば、赤ちゃんのことは心配なく服用してもらって大丈夫です。
    出典 :3/5 妊娠中の不安・疑問トップ10 [妊娠の基礎知識] All About
     

    時期によっては胎児への影響が大きいのですね。これは需要な事です。