【不妊】の悩みから解放されたい・・・妊娠しやすい体作りはどうすればいいの?

多くの女性が子供が欲しいのになかなかできないという【不妊】で悩んでいるのではないでしょうか。
その原因には色々なことが考えられます。
生殖器官の問題は別として、まずは生活環境や食べ物、生活習慣等を見直してみる必要があるかもしれませんね。

view326

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【不妊の】原因を探ってみよう

  • 妊娠しやすい体作りをするには、妊娠の妨げとなっている原因を取り除くことが重要。
    ストレス、栄養のバランスの悪さ、喫煙なども原因になります。

  • 【不妊】の原因で考えられる事は色々

  •  

    「婦人科的原因」以外が比較的大きなウエイトを占めています。

  • 生殖器官に影響を与える病気や障害はもちろんのこと、ライフスタイルの変化、なかでもストレスも妊娠を妨げる大きな原因になります。太りすぎ、アルコール類やコーヒーの飲みすぎ、喫煙も妊娠に悪い影響を与えます。心理的な影響も重要です。
    出典 :Sekiel -セキールレディースクリニック ::: 不妊の理由として考えられること
     

    生殖器官に問題がある場合もあるでしょうが、生殖器官に悪影響をもたらす問題の解決が重要です。

  • 不妊の夫婦の約1/3では、その原因は夫婦ともに求められます。患者さんの5-10%では、不妊の身体機能上の原因は男性にも女性にもみつかりませんでした。そのような場合、心理的な問題が原因になっているのかも知れません。
    出典 :Sekiel -セキールレディースクリニック ::: 不妊の理由として考えられること
  • 整形外科的【不妊】の原因とは

  •  

    腰痛や骨盤の歪みなども原因だそうですよ・・

  • 整形外科的原因は骨盤のゆがみや骨盤の柔軟性の低下により妊娠しにくい環境となっている状態を示しています。この場合は骨盤を整えることにより、骨盤腔内の血流の改善が期待できます。
    子宮・卵巣は骨盤腔内に存在するため、この血流の影響を大きく受けるのです。また、このようなゆがみや硬さが、腰の痛みとして現れることがよくあります。
    出典 :2/2 明生鍼灸院訪問記(1) [不妊症] All About
  •  

    東洋医学での治療も可能ですが、先ずは整形外科で相談することをお勧めします。

  • 内外科的【不妊】の原因とは

  • 胃腸が悪い人、食べても太れない人が例としてあげられます。栄養の吸収率が悪いのです。
    これはその人の身体に余裕がないことを示しています。自分の身体を養うのに精一杯なんです。
    だからおなかの中でもう一人の命を育てていく余裕がないため、妊娠に至らないと言う訳です。

    急激なダイエットをして、食べないことによるエネルギー不足から月経を自ら止めてしまうこともあります。このような場合も月経というエネルギーの放出(無駄遣い)を食い止める自然の働きなのです。このことからも内科と婦人科が密接な関係にあることがわかります。
    出典 :2/2 明生鍼灸院訪問記(1) [不妊症] All About
     

    甲状腺疾患、膠原病などの慢性疾患を持っている方も妊娠しにくいそうです

  • 心療内科的【不妊】の原因とは

  • 心療内科的原因は心と身体のバランスが崩れて妊娠に至らないケースです。不妊ストレスでまいっている人が、不妊治療をやめて全てに解放されることによって妊娠することがあります。
    出典 :2/2 明生鍼灸院訪問記(1) [不妊症] All About
  • タイミング法や人工授精や体外受精を毎月やる事は毎月受験をしているのと同じ状態なのです。それを1年、2年と続けると普通で考えても心も身体もバランスを崩してしまいますよね。でも患者さんは妊娠をするために治療を頑張る。現代医療による治療を否定するわけではもちろんありませんが、その治療を続けることで、様々なストレスを抱えたときに、そのストレスを上手に解消できていないことが問題なのです。そうして不妊の悪循環にはまっていく患者さんが大勢いらっしゃいます。
    出典 :2/2 明生鍼灸院訪問記(1) [不妊症] All About
  • 自律神経系のバランスが崩れ、末梢血管の収縮により子宮・卵巣の血流が悪くなり、内分泌系では視床下部へ影響し、ホルモンバランスが崩れてしまい生殖器系がうまく働かない状況になってしまいます。ときには息抜きが必要ですし、とにかく妊娠に至るにはリラックスが基本ということです。
    出典 :2/2 明生鍼灸院訪問記(1) [不妊症] All About