男性不妊の実態と原因、治療法

不妊の原因の半数は男性にあります。その実態と原因、治療法を調べてみました。

view503

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊症の定義

  • 2年間正常な性生活を営んでいても、妊娠しないカップルを不妊症といいます。100組のカップルがいると、最初の1年目で80組のカップルが妊娠し、次の1年で10組のカップルが妊娠します。つまり、残る10組(10%)のカップルが不妊症ということになります。最近では1年間妊娠を希望しても妊娠しないカップルを、不妊症と定義するようになってきました。
    出典 :男性不妊と性機能障害 – 山梨大学大学院医学工学総合研究部 泌尿器科学・泌尿器科
  • 男性不妊の実態

  • WHO(世界保健機関)による、不妊症の7000以上のカップルの調査によると、不妊症の原因は、41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明となっています。つまり男性側に原因があるのが48%もあるのです。
    出典 :男性不妊と性機能障害 – 山梨大学大学院医学工学総合研究部 泌尿器科学・泌尿器科
  • 不妊の原因

  • 男性不妊には先天性と後天性のものがあります。
    先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。
    性機能不全とは、性的欲求や性的興奮とその最高潮などが、減退・欠如する状態をいいます。勃起障害(ED、勃起の状態や持続時間が不十分で性行為が行えない又は不十分な状態)、早漏(射精が早期に生じ、性行為に満足を得られない)、オルガスムス障害・遅漏(オルガスムスに達ない、又は時間がかかりすぎ、射精困難で満足が得られない)等があります。
    後天性の男性不妊の原因は、ストレス、アルコール、喫煙、肥満・糖尿病、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど様々なものが考えられます。
    出典 :男性不妊 男性不妊の原因と種類・検査/名古屋市-不妊治療専門-浅田レディースクリニック
     

    原因の特定が治療の第一歩です。

  • 造精機能障害が原因の男性不妊

  • 男性不妊の原因の約90%が造精機能障害です。精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子をうまくつくれない状態です。
    精巣や内分泌系(ホルモン分泌等)の異常が障害をひき起こします。一度の射精で精子の数は数億とされております。そのうち、子宮の前で99%が死滅し、子宮には数十万以下となり、卵子の周囲まで到達できるのは数百以下とされています。そのため精子の数が少なかったり、運動性に乏しい場合は卵管に到達する精子が減り、妊娠しない原因となります。
    出典 :男性不妊 男性不妊の原因と種類・検査/名古屋市-不妊治療専門-浅田レディースクリニック
  • 先天的な造精機能障害による男性不妊の例

     

    ●クラインフェルター症候群による男性不妊。先天的な性染色体の異常により生じまするもので、この染色体異常によりホルモンの不均衡が生じます。そのため、正常の性機能を有していても子どもをもうけるのに十分な精子を作ることが出来ずに不妊症になってしまいます。
    ●先天性精管欠損による男性不妊。生まれつき精管が備わっておらず、精子は精巣内に閉じこめられた状態になったままです。
    ●停留睾丸による男性不妊。睾丸が降りてくるときに途中で止まってしまっている状態の事をいい、片方だけの場合と、両方ともとまっている場合とがあります。
    睾丸が陰のうの中にあるのは、睾丸が熱に弱いからで、温度の高いおなかの中にあることは睾丸に負担をかけます。それによって精子を作る能力が低下して不妊症になる場合です。

  • 病気が原因の男性不妊

  • おたふく風邪が原因の造精機能障害による男性不妊

     

    成人男性がおたふく風邪にかかると、14~35%の割合で睾丸炎にかかる場合があります。そのため、精子の機能に問題が出て、不妊の原因になることがあります。

  • 飲酒・喫煙が原因の造精機能障害による男性不妊

     

    度をこした飲酒、からだからアルコールが抜けないような状態で、精子が正常に形成されず、奇形やアルコールに酔った状態の精子ができてしまい、不妊の原因になります。また、喫煙は精子の数を減少させ、受精しても胎児に異常をきたし流産や先天性奇形などの原因にもなります。

  • 性機能障害が原因の男性不妊

  • 日本においても、およそ1000万人以上もの人達が性機能障害に悩んでいると言われています。性機能障害は、一般的にはEDと呼ばれており、このED患者の割合が増加している傾向にあるようです。さて、この性機能障害ですが、これまでは主に高齢者の方に多いと言われてきました。もちろん、加齢に伴い、精力は少しずつ減少していくものです。
    しかしながら、ここ最近は“30~40代といった比較的に若い世代の方達でも、性機能障害を抱えてしまう方の割合が増えてきている”ようです。
    この30~40代の方達が悩みを持つ症状として性機能障害の現状「中折れ」「早漏」「ストレスによる性機能障害」などの症状を抱えてしまうものと言われています。
    出典 :性機能障害の治療と改善
     

    極端な「遅漏」も性機能障害です。

  • 膣内射精障害

     

    膣内で射精できない、勃起もするし、オナニーもできるけど膣内だと、どうしても出せないのが膣内射精障害で、自然妊娠はできません。
    原因は、精神的なものと間違ったマスターベーションだといわれています。

  • 男性の不妊治療

  • 男性側の問題の原因を突き止め、治療しなければならないのですが、そのプロセスを飛ばして、体外受精、顕微授精に行ってしまうケースも多くなっています。男性側の問題を治療で解決できれば、女性は、体外受精のために、卵巣刺激や採卵といった負担のかかる治療を受けずに済むかもしれません。不妊治療は、一般に、タイミング療法から、人工授精、体外受精と“ステップアップ”していきますが、男性不妊症を治療することで、体外受精から自然妊娠へという“ステップダウン”も可能になった例も多いのです。
    出典 :男性不妊症は、どうすれば治療できるのか? | みんな不妊に悩んでる | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
  • 男性不妊治療専門病院