心に関わる仕事に就きたい。その種類と方法。

現代はストレス社会で、多くの人が心に何かしらの病を抱えています。また、ストレスから身体に支障をきたすような深刻なケースも増えています。
心に関わる仕事に就いて、そのような人の役に立ちましょう!

view373

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悩みに寄り添う「心理カウンセラー」という仕事

  • 心理カウンセラーとは、人の悩みに寄り添い、相談を受ける方のことです。
    出典 :心理カウンセラーの資格と仕事
  • 心に関する仕事の代表が、「心理カウンセラー」です。
    心理カウンセラーは、カウンセリングを繰り返しながら、患者の悩みに寄り添い、解決へ導きます。

    心理カウンセラーになるためには、心理学を学ぶ必要があります。

  • 人のサポートをするのが心理カウンセラーですから、必要な知識を学び、
    民間資格であっても必要な資格は習得しておくと良いでしょう。
    出典 :心理カウンセラーになるためには | 心理カウンセラーの資格と仕事
  • 学び方には、大学や専門学校、通信教育などがあり、資格も様々です。

    心理カウンセラーになるためには、必ずしも資格が必要とは限りませんが、相談者を安心させるためにも就きたい仕事に合った資格を取得しておきましょう。

  • 心理カウンセラーに向いている人というのは、人の話をよく聞ける人です。
    相談者が「この人には話がしやすい」と感じられる人でないといけません。
    出典 :心理カウンセラーに向いている人 | 心理カウンセラーの資格と仕事
  • 同時に、適切なアドバイスをできるような会話力、対人スキルも必要です。
    コミュニケーションに不安がある人は、心理学に加えて、学んでおくと良いでしょう。

  • 心理カウンセラーの種類

  • 「心理カウンセラー」と一口に言っても、その中には様々な職種やタイプがあります。
    ここでは代表的な3つのカウンセラーについてご紹介します。

  • 産業カウンセラー(さんぎょうカウンセラー)とは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格、およびその有資格者のことである
    出典 :産業カウンセラー - Wikipedia
  • まず一つ目は「産業カウンセラー」です。
    産業カウンセラーは、企業を対象に、そこで仕事をしている人と家族に対してカウンセリングを行います。
    また、求職中の人や、経営者を対象とした産業カウンセラーも求められています。

  • 二つ目は「臨床心理士」です。

  • 「臨床心理士」とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。
    出典 :日本臨床心理士資格認定協会
  • 臨床心理士になるためには、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格を保有することが必須条件です。
    また、資格試験を受験するには、指定の大学院を修了している必要があります。

    そのように臨床心理士は、なることが難しい職種ですが、活動領域が多岐にわたるため、広い分野で活躍できます。

  • 三つ目は「スクールカウンセラー」です。

  • スクールカウンセラーとは、臨床心理士、精神科医、心理学系の大学の常勤教員など専門的知識と経験を持つ「こころの専門家」が、学校の児童生徒へのカウンセリングや、教職員・保護者などの相談に乗る仕事です。
    出典 :スクールカウンセラーとは | スクールカウンセラーになろう
  • そのように、スクールカウンセラーになるには「臨床心理士」「精神科医」「大学教員」などといった専門資格が必要になります。

    昨今では子どものストレスが問題となっており、心のケアを重視する動きがありますので、今後ますます需要が増えると予測されています。