季節の変わり目には気をつけて!「ゆらぎ肌のスキンケア」を覚えて肌をいたわろう

ゆらぎ肌のスキンケアは出来ていますか?季節の変わり目に到来するゆらぎ肌の対策をきちんとしてみて!毎日のスキンケアで変わる事が沢山あるのですよ!肌トラブルを引き起こさない為にもスキンケアから変えてみましょう!

view77

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんな肌トラブルがでたら考えて!

  • 【にきびや吹き出物の発生】
    汗や皮脂の分泌が盛んになっていた夏の肌ですが、急激に気温が低くなることでその量は一気に減少します。すると、老廃物が肌に蓄積しやすくなり、毛穴のトラブルが発生しやすくなります
    出典 :季節の変わり目のゆらぎ肌に注意!実践したいスキンケアのポイントとは?| Life & Beauty Report(LBR)
     

    このようにニキビや吹き出物の発生が肌のトラブルを教えてくれる場合があります。毛穴が詰まってしまうと肌も呼吸が出来ない状態と変わりません・・・そうなってくるとこれ以上の肌トラブルを引き起こしてしまう場合があるのです。このようなトラブルを経験する人はすくなくはないと思います。出来るだけ対処していけるようにしたいですよね。

  • 【肌がゴワゴワ・カサカサする】
    夏の間、冷房のきいた部屋で過ごすことの多かった肌は、肌内部が乾燥している可能性が……。さらに、急激な気温や湿度の低下によって肌のターンオーバー(新陳代謝)のリズムが乱れ、乾燥トラブルが起こりやすくなっています。
    出典 :季節の変わり目のゆらぎ肌に注意!実践したいスキンケアのポイントとは?| Life & Beauty Report(LBR)
     

    このような感覚をおぼえた事ありませんか?インナードライの症状が出てもゆらぎ肌に繋がってしまいます。ゆらぎ肌のスキンケアを覚えてしっかりと対処しましょう。肌の表面がカサカサしてきたときには早めの対策と対処がとても重要になってくるのです。お肌のお手入れはいち早く気付いて始める事で効果も全然ちがってくるのですよ。

  • なんだか最近

     

    肌がくすんでいる気がすると・・・鏡をみて思う事はありませんか?UVケアをしっかりしたつもりでも肌はダメージを受けている事になります。ターンオーバーが乱れている肌ではどんどんとくすみが進んでしまい、透明感のある素肌とは到底言えなくなってしまうのです。このような感じがしてきたらスキンケアを見直してみましょう。

  • スキンケアを見直してみて

  • 肌荒れを起こしているときは特に「お肌のうるおいを守りながら洗う」スキンケアを心がけましょう。汚れをしっかりと落としつつ、余計な刺激が加わらないことを意識して、泡でなでるように優しく洗うのがコツ。お肌が敏感だと感じる時期は、スクラブ入りのもの、ピーリング効果のあるものは避けた方がいいでしょう。
    出典 :春編-2 春の肌トラブルの三大要因 | 季節のスキンケアゼミ | 健康美塾
     

    スクラブ入りのものは一週間に一回のピーリングと考えるのが良いとされているそうです。ゆらぎ肌はもう肌の元気がない状態と言えるので、無理なスキンケアは刺激がつよすぎてどんどんお肌が老化してしまうのです。洗顔後に違和感がある場合はしっかりと見直しが必要という事ですね。

  • 健康なお肌に大切なのは、清潔に保ち、保湿、保護を行う、この3ポイントです。 敏感肌はまず清潔にしておかなければ、外部からの刺激によりさらにお肌にトラブルをおこしてしまいます。お肌を改善するどころか悪化すると言う悪循環がおきてしまうのです。
    出典 :実践できる!スキンケアの方法を紹介!|敏感肌スキンケア完全ガイド
     

    この三つのポイントをしっかりとおさえた上で洗顔を行うようにしましょう。乾燥してしまうからと言って洗顔をしない人もちらほらいるようですが、そのような事をしていてはインナードライを生んでしまい、ターンオーバーもどんどん乱れて行く事になります。敏感肌と同じ部類のゆらぎ肌だからこそ乾燥させないようにしっかりと保湿をしてあげるのが大切なのです。

  • 洗顔は

     

    いつも以上に丁寧におこないましょう。スキンケアの成分をしっかりと肌へいきわたらせるためにも洗顔から変えていかなくてはいけません。きめ細かい泡で優しく包み込むようになんてCMもありますが、全くその通りで、その部分が出来ていないと肌へ刺激が強すぎてしまうという結果になりかねません。洗顔は優しく丁寧に刺激の少ないようにが鉄則ですね。

  • 保湿をしっかりとして

  • 化粧水は、洗顔後すぐに使うのが効果を高めるコツです。洗顔後のお肌は、放っておくと水分が蒸発して洗顔前よりも乾燥してしまいます。化粧水の後は、乳液で水分と油分のバランスを整えることも忘れずに。春夏も油分のケアは大切ですよ。
    出典 :春編-2 春の肌トラブルの三大要因 | 季節のスキンケアゼミ | 健康美塾
     

    油分のケアも必要ですね。乾燥しがちな時期という事なのでしっかりと化粧水や乳液の量にも気を使いましょう。どのくらいを適量にするかなど悩む点もおおいかもしれませんね。大体の量としては肌にティッシュペーパーがくっつく程度とされているようです。

  • 乾燥しがちな時期ですから、数時間おきに「スキマ保湿」をするのもオススメです。ミスト状の化粧水などで、お肌のうるおいを保つ工夫を。乾燥対策には、保湿成分を含んだミストを選ぶようにしましょう。
    出典 :春編-2 春の肌トラブルの三大要因 | 季節のスキンケアゼミ | 健康美塾
     

    こんな乾燥対策も出来るようになったら一人前?かもしれませんね。保湿成分が含まれているものは今沢山売り出されています。そのなかから良さそうなものを選ぶというのもひとつの手かもしれませんね。もし、悩んでいたら化粧品について調べてみましょう。個人的にはオールインワンがおすすめです。

  • これだけではなく

     

    ストレスもゆらぎ肌には大きく影響していると考えられています。だからこそ、日々のストレスの解消も念頭に入れておかなくてはいけませんね。また、皮膚のターンオーバーを進める為にも栄養が必要です。美肌になる食材というのは沢山あります。選んで使うのも良いでしょう。タンパク質やビタミン類は得におすすめの栄養素なのでしっかりととるようにしてみてくださいね。