良い眠りにつくための心得

良質な睡眠のためには準備も必要です。
その準備とは何か?
これらをまとめました。

  • S 更新日:2013/12/19

view213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 快眠のためには準備も必要

  • 誰もが快眠を得たいと思っています。
    翌朝スッキリ目覚めたいし、一日の始まりは活動的でいたいですよね。
    では、そのためには何をしたら良いのか具体的に挙げていきます。

  •  

    快眠が得られれば、健康と美容も良い事ばかりです!

  • 良質な睡眠のための心得

  • ・食事は3時間前に済ませる
    寝る直前に食事を摂るのはもってのほか!
    胃や腸が活発に働いて寝付けなくなるし、太る原因にもなります。

  •  

    どうしても食べたい場合は、りんごなどの軽いものにしましょう。
    りんごはダイエット時のおやつでも重宝されてます。

  • ・寝るときは電気を消す
    光が入ってしまうと、眠りの妨げになります。
    眠りのホルモン(メラトニン)は、暗くならないと分泌されないのです。

  •  

    小さい電気でも、点けておくと節電になりませんし、良い事は何もありません。

  • ・お風呂はぬるめに
    寝る前に熱湯を浴びると、神経が興奮してしまいます。
    ぬるめのお湯でリラックスしましょう。

  • ・煙草
    神経が高ぶり、興奮度を上げてしまいます。
    睡眠の質を落とさないためにも、寝る前はやめましょう。

  • ・飲酒
    アルコールも神経を興奮させてしまうため、寝る直前はお勧めできません。
    寝る前に飲むのが好きだという人もいますが、翌日のためにもやめておくべきでしょう。

  • 興奮せずにリラックスすることが大切です。
    ホルモン分泌させて、良質な睡眠で明日のために活力を養いましょう!