【特効薬は存在しない?!】知っておきたい麻疹(はしか)の知識。

view529

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供の頃に予防注射するけれど、大人でもなる麻疹の原因はなんなのか?
    あなたの大切な肌はあなた自身で守るしかありません。
    ここでしっかりとした知識を知っていきましょう。

  • 麻疹(はしか)とは?

  •  
  •  
  • 麻疹は子供がなりやすい!

     
     

    麻疹は免疫力が弱い子供の頃に非常にかかりやすい病気です。
    だからこそ、乳幼児の頃に比較的早い段階で予防接種を受けることが大切です。
    麻疹は最悪の場合は死に至ることもあります。決して甘く見ないでください。

  • 麻疹(はしか)の原因は?

  •  
  • 具体的な症状は?

  •  
  • 具体的には三つの期間に分けられます。

  •  
  • 1.前駆期

  •  
  • 2.発疹期

  •  
  • 3.回復期

  •  
  • どういった治療をするのか?

  •  
  • 麻疹(はしか)に特効薬はない。

     
     

    上記に書いてあるように、麻疹に特効薬はありません。
    そのために子供の頃に予防注射をしておくことが何より大切のようですね。
    しかし、子供の頃に予防注射をしていても絶対に麻疹にならないとは言えないので、
    しっかりとした知識を持っておくことが大切です。

  • 海外に行く方は予防接種をオススメします。

  •  
  • 大人の麻疹は恐ろしい。

  •  
  • 大人だからといって安心しないでください。

     
     

    子供がかかるイメージのある麻疹ですが、
    大人がかかると子供以上にひどい病状になるようです。
    だから、決して子供のなる病気だと甘く見ないでください。
    予防接種を受けていない人は、ぜひ予防接種を受けましょう。

  • 麻疹のシーズンは春!

  • 春には要注意!

     
     

    麻疹のシーズンは春です。
    暖かくなってつい気を緩めてしまいがちですが、
    よりより春を過ごすためにも、麻疹には気をつけましょう。
    特効薬がない麻疹はなってからでは遅いのです。
    まだ、予防接種をしていない方は、春になる前に予防接種は終わらせておきましょう。

  • 異変を感じたらすぐ大きな病院へ行きましょう。

  • 大切なのは自己管理。

     
     

    大人の麻疹の場合は、風邪と症状が似ているため
    お医者さんも診断が難しいと言われています。
    そのためにも、自分自身が予備知識を持っていることが大切です。
    もし、周りの人から風邪のような症状をもらったら、もしかしたら
    それは、麻疹(はしか)かもしれません。
    心当たりがあったらお医者さんにご相談しましょう。