寝る40分前に飲めば「睡眠美容&冷え解消」になる『抹茶パワー』!

view1155

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 抹茶は好きですか?
    さむ~いこの季節・・・お風呂に入っても、
    寝る直前にはもう“冷え冷え”な状態・・・!
    こんなんじゃ寒くて寝れないじゃないの!

    ですよね。
    そんな時には「抹茶」が良いそうです♪
    寝る前に1杯、どうですか?

  •  
     

    確かに、葉っぱ丸ごと飲むことになるわけですから、栄養もたっぷりって感じですよね!

  • それは・・・抹茶に含まれる「テアニン」の力!

  •  
     

    テアニンとはお茶のうま味・甘味に関与する成分で、玉露や抹茶等に多く含まれ、興奮を鎮めて緊張を和らげる働きと、心身をリラックスさせる効果を持っています。テアニンが脳内に入ることで、神経伝達物質のドーパミンやセロトニンの濃度を変化させるため、血圧降下作用や脳神経細胞保護作用に加え、記憶力や集中力を高める効果があります。

    引用)http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/theanine/

  •  
  • これは素晴らしい!セロトニンに影響って、女性には更に嬉しいですね♪

  •  
     

    血管も“リラックス”してくれる・・・お茶ってすごいなぁ。

  •  
     

    そっか!お茶を飲むとなんだかほっとするのは・・・テアニンのお陰ってことかぁ。

  • 隠れた催眠効果! 緑茶のうまみ成分

  •  
     

    あのうま味成分「グルタミン酸」と同じなんですね!仕事で嫌なことがあってイライラして眠れない!なんて時にも、やっぱりお茶(抹茶)が良い♪

  •  
     

    テアニンは、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の働きに作用し、血圧や記憶学習能力、脳血管機能を改善します。また、脳の抑制系神経を活性化し、興奮系神経を鎮めることで、寝つきを良くしたりぐっすり眠れるようにしてくれます。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/377550/

  • アルファ波の効能

     
     

    アルファ波(8~13ヘルツ)は、近年、注目されている脳波で、リラックスしている時や、集中している時に出現する脳波です。正常な方であれば、肩の力を抜き目を閉じて安静にしていれば頻繁に出現します。しかし、起きて活動している時などは、緊張している時やイライラ状態の脳波であるベーター波(13~40ヘルツ)が、多く出現し、ストレスを招きます。また、休む暇なく緊張状態で活動している人は、常にベーター波が、多く出現している状態が続き、ストレスが蓄積され体調を壊すことになりかねません。また、集中力に欠けイライラ状態も招いてしまいますので、良い結果も生まれず、最悪なのです。

    引用)http://www.genic-net.com/101/1-f.html

  • ってことは、飲むだけでα波が出る抹茶ってホントすごい!