「性器クラミジア感染症の薬」は何を使えば良い!?

性器クラミジア感染症の薬はなにがあるのでしょうか?関連する事を集めてみました。

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性器クラミジア感染症とは

  • クラミジアとは、クラミジア・トラコマチスが尿路や性器に感染することでおこる、性感染症です。クラミジアは性交により、粘膜に感染するこが原因です。クラミジアの症状は、男性の場合は、尿道から透明な膿が出て、痛みを伴うことがあります
    出典 :クラミジア感染症治療・感染予防薬の通信販売・購入 | 海外医薬品個人輸入代行はおくすりショップ
  • 女性の場合は、おりものが増えることがありますが、自覚症状はありません。喉に感染すると喉が痛くなり痰が増えたりしますが、無症状の場合もあります。クラミジアの検査は、患部から体液を採取したり、採尿し、クラミジアの有無を調べます。
    出典 :クラミジア感染症治療・感染予防薬の通信販売・購入 | 海外医薬品個人輸入代行はおくすりショップ
  • 治療には薬を用いる

  • クラミジアの治療には、マクロライド系、フルオロキノロン系の一部、テトラサイクリン系抗菌薬が用いられます。中でも、近頃は1度の投与で完治が可能な、マクロライド系のジスロマック(azithromycin)が注目の治療薬です。
    出典 :クラミジアとは 感染症治療の薬
     

    治療薬も色々ありますね

  • 一般的には、クラリスロマイシン(製品名:クラリス、クラリシッドなど)、テトラサイクリン(製品名:ミノマイシンなど)、ニューキノロン系(ピリドンカルボン酸類)(製品名:クラビッド、バクシダールなど)の抗生物質を服用します。医師の指示によって薬の種類や量などが異なりますが、1~2週間飲み続けます。
    出典 :2/2 最近増えている性感染症 -クラミジア- [性感染症・STD] All About
  • 妊娠中の薬は問題ない?

  • 使用する薬はふつうの感染症で用いるようなペニシリンのようなものとは効果がありません。治療に用いる薬は限られています。その中でも妊娠中というと更に選択肢は狭くなります。一般には妊娠中はエリスロマイシン系の抗生物質クラリスロマイシンがよく用いられます。まあ産婦人科で処方されたのなら心配はいりません。
    出典 :クラミジア感染症のこと
     

    産婦人科からの処方なら問題ありませんね

  • 産婦人科以外の場合は

     

    必ず妊娠中という事を伝えましょう。安易に安全だとおもうという判断で薬を使う選択は間違っているかもしれません。抗生物質の使用は妊娠中控えたいものとして認識している人は多いはずです

  • 中々効かない?

  • 服用後は、面倒でももう一度病院で検査をして菌が消えているかどうかをきちんと確かめて下さいね。
    出典 :2/2 最近増えている性感染症 -クラミジア- [性感染症・STD] All About
     

    ここが大切なポイントなのです

  • クラミジア感染を起こしてから、治療されずにかなりの期間放置されていたような場合には、抗体価はなかなか低下しませんし、陰性にならないこともしばしば起こります。
    出典 :クラミジア感染症のこと
  • 治療後に抗体価が低下して陰性化することも期待できますが、長期にわたってクラミジアが存在した後で治療行ったような場合には、自分の身体を守るための反応である抗体の産生もいつまでも強く刺激されつづけていたわけで、治療によりクラミジアが体内からいなくなってもなかなか抗体を作り続ける力が弱まらなくなっているということです。
    出典 :クラミジア感染症のこと
  • 最初から予防しよう

  • 性感染症を防ぐには

     

    性感染症を防ぐためには、性行為の挿入前(またはオーラルでの性行為前)に、『最初から』コンドームを付けてください。避妊に関してもそうですが、途中から装着しても予防効果は期待できません。最初からがキーワードですよ。