不妊の原因で多いものって?

ご夫婦の中にお悩みの方もおられるであろう不妊の原因で多いものをまとめています。
ぜひご夫婦お2人で参考になさってください。

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の生殖機能は妊娠のキモ

  • 無事に受精した卵子はその後10ヵ月強にわたり女性の体で育てられるものです。卵子を含め健康な状態であることは重要です。

  • http://mangatop.info/sozai/health/643/

     

    病気による不妊で最も多いもの

  • 卵管閉塞になると、妊娠できる確率は非常に低くなるといわれています。女性側の不妊の原因として、一番多い原因が卵管にあると言われているからです。卵管は妊娠するために重要。卵管に異常があると不妊に繋がりますし不妊に繋がる他の病気を罹っている可能性も高いのです。
     

    卵管閉塞は卵子の通り道が閉じてしまうことによって、排卵が正しく行われなくなる疾患です。

  • 種々な原因で卵管の閉塞は起きますが、一般的には細菌(最近はクラミジア感染症が断然に多い)などによる炎症反応の結果として起きることがほとんどです。
    出典 :卵管閉塞 - リプロダクションセンター
     

    性病の1つとされるクラミジアが、この病気に大きく影響しています。このような要因の検査も早めに受けておくに越したことはないですね。

  • どの女性にも可能性がある疾患

  • 日本市民女性に不妊治療を受けている女性が多い原因って『生理が来たら誰でも卵巣腫瘍になる可能性がある』のに10代の女性に定期健診を受けさせてないからではないかと感じた。正しい婦人科系の知識を教えてくれないから卵巣腫瘍の犠牲者が増え続ける http://t.co/RFWx1pBGSY
     

    意外と知られていませんが、生理のある女性は誰でも卵巣腫瘍ができる可能性を持っているのです。

  • そんなわけで卵巣にはさまざまな腫瘍ができますが、その中には大きく分けて、良性のことが多い「卵巣のう腫」と悪性の事が多い「充実性腫瘍」があります。卵巣の腫瘍のうち約9割が「卵巣のう腫」で残りの1割が充実性腫瘍なのですね。
    出典 :卵巣腫瘍ってどんなもの? [婦人病・女性の病気] All About
     

    充実性腫瘍の大半は卵巣がん。いずれにしても、卵巣機能に影響を与えるものです。

  • 日頃からの体質にも注意

  • 貧血を放置すると妊娠できなくなってしまう。鉄分不足は卵巣に悪影響で、妊娠を維持させる黄体ホルモンの分泌が低下する。貧血が不妊や流産の原因になる場合がある。若い女性の中にも貧血が原因で生理不順になっている場合が多い。鉄分を補えば、数ヶ月から半年で症状が改善される。
     

    貧血は女性の多くが持っている症状ですね。放置しておくと不妊の原因の1つとなる可能性が。

  • 貧血になると、血液の循環が悪くなって、卵巣や子宮に必要な栄養素や酸素が送り届けられなくなります。

    生理不順になりますし、子宮を妊娠に適した状態に整えてくれる黄体ホルモンの分泌も減少、質の良い卵が育たず、子宮内膜も薄くなるなど、不妊治療をしている女性にとっては絶対に避けたいことばかり起こります。
    出典 :貧血と不妊症
     

    血液循環は女性生殖器の機能を活発にするために不可欠です。貧血はぜひ改善して血流をよくしておきましょう。

  • 男性の要因も半数はある

  • 俺のフォロワーの中心は高校生だったり中学生なんで知っておいて欲しいんですが、私はバツ1なもので不妊治療も受けてましてその時言われたんですが「不妊の原因は母体(女性)より種元(男性)にある場合も多い」
    ウチは私に問題があるパターンです
    女性だけの問題ではありません
     

    男性も女性と同様の割合で不妊の原因を担っています。ぜひ覚えておいてください。そして、男性要因で一番多いとされる疾患が下記です。

  • 精索静脈瘤とは精嚢内の静脈が怒張して瘤状に太くなる状態のことをいいます。精索静脈瘤は、男性の6人に1人に認められるとされ、思春期以降に認めます。 また男性不妊症を認める男性に頻度が多いことが知られています。精索静脈瘤の存在は、精子の産生を低下させ精子の質を低下させるため不妊の原因になるとさ れています。
    出典 :精索静脈瘤|すこやかコラム|ときわ会グループ
     

    男性6人に1人は比較的高確率であるといえます。もしかしたらと思ったらぜひ男性も検査を受けてください。

  • このように、不妊の原因にはメジャーなものだけでも数々あります。
    また、決して女性側だけの問題ではなく、原因の半数は男性にもあることをご夫婦ともに覚えておくことが必要です。