気になる病気・・・不安障害の症状に関するまとめ

不安障害の症状は、不安になる事以外
他にあるのか気になったのでまとめてみました

view92

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安障害の症状は何がある?

  • イライラしやすく、リラックスできません。このような状態が長期間続くと疲れやすく、物事に集申できなくなります。こころだけでなく、身体的にも筋肉が緊張して肩や首がこったり、筋緊張性頭痛、筋肉のけいれんを生じます。そのうえ寝つきが悪く、眠りが浅い睡眠障害を引き起こします。
    出典 :全般性不安障害とは
     

    眠りの浅い睡眠障害を引き起こしてしまうのですね・・・

  • 特徴も関係している

  • この病気の特徴として

     

    不安や心配の原因が限定される
    という物じゃないそうなのです

  • あらゆるものが対象になります。そして、自分ではどうすることもできない事柄についても深刻に悩み、不安や心配をコントロールできなくなって、「こころやからだ」の調子が悪くなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。
    出典 :全般性不安障害(GAD) | e治験.com
     

    あらゆるものが対象になっているのですね
    家庭生活に仕事に沢山あるのですね

  • 症状を上げていくと

  • ##そわそわと落ち着かない、
    緊張してしまう、過敏になってしまう
    ##疲れやすい
    ##倦怠感
    ##動悸・息切れ
    出典 :全般性不安障害 - Wikipedia
     

    他にもあります

  • ##めまい・ふらつき感
    ##集中できない、心が空白になってしまう
    ##刺激に対して過敏に反応してしまう
    ##頭痛や肩こりなど筋肉が緊張している
    ##眠れない又は熟睡した感じがない
    出典 :全般性不安障害 - Wikipedia
     

    これらのうち3つ以上の症状を伴っているそうです

  • うつ病になる場合も・・・

  • 経過は慢性で、日常生活のストレスの影響を受け、よくなったり悪くなったりしながら多くの場合何年にもわたって続きます。途中から、気分が沈んでうつ状態となり、うつ病に移行することもあります。また、アルコールで不安をまぎらわそうとして、アルコール依存症に陥(おちい)ることもあります。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    これは大変ですよね

  • 症例をあげると

  • のんびり仕事をしている人が羨ましく思えて、自分でも先回りして心配することはやめようとか、実際に物事が起きてから考えようとか反省しても、実際には悲観的な考えが次々心に浮かんで離れなかったのです。
    出典 :全般性不安障害とは
  • ちなみに検査と診断は

  • 検査では

     

    この病気だと特別な異常は
    でないという結果になるそうです
    やはり心の病気なので
    なかなか検査で出てこないですね

  • 診断は、先に述べた症状と経過の特徴からなされ、検査で特別な異常はみられません。身体疾患を除外するための検査(尿、血液、心電図、X線、超音波など一般内科的検査)が行われ、これらの検査で症状に見合う異常が見つからない場合に診断が確定します。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア