急増中!?「RSウイルス感染症の潜伏期間」を学ぼう

RSウイルス感染症の潜伏期間について知ってこう!意外と短い場合もある!

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • RSウイルス感染症とは

  • RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。RSウイルスは日本を含め世界中に分布しています。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています
    出典 :RSウイルス感染症に関するQ&A(平成25年9月25日)|厚生労働省
     

    基本的には感染するとされているのです。

  • 症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。しかしながら、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。
    出典 :RSウイルス感染症に関するQ&A(平成25年9月25日)|厚生労働省
     

    重篤な症状が引き起こされた場合は最悪入院になる事だってあるのです。

  • RSウイルスは

     

    乳児が感染すると重症化する恐れがあり、感染しても風邪のような軽症で気付かない場合などもあり、なかなか気を付かう病気ともいえるかもしれませんね。

  • RSウイルス感染症の潜伏期間

  • 感染から発症までの潜伏期間は2日〜8日、平均的には4日〜6日と言われています。 感染経路は飛沫感染(主に唾液を介して感染)と接触感染になります
    出典 :RSウイルスの常識 -潜伏期間、感染経路、症状、検査と診断など- 健康・医療の総合情報サイト
  • ウイルスが体外に排泄されるまでの期間は2〜3週間と長く、大人の場合、軽い風邪のような症状で収まることが多いため放置したまま普通に生活を送り、感染が拡大する可能性が高いウイルスです。咳やくしゃみをした時に手をかざすと、その手に付着したウイルスがドアノブや手すり、タオルなどに付着し、感染が拡大していくと考えられています。
    出典 :RSウイルスの常識 -潜伏期間、感染経路、症状、検査と診断など- 健康・医療の総合情報サイト
  • 人の手に付着した場合は約30分、ドアノブや手すりなどでは約6時間ほど感染する力が持続するため、比較的感染力の強いウイルスと言えるでしょう。したがって小さいお子さんや高齢者のいる家庭では十分に注意しましょう。
    出典 :RSウイルスの常識 -潜伏期間、感染経路、症状、検査と診断など- 健康・医療の総合情報サイト
  • RSウイルス感染症は、保育所などで施設内流行を生じやすいので、注意が必要です。また、家族内感染も高い率で起きます。飛沫や接触により感染するので、患者さんの気道分泌物の付着した物の扱いに注意し、手洗いとうがいを励行してください。
    出典 :RSウイルス感染症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 感染後4〜5日の潜伏期ののち、鼻汁、咳(せき)、発熱などの上気道症状が現れます。3割程度の人はこのあと炎症が下気道まで波及して、気管支炎や細気管支炎(さいきかんしえん)を発症し、咳の増強、呼気性の喘鳴(ぜんめい)(ぜいぜいする)、多呼吸などが現れてきます。
    出典 :RSウイルス感染症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • すべての患者さんの1〜3%が重症化し、入院治療を受けます。心肺に基礎疾患がある小児は重症化しやすいとされます。通常は数日〜1週間で軽快します。  新生児も感染して発症し、がんこな無呼吸を起こすことがあるので注意が必要です。また、細気管支炎にかかったあとは、長期にわたって喘鳴を繰り返しやすいといわれています。
    出典 :RSウイルス感染症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • こんな時は病院へ

  • 気管支炎にかかると、呼吸困難のために不機嫌、哺乳量減少、食欲減退、嘔吐などを来た します。呼吸困難の症状として呼吸の度にゼーゼー、ヒューヒューという音を伴い(喘鳴 )、小鼻をピクピクさせる様子(鼻翼呼吸)や、肋間や胸骨の上端、下端をへこませんる 様子(陥没呼吸)がみられるように
    出典 :RSウィルス感染症
  • 更に悪化すると血液中の酸素の濃度が低下し、 唇や顔色が紫色になりチアノーゼをみとめるようになります。このような場合や、お子様 の鼻が詰まって息苦しそうな場合などには早急に小児科を受診するようにしましょう。
    出典 :RSウィルス感染症
     

    入院が必要になる事も

  • 年齢の

     

    基本的な内訳のグラフです。こちらも参考にしてみると良いかもしれませんね。RSウイルス感染症ではこのような分布になるようです。若年層だけではない事もわかりますね。