簡単♪楽ちん♪な「痩せるストレッチ」でアナタも変身!

「う~・・・運動苦手~・・・でも痩せたい~~・・・」

そんなアナタに「痩せるストレッチ」はどうでしょう?
結構、手軽にできるのでお試しを♪

view997

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ストレッチとは?

  • 現在使われている「ストレッチ」という言葉は、1970年ごろからアメリカのスポーツ科学者の間で使われ始め、1970年代後半より日本でも急速にその概念が広がった、比較的新しい用語です。ストレッチ(=stretch)とは「引っ張る」、「伸ばす」という意味の英単語で、ストレッチング(=stretching)とは、その「引っ張る」、「伸ばす」動作のことをさしています。同じ姿勢をとり続けると体が疲れてくるのでちょっと体を伸ばす、あくびをする、というのも一種のストレッチングです。犬や猫などもよく背中を伸ばして大きくあくびをしている姿を見かけますが、あれも大きなくくりでやはりストレッチ運動だと言えます。
    出典 :ストレッチ理論(ストレッチとは?/ストレッチの目的)
     

    「あくび」もそうなんですね~知らなかった!

  • ストレッチで痩せるしくみ

  • まず、人には体温を一定に保つしくみが元々備わっていますよね。ストレッチをしてめぐりが良くなると、体中の末端まで血液が行き渡り、体の温度が上がります。体表面までまんべんなく温度が上がると、その熱は空気中に放出されていきます。熱は高いところから低いところに放出されますし、人の体温よりも気温のほうが基本的に低いですからね。人の体から熱が逃げて行くと、なくした熱を補おうと体は熱をつくります。熱を高める→空気中に熱が逃げる→その熱を補おうとカロリーを燃やして熱をつくる。こうした流れが繰り返される事で人は痩せていき、この流れを作ってくれるのがストレッチなのです。
    出典 :痩せるストレッチ | 痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法
     

    ストレッチで体温を上げることが、痩せるきっかけになるってことか~なるほど!

  • ストレッチで痩せる体質づくり

     

    人間が食べ物で摂取したエネルギーを消費するルートは、3つあります。1つは、心臓や内臓の動き、呼吸など人間が生きていくうえでのベーシックな動きのために使われるエネルギーである「基礎代謝(安静時代謝)」、2つ目は、仕事やスポーツなどで身体を動かして消費される「生活活動代謝」、そして3つ目は、食事した際に消化・吸収に伴って熱を発散するときに消費される「食事誘導性体熱産生(DIT)」です。

    引用)http://www.fine-club.com/diet/topics/stretch.html

  • 1ヶ月で5キロ痩せるストレッチ方法

  • お通じを良くしてリラクゼーション効果

     

    このポーズはあおむけの状態から両足を抱えるようにして丸くなります。別名「ガス抜きのポーズ」この効果は足で大腸を刺激することによりお通じをよくするポーズです。脂肪を減らすだけでなく毒素を抜いてスリム&ビューティーになれるのです。

    引用)http://1ヶ月5キロ痩せる.biz/entry3.html


  • くびれたウエストをゲット!

     

    上体を起こした状態でお尻をついて座ります。片方の足をもう片方の足の向こう側へ膝を曲げて固定すると上体がねじれてウエストのくびれと内臓も同時にねじられていますので便秘にも効果的!

    引用)http://1ヶ月5キロ痩せる.biz/entry3.html


  • 背中痩せのためのストレッチ 男性 女性 スマートな後姿 簡単な方法 アンチエイ ...

     

    背中がキレイって言われると、嬉しいですよね♪