産後の骨盤矯正時期っていつ頃がいいの?産後のケアをお忘れなく!

産後の骨盤矯正時期って悩みますよね~。骨盤がゆがんでしまうとさまざまな産後トラブルを引き起こす原因になってしまいます。しっかり骨盤矯正をして体を正しいカタチに治しましょう!

  • MUMMY 更新日:2013/12/16

view944

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後…骨盤に違和感!

  • 産前の骨盤は…こんな感じ。

     

    寛骨(腸骨、恥骨、座骨)、仙骨、尾骨で構成されるリング状の骨が骨盤。左右対称の逆三角形に似た形。

    出典:https://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/trouble/8/01.html

  • 産後の骨盤は…こんな感じ!?

     

    出産後は骨盤がゆるむために、体を動かしたときに骨盤がゆがみ、腰痛が出ると考えられている。

    出典:https://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/trouble/8/01.html

    こんなにガタガタになっちゃうなんて…!

  • 妊娠中のママにとって骨盤はとても大切な存在。赤ちゃんが成長する場所である子宮は骨盤の中にあり、赤ちゃんをしっかりと守っているのです。そして大きくなる赤ちゃんに合わせるように徐々に広がり、やがて出産を迎えます
    出典 :骨盤は出産の前後、こんなに変化する! - gooベビー
  • では、広がった骨盤は出産後にはどのようになるのでしょうか。「骨盤はゆっくりと元の大きさに戻っていきますが、骨盤がゆるむために、体を動かすと骨盤がゆがむ人がいます。これを医学的には骨盤輪不安定症と呼びます。この状態が“骨盤のゆがみ”です。産後あらわれるトラブルも、これが原因。
    出典 :骨盤は出産の前後、こんなに変化する! - gooベビー
  • 骨盤がゆがむことでどんなトラブルが?

  • 腰痛

     

    妊娠中には体重が増加し、子宮も大きくなります。おなかが前に飛び出すために体の重心が変わります。そのため腰椎の前彎が大きくなります。その結果脊柱(背骨)のS字カーブがきつくなります。また、「リラキシン」という関節をゆるませるホルモンが分泌するので、仙腸関節がゆるみます。妊娠中に大きくなったおなかを受け入れるための変化なのですが、出産後はこのゆるみが原因で腰痛が発症します。

    出典:https://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/trouble/8/02.html

  • いちばん多いトラブルが腰痛。出産後、23%の人に腰痛の症状がみられ、6カ月以上痛みが続いたケースが12.2%に上ったという報告があります
    出典 :骨盤が原因で、なぜこんな症状が起こるの? - gooベビー
     

    赤ちゃんが大きくなる度にひどくなります…。

  • やせない

     

    骨盤が妊娠前の状態に戻らず、骨盤のバランスが悪い状態が続くと、周囲の血行が悪くなってしまいます。血流がとどこおっていると、脂肪の燃焼もうまくいきません。出産後、「下っ腹が出たまま」「体型が元に戻らない」「太りやすくなった」というのも、このためです。

    出典:https://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/trouble/8/02.html

  • 産後はぜひ骨盤矯正を!いつからやればいい?

  • 理想は1ヶ月健診前にまず初回施術をし、その後は個人差もありますが3~5回かけて矯正してもらいます。
    出典 :第52回 「ターザン的マタニティーライフのすすめ」(3) 産後、骨盤リセット編 | マガジン | 生活の木
  • 産後の骨盤は1回の施術だけではなく、授乳や子育ての姿勢でまた元に戻りやすくなっていますので3~6ヶ月かけてゆっくり丁寧に矯正してもらうとよいでしょう。
    出典 :第52回 「ターザン的マタニティーライフのすすめ」(3) 産後、骨盤リセット編 | マガジン | 生活の木
  • 骨盤矯正はどんなことをすればいい?

  • ベビカム「産後ママにおすすめ!骨盤矯正エクササイズ」

  • 産後ママにおすすめ!寝ながら骨盤引き締め法