女性にも大人気AKB「こじはる」の美ボディの作り方

人気が衰えることのないAKBの中でも女性の支持率が高い小嶋陽菜。
愛称はこじはる。
彼女のスタイルにあこがれる人も多いはずです。
今回はこじはるの美しい体の秘密に迫ります。

view4663

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • なぜ小嶋陽菜のスタイルは良いのだろうか?

  • スタイル抜群!雑誌にも引っ張りだこ

     

    どのようにしたら美しいスタイルを手に入れることができるのでしょうか?

  • 小嶋:あまり普段からは意識していないですね。食べたい時に食べたいものも食べていますし。自分が「今痩せてるな」って、感覚でわかるじゃないですか?だから「今やばい」って感じれば、意識し出します。あと痩せてる時ってすごく楽しい!だからその気分を忘れないこと。そうすると太った時、「なんか体が重い…」って気分が沈んで、「痩せよう」って思う。だから意識を一番大切にしています。でも白湯は毎日飲むようにしていますね。
    出典 :小嶋陽菜、美ボディの秘訣&初の単独センターを語る モデルプレスインタビュー - モデルプレス
     

    普段から意識していないのにすごいですね!!

  • では、こじはるが毎日飲んでる白湯って効果あるの?

  • 白湯って、そもそも何でしょう?

  • 一度沸騰させたお湯をぬるく冷ました白湯(さゆ)の体質改善効果が注目されている。温かいので胃腸にやさしく、代謝が向上して、むくみの解消などにつながる。ショウガを加えるとさらに効果が増すという。
    出典 :白湯で体質改善――代謝がアップ、むくみを解消  :日本経済新聞
  • 詳しい作り方教えて!

  • 簡単そうですね!

  • 「白湯ダイエット」のための、正しい白湯のつくり方

    白湯を飲むという習慣のルーツは、インドの伝統医学アーユルヴェーダにあるといわれています。知っているようで知らない、「白湯ダイエット」のための白湯の正しいつくり方を、まずはしっかりマスターしておきましょう。

    Step1.やかんを火にかける
    アーユルヴェーダでは「火」のエネルギーは人間が生きていくうえで欠かせないものの一つと考えられているので、電気ポットや電子レンジではなく、ガスの火を使うのがオススメ。やかんに水を入れて火にかけましょう。

    Step2.沸騰したら火を止めず10分待つ
    しばらく沸騰を続けることで「風」のエネルギーを取り込むという意味があり、お湯が胃腸の汚れをキレイに押し流してくれると考えられているので、沸騰したら、やかんの蓋を開けた状態で火を止めずに10分待ちます。この時、ふきこぼれない程度に水を入れておくように! そして、蒸発により水の量が減ることを覚えておきましょう。

    Step3.カップにお湯を注ぐ
    火を止め、カップにお湯を注ぎ、50℃前後に下がるまで待つ。水で薄めるのは、エネルギーのバランスが崩れるのでNG。朝、1日分の白湯(800ml前後)をつくり、残りはポットに入れておきましょう。
    出典 :「白湯ダイエット」で痩せる理由と実践方法 [食事ダイエット] All About
  • RT @kantan15: ★食前「コップ2杯」の水飲みダイエット★
    ・白湯や常温の水が◎
    ・食前にコップ2杯(約450ml)のお水を飲むと摂取カロリーが1食につき 約80kcal(1日で約240kcal)少なくなる
    ・この方法を1ヶ月間続けるだけで、計算上では-7,200kc…
     

    カロリーを上手くコントロールできそうですね。

  • こじはるが食事以外に取り組んでいること

  • 食べ物以外にも体の秘密があるはず!

  • セクシーさの秘訣について「いちばん気をつけているのが保湿」とコメント。お風呂上りにはスプレータイプの化粧水、さらにボディークリームを毎日塗るようにしているとケア法を伝授している。
    出典 :小嶋陽菜、セクシーの秘訣を伝授 - モデルプレス
  • 保湿を保つことが大事ということです

  • 継続は力なり。毎日続けましょう!

  • 保湿とは、漢字のまま解釈するなら『湿った状態を保つ』という意味です。
    つまり、肌の中に適切な水分が保持された状態のことを、保湿と言います。

    だから、単純に肌の中に水分があるだけでは、保湿とは言えません。
    なぜなら、水分は蒸発してしまうからです。
    蒸発をせずに、水分を肌の中にとどめてこそ、保湿と言えます。
    出典 :効果的な保湿と、効果のない保湿とは? | 乾燥肌のスキンケア
  • 「肌にいいスキンケアは本来シンプルなもの。まずは、正しい洗顔で汚れを落とすことから美肌づくりは始まります」と、まの先生。
     そもそもニキビは、過剰に分泌される皮脂と、ケラチン(※)と脂が混ざって角栓となり毛穴がつまることによって起こります。一方肌に残った油分がクセもの洗顔を甘く見てはダメで、皮脂は天然の保護クリームとして肌を乾燥や刺激から守っています。問題なのは皮膚の表面に過剰な油分があるとき。これが酸化して汚れとして毛穴に残り、ニキビや肌荒れの原因になるのです。
     ファンデーションを厚く塗ったり、乾燥するからとぬるま湯だけで朝の洗顔をすませたり、たっぷりのクリームでマッサージをしたり…。肌に余分な油分を残していないでしょうか。 また、洗顔が不十分で肌に油膜が残っていれば、化粧水や美容液がしみこまなくて当然。
     「正しい洗顔でメイク汚れや油膜を一度きちんと取り去ってから化粧品をつけること。それが化粧品の機能を生かす秘けつです」 そのほか、ニキビケアにはピーリングが有効という説がありますが、ピーリングでとれるのは皮膚最表面の皮脂と角質だけ。「実は、ニキビの主な病変は毛穴の奥や角質の下で起きています。早期にニキビの芯(しん)を取り除き、クリアライトという治療を行えば、きれいな肌が得られます。専門医に相談を」
    出典 :洗顔と保湿の見直しで スキンケア効果は大きく変わる(1/2)|女性・OLに役立つ情報・口コミ満載のシティリビングWeb
  • #mynavinews ハウス オブ ローゼから、ボディの新保湿ケアシリーズ「ドゥ・サージ」 http://t.co/KIxp8bKyr0 30代主婦のおすすめ情報【http://t.co/VcLQUJhZ7ghttp://t.co/exCzUgEoXR