統合失調症の治療期間

薬での治療・効果・期間。抗精神薬。経過。症状の段階。年齢との関係。

  • S 更新日:2014/04/10

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薬物治療が必要です。

  • 薬は最も苦痛の大きい症状を改善しますが、すべてに対する解決策ではありません。薬物治療は、他の治療を始められるまでに回復するには重要な治療段階です。薬物治療以外に回復に大切なのは、家族や友人の支援や対話療法、さらに支援付き住宅やデイ・ケア、就労支援プログラムといった福祉サービスの利用といったことです。
    出典 :Schizophrenia - main
     

    できるだけ早く服薬を始めるべきだそうです。

  • •妄想や幻覚は、数週間のうちにだんだんと弱くなります。
    •はっきりと考えられるようになります。
    • 意欲が高まり、身の回りのことが自分でできるようになります。ただし薬の量が多すぎたり、合わない薬を服用すると、逆効果になることもあります。
    出典 :Schizophrenia - main
     

    薬での治療は、症状が日常生活へ与える影響を少なくします。服薬を続けると、上記のような変化が見られます。

  • どのくらい薬を飲み続けなければならないのですか?

  • •ほとんどの精神科医は長期間にわたって薬を飲むように勧めます。
    •もし薬の量を減らしたり飲むのをやめたい場合は、医師に相談しましょう。
    •薬の量は少しずつ減らしましょう。そうすると症状が再発しても、さらに悪化する前に気づくことができます。
    出典 :Schizophrenia - main
     

    薬を飲むのをやめると、多くの場合、3ヶ月から6ヶ月のうちに症状が再発するようです。

  • 精神科

     

    精神病院も立派な「病院」です。施設の内部も、普通の病院となんら変わりありません。

  • 抗精神薬

  • RT @gochismuratei: 一気断薬をして離脱症状が酷く死を選んでしまう場合もあるが、言い換えれば向精神薬というのはそれほど危険な薬物であり、それを難なく処方している医師、製薬会社の薬害の罪にあたるのである。抗がん剤のシクロホスファミドがあるが、これは元々毒ガスから作…
     

    このような情報もあります。

  • どのような経過をたどるの?

  • 統合失調症の症状の現れ方や経過は人によってさまざまです。ただし、これらは一方方向ではなく、休息期や回復期に病気を誘発するようなストレスがかかると、再び急性期の症状へと戻り(=再発)、また休息期、回復期という経過をたどります。再発が繰り返されると、休息・回復に要する期間が長くなるといわれています。
    出典 :どのような経過をたどるの? | 理解する | 統合失調症ナビ
     

    4つの段階で経過し、それぞれに症状は異なるとの事です。

  • 統合失調症の症状の段階。

  • 病気の経過は、前兆期、急性期、休息期、回復期の4段階に分けられます。一般的に、急性期は数週間単位、休息期は数週間~数カ月単位、回復期は数カ月~数年単位で経過するとされています。
    出典 :どのような経過をたどるの? | 理解する | 統合失調症ナビ
     

    まずは理解する事が大事です。

  • 発病の期間は、年齢が関わっている?

  • 完治するのが難しい病気です。 何年、何十年と苦しむ人が多いです。ただハッキリ言える事は、 年齢が上がると年齢と共に病気の出方、発病の期間などが、 落ち着く傾向があります。
    出典 :妻が統合失調症になりました。 この病気は完治する病気ですか? おしえてください... - Yahoo!知恵袋
  • 女性の場合だと恋愛、就職、結婚、出産など色々悩みの多い年齢20代、30代などは一番ひどく、それらを諦めた(病気でなくても年取るとできない事多くなりますよね?)40代、50代と完治までは行かなくてもマシになります。
    出典 :妻が統合失調症になりました。 この病気は完治する病気ですか? おしえてください... - Yahoo!知恵袋