脱毛は妊娠する前に。。。「脱毛が妊娠中ダメ」の理由

脱毛は妊娠が発覚する前に行っておきたいですね
妊娠中も行く事が出来ないですよね
そんな理由をご紹介

view440

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠、出産前にしてよかったと思う事って?

  • 自分の時間がなさすぎる…・出産後は、化粧水を塗れないほど自分にかける時間がない! 妊娠前に全身脱毛をしておけばよかった。(36歳/サービス)・美容院に行くヒマがなくて髪が伸びきってプリン状態。妊娠中に黒髪に染めておけばよかった。(37歳/無職)
    出典 :「全身脱毛しておけばよかった」「外出できない!」妊娠前に知っておきたかったこと | 「マイナビウーマン」
  • 大人時間はしばらくお預け・どうしても子供を楽しませるための旅行になるので旅行をもっとしておけばよかった。(31歳/フリー)・産後は、夫婦だけで出かけることがなくなるのでもっとデートをしたかった。(36歳/無職)
    出典 :「全身脱毛しておけばよかった」「外出できない!」妊娠前に知っておきたかったこと | 「マイナビウーマン」
  • 妊娠中は脱毛が駄目?

  • 多くのエステでは妊娠中の施術は断られます。なぜ子宮や胎児に悪影響を与えないというのにダメなのでしょうか?理由としては、脱毛時の痛みによる陣痛の誘発や、痛みによる刺激やストレスが母体に良くないため、万が一のトラブルに対応できないためです。
    出典 :妊娠中は脱毛できない理由
  •  

    ちなみに施術箇所も関係ありません。V,I,Oラインなど施術時の痛みで直接影響がありそうな場所だからダメとかではないです。妊娠しているときは、急に気持ちが悪くなったり、吐き気やめまいなど、自分も予期せぬ体調の変化が急に訪れたりします。妊娠初期も不安定な身体の変化もあり、安全第一なため、マタニティエステなどでも妊娠初期は予約をお断りされます。(マタニティエステは妊娠中期から受けることができます)

  • 光脱毛の際は

  • 施術の際は、肌を保湿するためのジェルを塗布し、目を守るためのサングラスを装着してからでないと施術を行えません。フラッシュ光は、直接肌に熱を与えるものではないため、熱く感じることはありませんが、毛乳頭の部分に照射する際、パチッとした軽い痛みを感じるため、人によっては赤みや腫れが起こることもあります
    出典 :妊娠中に光脱毛がNGな理由 | 光脱毛口コミなび
  •  

    そのため、光脱毛の際には、肌と体のの状態が十分に良好であること、薬などを服用していないこと、そしてホルモンバランスが乱れていないことが大前提となります。生理中はどんなに体が健康であっても脱毛を受けることはできません。それは、生理中は、2つの女性ホルモンであるプロゲステロン、エストロゲンのバランスが不安定になり、肌が敏感な状態になっているためです。ですから、そのような状態で光脱毛を行うと、肌のトラブルが高い確率で発生します。同じく妊娠中も光脱毛を受けることはできません。

  • 脱毛効果があまりなくなる?

  • 女性ホルモンが上昇することにより、妊娠中は一時的に体毛が濃くなることが知られています。 出産とともにこれらは徐々に元に戻るのですが妊娠期に一時的に脱毛をしてもあまり意味がなく、あまり脱毛効果が出にくいとも言われています。
    出典 :妊娠中に光脱毛がNGな理由 | 光脱毛口コミなび
  • 選ぶ時は妊娠の事も考えてね

  • 多くのエステサロンでは妊娠中の脱毛施術はお断りされてしまいます。そのため、1年間6回コースなどのエステでの契約では妊娠による休会、延長が可能かどうか?確認が必要です。妊娠による休会、延長が不可な場合は損をしてしまうので注意しましょう。
    出典 :妊娠中は脱毛できない理由
  • 妊娠中は

  • 妊娠中はうぶげが濃くなる?

     

    妊娠中は産毛が濃くなったり、シミが浮き出てきたり、妊娠線が浮き出てきたりと、女性ホルモンの影響でいろいろな肌の変化があります。

    特に乳首とお腹周りのうぶげは濃くなることが多いようです。(とはいえお腹のうぶげは出産後に薄くなるようです。)