妊娠中の薬服用の危険性

妊娠中はさまざまな症状が現れ薬を飲む場面もありますが、妊娠中の薬服用は出来れば避けたいですよね。

view101

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中さまざまな症状が体に現れ薬を服用する場面がありますが、いくら病院で処方されたものだからといって安心して飲めませんよね。
    もし赤ちゃんに影響があれば…なんて考えていると薬が飲み込めませんでした。
    意外と知らない妊娠中の薬服用の危険性をまとめました。

  • 「安全な薬」「危険な薬」とは

  •  

    いくら「飲んでも大丈夫だよ」と医師に言われても心配…
    なるべくなら飲みたくはないですよね。

  • 患者さんも、また私たち医師も、「安全な薬」とか、「危ない薬」「問題のある薬」というような言い方をします。これは、「安全な薬」だから、100%障害のない赤ちゃんが産まれる、という意味ではありませんし、「危ない薬」「問題のある薬」だから、必ず赤ちゃんに障害が出る、という意味でもありません。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    ええ!そんな事いったら何も信用出来なくなっちゃいます…

  • 赤ちゃんに障害が出る確率は、薬などの影響がなくても常に3%あります。これは自然のリスク。「安全」というのは、この「自然のリスク以上にはならない」「3%以上にはならない」という意味です。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    そう言う事だったんですね…しかし自然のリスクでも3%あると思うと気が気じゃないですね。

  • 「危ない」「問題がある」というのは、この自然のリスクよりも高くなるということ。そういうと、まるで産まれてくる赤ちゃんの半数とかに障害が出るかのように思う人がいます。でも、そんな薬は危なくて使えたものではありません。「リスクが高い」といわれている薬でも、たいていは数%高くなるくらい。10%以上になることは、まず、めったにありません。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    それでもリスクは少しも持ちたくありません。自ら「危ない」「問題がある」薬には手を出したくないですね。

  • 妊娠初期に誤って市販の薬を服用してしまった場合

  •  

    妊娠初期(まだ妊娠をしていると分かっていない時)に誤って薬を服用してしまった場合、妊娠が分かってから後悔します。
    実際に私もそうでした。後から思えばつわりの吐き気だったんだなと後悔しました。

    そういった場合でもなにか影響が出る事があるのでしょうか?

  • 基本的に妊娠初期の妊婦が妊娠に気づかず服用してしまうことも考慮されて作られているので、赤ちゃんに影響を与えるほど強い成分ではないものが多く、妊娠に気づかず1~2度服用くらいではそれほど心配はないとされています
    出典 :妊娠中の薬について
     

    妊娠が分かってからは必ず医師が処方した薬を服用してください。

  • またこういった薬の影響を胎児が受けやすいとされる時期は、母体の妊娠4~13週とされていて(特に4~8週)、妊娠周期が進むにつれて薬による胎児の受ける影響は低くなるとされています。
    出典 :妊娠中の薬について
     

    どちらにせよ妊娠の疑いがある場合は薬を飲む前に妊娠をしていないかチェックすることですね。

  • 湿布薬や塗り薬は飲む訳じゃないから大丈夫?

  •  

    湿布や塗り薬は飲むものじゃないから大丈夫かな?と思っている人は間違いです。
    妊娠後期に入るとお腹が大きくなり腰痛がひどくなり湿布を貼りたくなりますが安易に張るのは避けてください。

  • 湿布に含まれることのある「インドメタシン」という成分は、血管を収縮させる強い作用があります。赤ちゃんにはその血管が閉じてしまうと心臓が停止してしまう「動脈管」というものがあります。
    出典 :妊娠初期の腰痛、湿布はOK? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    腰に張ることで子宮を収縮させてしまうこともあるそうなので注意。

  • ンドメタシンが含まれた薬剤を使用したことによりこの動脈管が収縮し、赤ちゃんの心臓が停止したという報告があり、妊婦に対する使用が禁止されることになったようです。
    出典 :妊娠初期の腰痛、湿布はOK? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 気づかずに使用しても焦らなくて大丈夫です。
    医師に相談してください。