若い人は要注意!?「卵巣機能低下症」とはどんな病気!?

卵巣機能低下症とはどのような病気なのでしょうか?機能低下は怖い!

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵巣の働きは

  • ①卵巣には、卵子のもとである原始卵胞が内蔵され   成熟卵胞となって、1か月に1個卵子を排卵します。  ②女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを   分泌します。
    出典 :卵巣機能低下 不全
     

    卵巣の役割はこれらがあげられます。

  • 増えてきているのが

     

    20~30代の若い女性が、更年期と同じような症状を起こす「若年性更年期障害」が、最近増えてきていると言われています。医学的には「卵巣機能低下症」と言い、文字通り卵巣の機能が低下して起こる病気です。

  • 卵巣機能低下症

  • 卵巣機能が早期に低下する病態で、早発卵巣不全(そうはつらんそうふぜん)と呼ばれることもあります。極端な場合は、早期に閉経となる場合があり、43歳未満で閉経になるものは早発閉経(そうはつへいけい)と呼ばれています。
    出典 :卵巣機能低下症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一方、このような状態で卵巣が排卵する能力を完全に失っているかというと、必ずしもすべての人がそうではありません。卵巣に卵胞(らんぽう)が存在して排卵を誘発することが可能な場合と、卵巣に卵胞が残存していない場合とに分類され、前者をゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群、後者を早発閉経とする考え方もあります。
    出典 :卵巣機能低下症の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    このようなものが卵巣機能低下症なのです。

  • 症状は

  • 生理の状態○生理不順 (生理がこない、たまにしかこない)○生理が一見順調のようでも、基礎体温を測ると二層性になっていない。○不正出血 (生理かどうかわからないような出血が不定期にある)
    出典 :卵巣機能低下症(若年性更年期障害)
  • 体の不快症状○イライラする 焦燥感 気分が落ち込む○発汗亢進 恐怖感 動悸○冷え性 手足が冷たい 熱感 のぼせ○疲労感○頭痛 頭重感 しつこい肩こり○腰痛 足腰がだるい○めまい 耳鳴り○不眠 眠りが浅い○腹痛 食欲不振 ムカムカ  頻尿  など
    出典 :卵巣機能低下症(若年性更年期障害)
  • 頭痛、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸、微熱、血圧異常、耳鳴り、冷え、不眠、めまい、月経異常、疲労感、息切れ、肩こり、首こり、むくみ、イライラ、不安感、憂鬱、下痢、便秘、腰痛、しびれ・・など。
    出典 :卵巣機能低下症(若年性更年期障害)について 《代官山・恵比寿の整体院 菊地屋》 - 【恵比寿・代官山の整体】あらゆる婦人病を専門的にケア・口コミ多数・菊地屋
  • 原因は

  • ほとんどの場合、原因は不明です。  先天的に染色体異常があり、そのために早発卵巣不全になる人が多いことや、甲状腺や副腎、筋肉などに対する自己免疫性疾患もつ人に多いことが知られています。
    出典 :卵巣機能低下症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • とくに、自己免疫性疾患と早発卵巣不全との合併がよくみられることから、早発卵巣不全が卵巣に対する自己免疫性疾患である可能性が考えられています。  また、卵巣や卵巣の周囲の手術、放射線や抗がん薬の化学療法などによって早発卵巣不全になったり、それ以外の薬剤によっても卵巣機能の低下につながることがあります。
    出典 :卵巣機能低下症の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 治療では

  • 「このまま閉経してしまうのでは?」などと不安に思いがちだが、実際に「早発閉経」にいたる人はごくまれ。一時的に卵巣の機能が低下しただけなので、治療すれば元に戻る。まずストレスやダイエットなど背景となる問題を探り、そこから改善して様子をみる。休養をとることも大切だ。
    出典 :卵巣機能低下症 | 病気について理解しよう | 治験情報ネット
  • ウオーキングなどの有酸素運動は血液の循環がよくなって代謝が活発になるだけでなく、卵巣機能の活性化にも役立つ。それでも改善されない場合は、低用量ピルあるいはエストロゲンの錠剤を使って、ホルモン状態を整える方法、自律神経を調整する薬で自律神経失調症の症状をやわらげる方法
    出典 :卵巣機能低下症 | 病気について理解しよう | 治験情報ネット
  • 自覚症状として

     

    自覚症状は、無月経または稀発月経なので、それぞれの項の対処法に準じます。診断には血液中のゴナドトロピン値の測定が必須なので、専門医による診察が必要です。