リラックスにはやっぱりバスオイル☆

リラックスにはやっぱり一番良いのは
バスオイルですよね☆アロマは人気です!

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バスオイル

  • バスオイルとは、お風呂の入浴剤として使うアロマオイルである。入浴によるアロマテラピーで、全身から効果を吸収することができる。 使用する精油により効能は違い、リラックス状態にする香りやリフレッシュさせてくれる香りなどがある。
    出典 :バスオイル | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • バスオイルは、ダイエットに応用することもできる。脂肪の燃焼や食欲を抑える効果のあるグレープフルーツの香りを浴槽に垂らすと、リンパ液の流れを促すと言われている。肌の保湿やハリを保つなどの美容効果も期待されている。
    出典 :バスオイル | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    とっても効果がありそうですね!

  • 冬には良い効果が

  • 冬に嬉しいワケ

     

    寒い時期には普通のお風呂でも体が温まります。そこに血行促進の作用があるエッセンシャルオイルを入れれば、体の芯からぽかぽかと温まるんです!
    甘い香りなら心もほかほかと温めてくれます!

  • 皮膚が乾燥する季節には、エッセンシャルオイルだけをお風呂に入れるのではなく、キャリアオイルも入れると保湿作用が期待できます。
    出典 :冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方 [アロマテラピー] All About
  • 空気が乾燥すると風邪をひきやすくなります。その対策法のひとつがうがいなのですが、呼吸器系の殺菌、消毒、喉の痛みや咳の緩和に役立つエッセンシャルオイルを入れればお風呂で穏やかな蒸気吸入ができます。ゆっくりと深い腹式呼吸をしてみてください。
    出典 :冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方 [アロマテラピー] All About
     

    冬以外でも色々良い効果がありますよ

  • アロマバス

  • お風呂でアロマオイルを使うことのメリットは、浴槽へ入れたアロマオイルが熱で拡散することによって、呼吸器から吸収でき、さらにお湯につかることで皮膚からもアロマオイルの成分を取り入れることが出来ます。温められたり水分を含んだ皮膚は、これらをより多く吸収してくれます。
    出典 :アロマオイルの使い方の基本〜アロマバス(お風呂)〜
  • 全身浴

     

    1日の疲れをとってくれるのはやっぱりお風呂ではないでしょうか?
    お風呂では、皮膚からの吸収に加え、呼吸器からの吸入効果 も期待できます!
    お風呂1杯に対してアロマオイル5滴以下で使用します。
    鼻がなれてしまうと香りを感じられなくなるので、
    1滴ずつ増やしていく方法も良いです。

  • バスオイルを作ろう

  • ●エッセンシャルオイル 
    ・ローズマリー4滴・カモミールローマン3滴・スィートマージョラム 2・フランキンセンス2滴
    ●キャリアオイル 10ml
    出典 :2/2 冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方 [アロマテラピー] All About
  • 作り方・・・

     

    1まずキャリアオイルを計量します。
    2エッセンシャルオイルを順に加え、
    3ガラス棒でよく混ぜます。
    4出来上がったものは必ず遮光性のガラス瓶に入れてきっちり蓋をして冷暗所で保管します。
    目安として1週間で使い切ります。

  • 使い方・・・一回のお風呂で多くて5ml(小さじ1)のバスオイルを湯をはった浴槽に加え、よく混ぜてから入ります。使い心地・・・浴槽に浸かりながら、腕や脚をやさしく撫でてあげてください。つるりとしてとても気持ちがいいです。ゆっくりと腹式呼吸をすれば、同時に蒸気吸入もできます。
    出典 :2/2 冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方 [アロマテラピー] All About
  • ・今回作った全量を絶対に1回では使い切らないでください。濃度が高すぎます。・敏感肌の人はパッチテストをしてから使用しましょう・肌に刺激があったり、香りが合わないと感じた場合ただちに使用を中止します。・今回のブレンドは妊娠中の人、子供、高血圧症の人には使用できません。
    出典 :2/2 冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方 [アロマテラピー] All About