再発性の高い【膀胱がん】転移に関してのまとめ

膀胱がんは、リンパ節、肺、肝臓、骨に転移しやすいと言われています。
膀胱がんでもいくつかの種類があるが、他のがんとは違い膀胱の中の色々な場所に出来ることが多く、悪性度も高い。少々厄介ながんのひとつなので早期発見と予防に注意しよう。

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱がんとは

  • 主にその症状は

  • 血尿
    排尿痛などの見られない、無症候性肉眼的血尿が唯一の症状であることも多い。上皮内癌や浸潤癌では頻尿や排尿痛などを伴うこともある
    出典 :膀胱癌 - Wikipedia
  • 膀胱がんは膀胱上皮が悪性変化したもので、膀胱内に多発性に発生することが多く、男女比では約3倍男性に多いがんです。加齢とともに発生頻度が増加し、多くは40歳以降見られますが、希に若年者にも発生
    出典 :膀胱がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    膀胱がんの原因としては喫煙があげられ、喫煙者は非喫煙者の2-3倍の膀胱がんの発がん率と言われている

  • 原因

  • 長期間膀胱結石があったり、膀胱周囲の血管系に寄生するビルハルツ住血吸虫症じゅうけつきゅうちゅうしょうに感染していたりすると、その慢性的な刺激により発がんすることがあります。
    出典 :膀胱がん| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 膀胱がんの転移

  • 様々な個所に出来やすいのも膀胱がんの特徴

  • 浸透性膀胱がん

  • 膀胱粘膜、粘膜下層を越えて筋肉の層以上の深さにまでがん細胞が進んでいる状態です。

    一般的にがん細胞の悪性度が高いことが多く、深ければ深いほどリンパ節転移や他臓器への転移を起こしていることがあります。
    それに伴い予後も悪くなります
    出典 :膀胱がん(浸潤性がん)の標準治療
     

    一般的にがん細胞の悪性度が高いことが多く、深ければ深いほどリンパ節転移や他臓器への転移を起こしていることがある。

  • 膀胱がんの中の上皮内がん

  • 上皮内がんは内視鏡で見ても正常な粘膜と、がんのばら撒かれている粘膜との区別がはっきりと区別しにくくなっており、がん細胞が膀胱粘膜のどこに潜んでいるかわかりません。

    進行は初期の段階では比較的遅いものの、数年内に膀胱粘膜から下の粘膜下層や筋層へ浸潤し転移したりします。
    出典 :膀胱がん(上皮内がん)の標準治療
     

    早期だと治療成績がいいが、上皮内がんが少々厄介

  • 表在性膀胱がん

  • 膀胱がんの多くがこの表在性がんタイプに分類されます。
    性質は比較的おとなしいことが多く、胃がんや大腸がんなどと同様に比較的に治りやすい癌だと言われます。
    出典 :膀胱がん(表在性がん)の標準治療
     

    膀胱がんの中でも比較的治りやすい。

  • 転移してしまった場合

  • 手術で取り除くというのは難しい。そうなると主に抗がん剤治療

  • 膀胱がんで転移をきたしやすい場所は肺、リンパ節、肝臓、骨などです。抗がん剤には①メソトレキセート、ビンブラスチン、アドリアマイシン、シスプラチンの4種類を組み合わせた治療(M-VAC療法)と、②シスプラチンとジェムザールの2種類を組み合わせた治療(GC療法)の2通り
    出典 :膀胱がん|がん情報|泌尿器科|独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター