「眼瞼下垂手術で腫れ」はどうして起きるの?また、みんな起きるの?

「眼瞼下垂で腫れ」はどのような経緯で起きるのでしょう?また、全員なるものなのでしょうか

view580

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼瞼下垂で腫れるのは

  • 個人差がありますが、手術後1週間くらいはまぶたの腫れが強く出ることがあります。1か月くらいかけてかなり自然な状態になりますが、完全に回復するのには数か月かかります
    出典 :眼瞼下垂|慶應義塾大学病院 KOMPAS
     

    手術の結果で腫れるのが一番おおいかと思います

  • 画像は参考ですが

     

    二重幅の部分がはれて眠たいような目になってしまったり場合によっては痛みを伴う人もおられるようです!!!こまりましたね・・・

  • 内出血が生じて青あざのようになる場合もありますが、皮下で広がりながらしだいに吸収されてきます。一時的なものなので問題ありません。
    出典 :眼瞼下垂|慶應義塾大学病院 KOMPAS
     

    一時的なものとはいえ気になりますよね

  • ダウンタイムを頭に入れておいて

  • このダウンタイムとは、治療を受けた日から正常な目元に戻るまでの期間のことを言います。通常の眼瞼下垂の切開手術では、ダウンタイムは1~3ヶ月ほど。
    出典 :手術後の腫れなど、眼瞼下垂のダウンタイムをチェック
  • 期間は・・・

  • 治療後3~5日は患部に腫れが出て、5~10日で抜糸。腫れや痛みが引いて自然な目元に戻るまでは、早い人でも1ヶ月ほどかかると言われています。とくに抜糸までの期間は、目元に刺激を与えるような行為はNG
    出典 :手術後の腫れなど、眼瞼下垂のダウンタイムをチェック
     

    ここがちょっと大変な所です

  • 女性の人だと

     

    アイメイクをする人もいるようですが、これもNGです!一応目元に刺激を与えてしまう為避けた方が良いと考えられます!

  • 基本的には目を使わない方が良い

  • 術後はまぶたの腫れもおこりますし、自宅に帰るとどうしても眼を使ってしまい、腫れがいつまでも続く原因になります。また、筋肉を固定している糸はとても細いため、こすったりぶつけたりしたときに外れてしまう可能性もあります。
    出典 :眼瞼下垂Q&A
     

    このこともあって入院の所もあるそうです

  • 切らない手術ならダウンタイムもほぼないそうです

  • 埋没法などのメスを使わない治療の場合、手術後の腫れやダウンタイムはほとんどありません。まれに腫れる場合などもあるそうですが、まぶたの裏側から糸を通すため抜糸の必要がなければ、傷跡の心配もいりません
    出典 :手術後の腫れなど、眼瞼下垂のダウンタイムをチェック
     

    腫れに対してのアプローチがこの手術だったのですね!

  • 治療後は、当日だけお風呂を我慢すればOK(目元を濡らさないよう気をつければ、入っても大丈夫です)。翌日からアイメイクをすることもできます。腫れや違和感が非常に少ないので、仕事で忙しい男性にもオススメ!
    出典 :手術後の腫れなど、眼瞼下垂のダウンタイムをチェック
     

    例外はなく男性も悩んでいる事だと思います

  • 様々な要因で腫れますが、つきものと考えるのが自然だと思いますよ