起きぬけに、クラッとする【寝起きの立ちくらみ】は何故おこるのか・・・?

【寝起きの立ちくらみ】や長時間下を向いたまま仕事をしていて急に立ち上がった時、また下を向いて洗髪をした後、顔をあげるとクラッとすることがあります。また、起きぬけに起き上がることができないようなめまいが起こることもありますが、立ちくらみやめまいは何故おこるのでしょうか。

view1166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝起きの立ちくらみとは

  • 寝起きの立ちくらみは低血圧の人にも起こるものだととらえられます。 しゃがんでいる状態から急に立ち上がると立ちくらみがするように、寝起きには寝ていた状態から急に起き上がることで立ちくらみが起きてしまうということがあるのです。
    出典 :寝起きの立ちくらみと原因
     

    そもそも、寝起きに立ちくらみが起こる時は、根をつめて何かをした時や睡眠不足など体調がいくぶん悪い時に起こるそうです。また、貧血気味や低血圧の人はおこりやすいそうです。

  • 寝起きの立ちくらみの原因

  • 一番初めに思いつくのは低血圧が原因のものです。高血圧は日本高血圧学会にて基準がありますが、低血圧には基準がありません。ですが、血圧測定での上の値が80mmHgを下回る方は注意した方が良いです。また、低血圧の人には低体温の人がいることから、低体温の改善すること低血圧の改善に導くといわれています。
    出典 :寝起きのめまいは何が原因か
     

    これ以外にも自律神経の乱れによるものがあるそうです。これは、ストレスがたまっていたり精神的な原因、不眠などが影響するそうです。

  • 立ちくらみと低血圧の関係

  • 最高血圧が100、最低血圧が60よりも低い場合に低血圧と判断される場合が多いです。立ちくらみの最も多い原因となります。血圧が低いことが直接の原因で、他の病気に進行する可能性は低いため、急に頭を持ち上げるような動作に注意しつつ、様子をみるのが普通です。
    出典 :立ちくらみ
     

    目が覚めて起き上がる時、急に立ち上がるのは禁物です。ゆっくりと上体を起こし、徐々に体を起していくことが立ちくらみを防ぐことにつながるそうです。

  • 自律神経の働きと立ちくらみ

  • 自律神経の重要な働きの一つは脳の血流を守ることです。横になっている時に全身を平均的に流れている血液は、起きあがると血液そのものの重力の影響で足の方にたまってしまいます。すると脳が血液不足になりふらつきやひどいと失神を起こします。
    出典 :立ちくらみ | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    自立神経の働きを整えるためには、なんといって早寝・早起きを心がけ規則正しい生活リズムを作ること。そして。睡眠を十分に取ることが一番だそうです。

  • 鉄分不足も立ちくらみの原因の一つ

  • 血液を作って酸素を運ぶ役割をはたしている「鉄分」。この鉄分不足も立ちくらみの大きな原因のひとつ。鉄分が不足すると血液が十分に作られないので酸素も不足します。この「体の酸欠状態」は立ちくらみだけでなく、さらに全身の疲れへと影響します。なので食べ物から鉄分を補給することが立ちくらみの予防・改善には大切となってきます。
    出典 :立ちくらみの解消に効果的な食べ物とは?
  • 寝起きの立ちくらみの対処方法