CPAPってご存じですか? 持続陽圧呼吸療法といい睡眠時無呼吸症候群の効果的治療法です。

cpap は、耳慣れなくても器具を目にした方は多いかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群の改善の為に装着する器具で、大きな効果が得られます。

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • CPAPとは……??

  • シーパップと呼ばれ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の最も主流な治療法です。

  •  

    左図のような装置を用いて、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかけます。

  • 鼻マスクから気道に圧力加えた空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸をなくす治療法。睡眠中のみに使用します。患者さんごとに必要な圧力は異なるためポリソムノグラフィー検査を行いながら、いびきと無呼吸を限りなく少なくするために必要な圧力を決定します。
    出典 :日本赤十字社医療センターSAS:SASについて:CPAPとは
     

    自宅でのCPAP治療中は月1回、外来受診をして頂き、治療の効果、体の状態などを確認致します。

  • ポリソムノグラフィー検査とは、睡眠呼吸障害を正しく診断するために欠かせない検査です。

  • クリニックによっては、終夜睡眠ポリグラフ検査:PSG検査とも呼びます。

  •  

    夜間どのように眠られているか全体的に見るために脳波、眼球運動、筋電図、呼吸運動、心電図、酸素飽和度、下肢の動き等を終夜記録します。

  • この検査で眠りの深さ/時間、睡眠障害の有無、無呼吸/低呼吸の有無と重症度、脈拍の変動、睡眠中の体位 との関係などを解析、診断します。 この検査には痛みは無く、いつもと同じように眠っていただけます。
    また夜間のみの検査ですのでお仕事を休むことなく実施できます。
    出典 :日本赤十字社医療センターSAS:SASについて:検査について
     

    大変な検査のような気がしますが、病院に泊まって眠るだけで自分の症状の状態がはっきり分かるんですね。

  • この検査で睡眠時無呼吸症の、重症度がわかります。

  • 一般的に中等症から重症の患者さんにとても有効です。患者さんのなかには一晩で劇的に症状が改善されるかたもいらっしゃいます。また、多くの患者さんが高血圧などの合併症も改善されます。
    出典 :日本赤十字社医療センターSAS:SASについて:CPAPとは
     

    医療器具なのでお値段が気になります……。

  • 睡眠時無呼吸症と診断された場合には健康保険が適用になります。
    3割負担で、月4500円程度です。

  • CPAP療法は根治療法ではありません。

  • CPAP療法は、毎日使用することによって効果を維持することができます。睡眠時無呼吸症候群(SAS)はCPAP使用中のみ改善されていますが、使用しないときは元の睡眠時無呼吸症候群(SAS)の状態です。
    出典 :CPAPによる治療 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
  • しかし、眠る時に器具をつけるのは寝苦しいように感じますが……

  •  

    寝返りが多い人には鼻孔タイプなど。
    その人の症状や睡眠時の状態に合わせたCPAPもあります。

  • 処方されている圧力はあなたの症状にあった適切な圧力です。しかし、症状や体重の変化によってCPAPの圧を変更しなくてはならない場合もあります。もし、設定された圧で不快感などCPAP療法がつらくなった時は早めに医師に相談してください。
    出典 :CPAPによる治療 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    圧も調整できるようですね。

  • 無呼吸症候群と診断されて、他の治療を行っている方で症状の改善がみられない方は、お近くの医療機関で相談してみてはどうでしょう?

  • 耳鼻咽喉科、呼吸器科などで専門治療を行っている病院が増えています。