年齢を重ねるごとに急増する!?「加齢臭の原因」は何!

加齢臭の原因は何があるのでしょうか?年齢を重ねるごとに増えている加齢臭の謎!

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 加齢臭って・・・

  • オヤジ臭

     

    文字通り年齢を重ねる事で現れる中高年特有の体臭の事ですよね。オヤジ臭という言葉を聞いたことがある人も少なくはないはずです。

  • 加齢臭とは文字通り、年齢を重ねるとでてくるニオイ。 「古い本のようなニオイ」 「ロウソクのロウのようなニオイ」 「油臭くて青臭いニオイ」などと表現され、40歳を過ぎるあたりから発生します。
    出典 :加齢臭の原因とは|特集|eo健康
     

    このような例えをされる場合があります!

  • 加齢臭の原因物質は

  • 脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質です。40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加。それに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。ちなみに、若い人たちの体臭からはほとんど検出されません。よって、ノネナールは加齢臭の根源といえるでしょう。
    出典 :【加齢臭の原因】 - お父さんのための加齢臭講座
     

    このような加齢臭の根源と言えるのですね・・・

  • 臭いの基になる

     

    ノネナールですが、他にも疲労臭ともよばれる臭いも混ざる事があります。これは蓄積すると体内にアンモニアが増え、汗からツンとした臭いが出てくる場合があるのです。混ざると困りますよね。

  • 活性酸素も原因に

  • カラダを酸化させる活性酸素も原因の一つ。 若い頃は活性酸素が発生してもそれを除去するシステムが作動していますが、40歳を過ぎるとこのシステムが弱り始め、徐々に活性酸素は増えてしまいます。活性酸素が増えると過酸化脂質が増加し、9-ヘキサデセン酸の酸化がさらに進み、ノネナールを発生させてしまうのです。
    出典 :加齢臭の原因とは|特集|eo健康
     

    このような原理で広がっていくのですね

  • 活性酸素によって酸化した皮脂は、動物性たんぱくが腐ったようなニオイがしますから、これも加齢臭の一因であると考えられます。
    出典 :加齢臭の原因とは|特集|eo健康
  • ストレスも関連している

  • ノネナールは脂肪酸が過酸化脂質と結びつくことで作られている・・・ということは、前に述べました。この過酸化脂質が増えるのは、活性酸素が体内に大量発生したときです。その要因として、ストレスがあげられるでしょう。
    出典 :【加齢臭の原因】 - お父さんのための加齢臭講座
  • ストレスを感じると、体内の活性酸素が増加します。よって、ストレスをためればためるほど活性酸素が増え、過酸化脂質も増加するというわけです。加齢臭の強弱は、活性酸素の量・・・つまりストレスの強さが大きく影響しているといえます。
    出典 :【加齢臭の原因】 - お父さんのための加齢臭講座
  • 男性に多い理由

  • 加齢臭そのものは男女の区別がないので、どちらにも発生します。が、女性ではあまり「おばさん臭」という話は聞きませんね。確かに皮脂の量の違いもありますが、女性がもともと体臭に敏感で、香水やデオドラント効果の高いケアアイテムを使って、防臭を習慣化している人が多いことも関係しています。
    出典 :加齢臭の原因・オヤジ臭のニオイを消す方法
  • 高齢化社会になって、加齢臭を気にする人は増加傾向にあります。「中高年の男性では、8割以上が気にしている」というデータもあるようです。きちんとケアすれば加齢臭・オヤジ臭は消すことができます。
    出典 :加齢臭の原因・オヤジ臭のニオイを消す方法