甘味料はどのようなもの?

食品添加物に分類される甘味をプラスする事が出来る
甘味料はどのようなもの?

view217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 甘味料

  • 甘味料は、調味料の一種であり、食品や料理に甘みをプラスすることができる。食品表示においては食品添加物に分類されている。甘味料には天然甘味料と合成甘味料があり、合成甘味料とは人工的に作られた甘味料のことである。
    出典 :甘味料 | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • 合成甘味料には、食品衛生法により使用量が制限されているものもある。 近年ノンカロリーの甘味料が多く販売されている。砂糖よりも甘味度が高く、カロリーがないため、ノンカロリー食品や低カロリーの飲料などに活用されている。
    出典 :甘味料 | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • 代用甘味料とは

  • 代用甘味料とは、スクロース(砂糖)の替わりに用いる甘味物質で、糖尿病でも安心して食べられる甘味料、肥満対策に用いる低カロリーのダイエット用甘味料、あるいは虫歯の原因にならない甘味料などを指します。代用甘味料には非糖質甘味料と糖質甘味料があります。
    出典 :代用甘味料の利用法|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 代用甘味料とは

     

    画像はいろいろな甘味料の種類とスクロースの甘味料を1.0とした時の相対甘味度を示したものです。これらの甘味料の中で非う蝕原性あるいは低う蝕原性¥甘味料で、これまでに特定保健用食品をはじめ機能性食品に実際に使われているものはエリスリトール、キシリトール、ソルビトール、マンニトール、マルチトール、パラチニットなどの糖アルコール、パラチノース、アスパルテーム、ステビオシド、スクラロースなどです。

  • 4種類ある

  • 人工甘味料とは、ダイエットソーダに使われたり、砂糖の変わりにコーヒーに入れたりするためにタブレットや小袋になっているような人工的な甘味料で、アスパルテームやスクラロース、サッカリンやアセスルファムカリウムやネオテームが主なものです。
    出典 :砂糖以外の甘味料の特徴―どれが安全でどれが危険?「ステビア安全」「人工甘味料危険」 | 「マイナビウーマン」
  • 糖アルコールというのは、多くの物が名前の最後に「トール」がつき、代表的な物にキシリトールがあります。砂糖ほど甘みはないけれど、カロリーが少ないのが特徴です。ただ、体に完全に吸収されないため、過剰摂取をすると下痢を起こしたりおなかにガスがたまったりします。
    出典 :砂糖以外の甘味料の特徴―どれが安全でどれが危険?「ステビア安全」「人工甘味料危険」 | 「マイナビウーマン」
  •  

    自然甘味料とは、はちみつやアガベシロップのような自然に作られる甘味料のこといいますが、それらは多くの果糖を含んでおり、体には砂糖と同じ影響があります。加工法にも問題がある場合が多いので、買う場合はなるべく非加工のものを選びましょう。

  • 甘味料として使えるサプリメントで一番いいのが、ステビアです。南米のステビアと呼ばれる植物の葉から取れる甘味料で、体には最も安全であり、料理や飲み物に使う事が出来ます。日本ではサプリメントとしてより、スポーツドリンクやダイエットドリンクの甘味料として有名ですね。¥
    出典 :砂糖以外の甘味料の特徴―どれが安全でどれが危険?「ステビア安全」「人工甘味料危険」 | 「マイナビウーマン」
  • 代表的な甘味料

  • ☆ アスパルテーム アスパラギン酸とフェニルアラニンという2種類のアミノ酸が結合してできたものです。甘さは砂糖の約200倍で、さわやかな甘さが特徴です。フェニルケトン尿症の人はフェニルアラニンを分解できないためその摂取量を制限する必要があり、表示上は「L-フェニルアラニン化合物」である旨を併記するよう定められています。
    出典 :用途別 主な食品添加物 甘味料|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
     

    これは良く見かけますね

  • ☆ アセスルファムカリウム 酢酸由来のジケテンを原料として製造されます。砂糖の約200倍の甘味があり、生体内で利用されないためノンカロリー甘味料として使用されています。水に溶けやすく、甘味の発現が早いことから、アスパルテーム、スクラロース、ステビア等と組み合わせて使うことで相乗効果が期待されます。
    出典 :用途別 主な食品添加物 甘味料|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
     

    よく見ると以外に使われています

  • ☆ キシリトール 樹木などから抽出したキシランを加水分解して得られたキシロースに水素添加して得られます。甘味度、カロリーとも、ショ糖と同程度の甘味料です。水に溶けやすく、加熱等の通常の食品加工の条件下で安定です。溶解時に吸熱するため、口中に清涼感があります。
    出典 :用途別 主な食品添加物 甘味料|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
     

    摂りすぎると下痢します