わかんない!?「赤ちゃんの歯磨き」上手に磨いてあげよう!

赤ちゃんの歯磨きはどうしたら良いかわかんない!そんな人へ向けた歯磨きが上手になる為の方法まとめ!

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯磨きは習慣づけて

  • 乳歯はむし歯になりやすいのが特徴です。乳歯がむし歯になると食べものがうまくかめなかったり、飲みこめなかったり、ときには発音にも影響を与えます。また5~6歳ごろから生えてくる永久歯の歯ならびが悪くなったり、全身性の疾患の原因となることもあります。
    出典 :乳歯をむし歯から守りましょう - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    ここが怖いのです!

  • むし歯を防ぐには口の中を清潔な状態に保つことが大切であり、そのためには歯みがきが必要です。ただ、口の中はとても敏感なので、乳幼児は歯みがきに慣れるまでは、嫌がって泣いたり逃げまわることもあり、お母さん・お父さんも苦労することが少なくありません。
    出典 :乳歯をむし歯から守りましょう - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
  • 赤ちゃんと

     

    いやがらず、楽しい歯みがきが習慣づけられるよう、次に紹介するような手順で、まず歯みがき練習から始めていきましょう。子どもは自分で歯の管理をすることができません。乳歯を守るのは親のつとめです。出来れば楽しんで行いたいですよね!

  • 歯が生え始める前から、口の中に虫歯菌が住み着く環境をつくらないことが大切です。また、歯が生え始めたらすぐにきちんとお手入れを始めることが必要です。けれど、なかなかママの思うようにお手入れができないこともあります。そのためにも、上記のようなさまざまな成長の状態を頭に入れて臨みましょう!
    出典 :成長に合わせて乳歯を守ろう|ベビータウン
  • 3ステップで歯磨き上手

  • ステップ1:歯が生える前
    授乳の後などに、ケアをしてみましょう。ママの指に清潔なガーゼを巻き、やさしく口の中をぬぐいます。
    出典 :赤ちゃんの歯のケアについて | ラルーン
     

    普段から赤ちゃんの歯磨きをする際に感触に慣れさせるようにしましょう!

  • ステップ2:最初の1本が生えたら
    はじめのうちは、ガーゼでぬぐってあげるだけでも十分です。慣れてきたら、赤ちゃん用の小さな歯ブラシで、やさしく磨いてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんの歯のケアについて | ラルーン
  • ステップ3:1歳頃
    食事の後や寝る前に、1本ずつ丁寧に磨きましょう。子ども用の歯磨き剤を使ってもよいですが、まだ、うがいが出来ない年齢です。
    出典 :赤ちゃんの歯のケアについて | ラルーン
  • 上手な歯磨きをしよう!

  • 1.ママの膝の上に、赤ちゃんを仰向けに寝かせましょう。口の中の様子がよく見えるので、お手入れがしっかりとできますよ。2.赤ちゃんが自分で歯ブラシを持ちたがるようになったら、赤ちゃん用・ママの仕上げ磨き用と2本の歯ブラシを用意しましょう。
    出典 :赤ちゃんの歯のケアについて | ラルーン
  • 3.歯磨きに慣れるまでは時間もかかると思いますが、「歯がきれいになると気持ちいいね」「じょうずにできたね」などと声をかけ、楽しい歯磨きタイムを演出しましょう。 人形に歯磨きをさせる真似をしてみたり、歯磨きが終わったらごほうびシールを用意したりするのもおすすめです。
    出典 :赤ちゃんの歯のケアについて | ラルーン
  • 不快感を和らげるために

  • 歯ぐきのむずがゆさを解消するために、いろいろなものを口に入れたがるようになります。歯がためなどのおもちゃで、その欲求を満たしてあげましょう。最近は、いろいろな感触の素材を使い、飽きずに遊べるよう工夫されたものや、保冷剤入りでひんやり感が楽しめるものなど、さまざまな商品が出ています。
    出典 :乳歯はいつ生えてくる? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • このように

     

    歯固めなどのアイテムを用意しておいてあげるのも大切!歯を守る為にも必要と言えるかもしれませんね!