膝の骨挫傷は一度なるとしつこい?原因を知って予防しよう!

膝の骨挫傷は一度なってしまうと、治療中に痛みが再発しやすい怪我です。古傷が痛むという言葉がありますが、治ってもシクシクすることはあるようですし、できれば防ぎたい怪我ですね。

view1686

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膝の骨挫傷の原因 その1

  • 膝 は、打撲や挫傷を生じやすい部位といえます。特に小児や老人は転倒により膝を打ち、打撲や擦り傷などをよく起します。また、スポーツの練習などで膝をついたり、擦ったりすることが多いと 、炎症を起すことも有ります。
    出典 :膝の打撲と挫傷
  • 膝の骨挫傷は、靱帯(じんたい)の断裂やお皿の脱臼で、骨の局所に強い力が加わったときに起こります。スポーツ外傷でよくある膝前十字靱帯損傷が代表例です。
    出典 :引用の出典元を入力http://www.tama-garden.com/column/mutoh/14.pdf
     

    合併症として起こることが多いということです。

  • 若い人は

     

    スポーツでの事故や交通事故などで。

  • 高齢者は

     

    転倒によることがほとんど。

  • その多くは、前述のように事故やスポーツ中に生じた打撲や急激な物理的ストレスによるもので起こりますが、中には基礎疾患が潜んでいて、僅かな負荷を引き金に徐々に損壊するケースもあります。
    出典 :膝の打撲と挫傷
     

    えええっ!こわい!

  • 膝の骨挫傷の原因 その2

  • 中年以上の女性であれば骨粗鬆症はありえます。また、骨脆弱性を起こす基礎疾患があれば、(甲状腺/副甲状腺疾患、糖尿病、肝硬変など)骨粗鬆症同様に、軽微な外力で骨折し得るので、ただの打撲だと思ったら、骨折や骨挫傷になっていた、そんな可能性もあります。
    出典 :右膝内顆骨挫傷です。 - Yahoo!知恵袋
  • しかし、糖尿病になることでインスリンが不足することになると、骨芽細胞が減少するため、骨の形成が低下することとなり、骨の内部が隙間だらけの骨粗鬆症の状態となり、骨がもろくなってしまうということになるのです。
    出典 :糖尿病が骨をもろくする!?骨折の危険性から身体を守るポイントとは | 糖尿病の原因や症状を正しく理解して早期予防を!【ライフ&ヘルス】
  • 甲状腺機能亢進症: 甲状腺のホルモンが上昇した状態が続くと骨がもろくなることがあります。 クッシング症候群:副腎という腎臓の上にある小さな臓器からのコルチゾール(副腎ステロイド)というホルモンが高くなる病気です。コルチゾールには骨をもろくさせる働きがあるため、骨粗しょう症となります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-骨粗しょう症1
  • 副甲状腺機能亢進症:副甲状腺ホルモンは骨からカルシウムを溶かして、血液中のカルシウム濃度を調整しているホルモンです。このホルモンが高くなると骨をどんどん溶かしてしまうので骨がもろくなります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-骨粗しょう症1
  • 卵巣機能不全: 卵巣からでるホルモンの中でもエストロゲン(卵胞ホルモン、女性ホルモン)は骨を丈夫にするという大切な働きがあります。エストロゲンが低下すると閉経後と同じような状態になり、骨粗しょう症になりやすくなります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-骨粗しょう症1
  • ステロイド剤の使用:プレドニン、デカドロンなどに代表される副腎ステロイド剤はいろいろな病気に対して優れた効果を発揮しますが、長期に渡って服用すると、クッシング症候群と同じような状態となり、骨がもろくなります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-骨粗しょう症1
  • つまり、骨粗しょう症になってしまうから、骨挫傷がおこると。
    骨粗しょう症になってしまう原因となる病気は結構あるんですね・・・
    しかも、女性がかかりやすい病気が多い。
    膝の骨挫傷を起こさないためには、物理的な衝撃を受けないように気をつける以外にも、基礎疾患となりうる病気がないかにも気を付けなければいけませんね。

  • 膝の骨挫傷の症状

  • 骨挫傷は主訴となる症状歩行の屈曲による痛み、膝の腫脹・熱感です。
    出典 :挫傷【スポーツ損傷の治療専門】|挫傷の治療なら中国鍼灸院
  • 打撲部に限局した圧痛、腫脹、皮下出血がみられ、時間経過と共に腫脹と皮下出血がびまん性に広がります。打撲直後は膝関節運動が疼痛により困難になることもありますが、すぐに関節運動は可能になります。関節運動に制限があったり、関節運動時に動揺する徴候がある場合は靱帯損傷や軟骨損傷が疑われます。
    出典 :膝の打撲と挫傷
  • 膝折、違和感、やたらと間接がなる、膝を真っ直ぐ伸ばせない(これは骨挫傷の腫れのためかもしれませんが)等の似た症状が書いてあったので、多少なり靭帯にもなにかあるのかなとも思っています。
    出典 :膝の骨挫傷と診断されました。 完治するまでにはどのくらいかかるのでしょうか... - Yahoo!知恵袋
     

    膝の骨挫傷では、十字靭帯の損傷を伴うことが多いです。

  •  

    いずれにせよ、1~3ヶ月以上の歩行困難が続くようです。
    腫れが治まるのにも個人差があります。

  • 膝の骨挫傷の治療法

  • 骨挫傷の場合はレントゲンではわかりにくいそうで、骨挫傷は現在、MRIでのみ診断が可能だそうです。
    出典 :骨挫傷 原因 | しゅんのトレンドな話題を書いてみるブログ
     

    MRIでやっとわかるという感じだそうです。

  • 基本的には2~3週間の安静固定が第一条件だそうです。単純に捻挫などと思って、運動療法で負荷をかけてしまうと、症状がぶり返してしまうこともあるそうで注意が必要です。
    出典 :骨挫傷 原因 | しゅんのトレンドな話題を書いてみるブログ
     

    基本が「自然治癒」である骨挫傷。膝の骨挫傷も例外ではありません。十字靭帯を同時に損傷している場合は、この限りではないことが多いです。

  • テーピング

     

    テーピングで膝の動きをサポートします。

  • サポーター

     

    今は、ものすごく優秀なサポーターがあります。それらを利用する時もあります。

  • 一度やってしまうと、しぶとくつきまとわれそうな膝の骨挫傷。普段から気を付けて、膝を傷めないようにしたいですね。