ばっちりメイクもきちんと落とせる「肌が綺麗になるメイクの落とし方」が知りたい!

化粧すると肌に負担・・・だからクレンジングは必要。そこで、肌が綺麗になるメイク落とし方法を探してみました。実は、スキンケアの中で最も重要なのはクレンジングなんですよ!

view63

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 実は一番大事!肌が綺麗になるメイク落とし方法

  • いつもばっちりメイク。お肌に一番負担であろうのは、このメイクではないでしょうか。
    肌に一番負担がかかっているメイクをきちんと落とさなければ、その負担は軽減されません。
    つまり、普段メイクをしている人にとって、スキンケアの中で一番大事なのは、実は「クレンジング」ではないでしょうか。

  • 落としきれなかったメイクが肌に残ってしまうと、皮膚の新陳代謝を妨げてしまうので、シミやシワができやすくなり、肌の老化を早めてしまうことになります。ですから、メイクは必ず落とさなくてはならないものです。
    出典 :間違ったクレンジングは、肌トラブルの元 | スキンケア大学
     

    どんなにお肌に良い化粧水や美容液を使っても、落としきれないメイクが残っていては本末転倒。
    まずは、根こそぎ今日のメイクを落とすことが肝心です。

  • どういうメイク落としがお肌に良いのでしょうか

  • 一番メイクを落とすことができるのはクレンジングオイル。けれど、その分オイルをきちんと落とさないといけないし、そのオイルを落とすことで洗顔をきちんとしなくてはならず、乾燥肌になってしまうというデメリットも生じてしまうところも。その分、ミルクタイプは洗浄能力が欠けてしまうので、今どきのばっちりアイメイクなどは落としきれないというデメリットも。

  • どういうクレンジング方法があるのでしょうか

     

    濃いメイクをしたとき、薄いメイクをしたとき、メイクをしていないときなど、それぞれのメイクに対して、見合ったクレンジング方法があります。

  • 大切なことは、クレンジングの種類ではなく、メイクの落とし方を使い分けていくことです。たとえば、リップとアイライナーでは落としやすさが違いますし、日によってメイクが薄い日もあれば濃い日もあると思うのですが、すべて同じ方法でメイクを落とすことは、肌に無駄な負担をかけていることになるのです。
    出典 :間違ったクレンジングは、肌トラブルの元 | スキンケア大学
     

    ミルクタイプ、コットンに含ませられているメイク落とし、メイク落とし用のクレンジングオイルなど、それぞれのメリットデメリットを知った上で使い分けることで、肌の負担を少なくし、きちんとメイクを落とすことができるのです。

  • ポイントメイクには専用のリムーバーを

  • マスカラ、アイライナーやリップなど、最近では夜まで維持できるように、そしてウォータープルーフなどとなっているので、なかなか落ちにくくなってしまっています。
    メイクをする方からすれば助かるアイテムが、逆に落とすときには大変になるのです。
    そこで、必要になってくるのが専用のリムーバーです。

  • 「メークにかけた時間と同じだけ、クレンジングにもかけましょう」…というのは少し極端ですが、ある程度丁寧に落とすことは必要です。特に色の濃いアイメークや口紅は、それぞれ塗るパーツがとってもデリケート。少しでも残っていると肌トラブルの原因になりかねません。
    出典 :ポイントメークは専用リムーバーで落としましょう! | スキンケア大学
     

    メイクは重ねてしている分、落ちにくくなっているのも事実。もちろん、朝したメイクを夜まで持たせようとメイクも肌に負担のあるものを使用されているので、仕方ないところもあります。
    ただ、そのためにも、きちんとメイクを落とすようにしないと、メイクが落ち切れなかった分が肌にそのまま残ってしまうことも。

  • ポイントメークを落とすと、その後のファンデーションのクレンジングもとってもスムーズにできます。肌の汚れをしっかりと落とすことができれば、より肌がクリアになり、その後のスキンケアも効果が高まる可能性が大きいのです。
    出典 :ポイントメークは専用リムーバーで落としましょう! | スキンケア大学
     

    実際にリムーバーを使うことでお肌のダメージも軽減されますが、その後、ベースメイクを肌に負担少ないミルクタイプなどを使い丁寧に落とすことで、よりクリアな肌を実現してくれるんです。

  • きちんと洗顔しましょう

  • きちんとメイクを落とした後は、きちんとお肌の汚れを落としましょう。無駄な皮脂を落とし、余分に落とし過ぎないこと。そうしないと、乾燥肌の原因になってしまいます。

  • 正しい洗顔とは「朝と晩に」「よく泡立てた洗顔料を使って」「泡で汚れを包み込むようにやさしくなじませ」「ぬるま湯で十分すすいで洗顔料を落としきること」です。洗顔時の注意点をみていきましょう。
    出典 :美肌になる洗顔方法 | スキンケア大学
     

    実際に、自分の洗顔はどうでしょうか。優しく洗っていますか?
    肌がまっさらで無防備な状態です。ですからこそ、優しくいたわってあげないといけません。

  • 入浴時に洗顔する際、シャワーから出たお湯をそのまま顔に当てるのは避けたほうが無難です。浴室内の温度は高くなっているため、角質も柔らかくなっています。その状態でシャワーを直接顔に浴びると、水圧で肌がダメージを受ける可能性があるからです。
    出典 :美肌になる洗顔方法 | スキンケア大学
     

    よく耳にする「シャワーですすいではいけない」という理由は水圧です。それから、もともとシャワーの水温では、肌に負担が大きすぎるというのももう一つの理由なのです。