鼻の病気が頭痛の原因になる!?【蓄膿症と頭痛】の関係性とは!

蓄膿症と頭痛が関係していることをご存知でしょうか?薬が効かない、長引くあなたのその頭痛、実は蓄膿症が原因かもしれませんよ!

view316

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、蓄膿症とは?

  • 蓄膿症って…?

     

    鼻の病気だとは思うけど…。
    どんな病気?どんな症状?

  • 蓄膿症とは、「鼻の鼻腔(びくう)という場所がウイルスや細菌などの感染によって炎症をおこし、副鼻腔(ふくびくう)という場所に膿が溜まることで生じる症状のこと」です。別名を副鼻腔炎といいます。
    出典 :蓄膿症による頭痛の症状の3つの特徴と治療方法 | iGotit
     

    鼻に膿みが溜まる病気なんですね。

  • ちくのう症(副鼻腔炎)とは
    副鼻腔に膿がたまることが原因で、息がつまったり、嫌なニオイがしたりといった不快な症状が起こる病気です。
    出典 :蓄膿症について知りたい|チクナイン - 蓄膿症・慢性鼻炎を治す|小林製薬
     

    嫌な匂いがしたら要注意です!

  • 副鼻腔に膿がたまったり、ポリープができる状態を副鼻腔炎といいます。 風邪症状などに伴って一時的に起こることを急性副鼻腔炎とよび、症状が長引いたものを慢性副鼻腔炎といいます。 慢性副鼻腔炎の原因としては、大きくわけて感染によるものとアレルギーによるものに分けられます。
    出典 :慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とは? - 東京逓信病院
     

    急性と慢性があるんですね!

  • 蓄膿症と頭痛にはどんな関係があるの?

  • 頭が痛い…!

     

    これって蓄膿症のせいなの!?

  • 蓄膿症の頭痛は、副鼻腔にたまる細菌やウィルスによって引き起こされる粘膜の炎症が原因といわれています。
    出典 :蓄膿症「頭痛」
     

    粘膜の炎症が頭痛につながります。

  • 頭痛が起きるのは、蓄膿症が少し進行し、副鼻腔という場所が炎症を起こすと、頭痛を併発すると言われています。また、頭痛を併発する際に鼻水が出たり、鼻の奥や目の奥に痛みを感じることもあり、これらの痛みも副鼻腔の炎症が原因だと考えられます。
    出典 :蓄膿症と頭痛の関係って? | 蓄膿症について
  • こんな頭痛に要注意!

  • 思い当たる症状があったら…

     

    蓄膿症かもしれません!!

  • ・頭痛の始まった時期と同じくして、鼻水鼻づまりがある
    ・起床時に一番頭痛がひどい
    ・頭を下に向けると痛みがひどくなる
    ・頬や眉間を軽くたたいただけでも痛い
    ・今までになく頭痛が連日続く
    出典 :副鼻腔炎が頭痛を引き起こす? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    頬や眉間に痛みがあるのが特徴的です。

  • 副鼻腔炎による頭痛は、大きくジャンプした時の震動が響くような痛みです。時には、目も開けられないほど、激しい顔面痛が発生します。発症する副鼻腔の場所によって痛みの部位が若干違いますが、目の奥、目の周り、こめかみ、頬部に集中するのは一般的です。体調を崩した時に、急激に症状が増悪することがしばしば見られます。
    出典 :副鼻腔炎による頭痛や顔面痛の特徴と対処法
     

    頭痛とともに顔面痛があれば蓄膿症です。

  • 蓄膿症による頭痛は鎮痛剤で治せません!

  • 副鼻腔炎が引き起こす猛烈な頭痛や顔面痛は、市販薬の鎮痛剤ではあまり効果を望めません。病院の耳鼻科で膿を吸引してもらい、抗菌薬を服用するのは有効な治療法です。痛みの原因は副鼻腔炎の圧力変化ですから、膿を出し、詰まりを解消すれば、痛みも緩和されます。
    出典 :副鼻腔炎による頭痛や顔面痛の特徴と対処法
     

    頭痛薬を飲んでも治らない頭痛は蓄膿症を疑いましょう。