排卵検査薬の使い方について

排卵検査薬の正しい使い方を覚えて妊娠に役立つようにしたいものです。

  • rinko 更新日:2014/04/11

view324

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵検査薬の使い方

  •  

    几帳面に日付をチェックして検査する根気も必要です。

  • 排卵日検査薬は排卵前の「LHサージ」に反応しますので、排卵が起こる前から数日間使って予測しますですから、検査薬をより効果的に使うためには、何周期か基礎体温をつけその基礎体温の変化から自分の排卵を予測しやすくしておくことがベターです
    出典 :排卵日検査薬の効果的な使い方|子宝ひろば
     

    まずは基礎体温の準備から始めてください。

  •  

    女性にとってLHサージがとても重要なのです。

  • 排卵の可能性が高いのは最低体温日を含めて3日間です。ですから、低温期の日数から考えて、そろそろ最低体温になるかな…という時期体温が最低を示す前から排卵検査薬を使い始めましょう排卵が起こるのは検査薬の陽性反応が最も強く出てから16~24時間後です
    出典 :排卵日検査薬の効果的な使い方|子宝ひろば
     

    このメカニズムを知っておくことが最低限大事なことです。

  •  

    陽性のラインの出方をしっておきましょう。

  • 排卵検査薬の正しい使い方のポイント

  • 排卵検査薬は排卵日のありそうな日の前後10日ほどの間継続して使用する事で排卵日を特定することができる検査薬です。
    出典 :排卵検査薬/妊娠 〜基礎知識と使い方〜
     

    正しくメカニズムを理解しましょう。

  • 排卵検査薬はキットの尿吸収体部分全体にしっかりと尿をかけ、約1分ほど(検査薬により多少違いはあります)で結果が表れます。妊娠検査薬はマークが出るかどうかで判断ですのでわかりやすいのですが、排卵検査薬は色の濃さで判断しますので、結果がはっきりとわからないこともあります。
    出典 :排卵検査薬/妊娠 〜基礎知識と使い方〜
     

    尿の量によって結果があやふやになる場合もあるので注意してください。

  • 排卵検査薬の使い方・ポイント

  • 基礎体温をつける事は面倒だと思う方も多いでしょうが、自分の体を知る上でとても有効なものです。また、婦人科系の疾患で病院を受診するような時にも基礎体温表はとても役立ちますので、可能であれば基礎体温と検査薬を併用することをおすすめします。
    出典 :排卵検査薬/妊娠 〜基礎知識と使い方〜
     

    基礎体温からの情報もとても有効なのです。

  •  

    使用方法を正しくチェックして検査をしましょう。

  • 排卵検査薬はキットの尿吸収体部分全体にしっかりと尿をかけ、約1分ほど(検査薬により多少違いはあります)で結果が表れます。妊娠検査薬はマークが出るかどうかで判断ですのでわかりやすいのですが、排卵検査薬は色の濃さで判断しますので、結果がはっきりとわからないこともあります。
    出典 :排卵検査薬/妊娠 〜基礎知識と使い方〜
     

    最初は扱いがうまくできずに検査結果が判定しずらくなる場合もあります。