正しい知識を持とう「性器クラミジア感染症」とは

若い女性中心に増えてきている性器クラミジア感染症をしっかり知識をもって予防しよう

view77

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性器クラミジア感染症とは

  • クラミジア感染症は10代~20代前半の女性を中心に最近増えてきている性感染症。女性の性感染症の中では、HPV感染を除くと最も多く、20代前半では性交経験のある人の5~10人に1人は感染していると予測されています。
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
     

    性行為をする年齢が下がっており、どんどん広がっているとされています

  • ここ最近の

     

    罹患率のグラフです。これを見てもらえば分かると思いますがやはりどう考えても増えていますよね。もし見えにくい場合はクリックすると拡大する事が出来ますよ

  • 症状がほとんど出ないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。クラミジアによる卵管炎は不妊症の原因となるため、若い頃の感染が将来弊害をもたらすこともあります。また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えると言われています
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
     

    このようなリスクを抱える結果になるので注意したい所ですね

  • 性行為で感染する

  • ・性器クラミジア感染症はクラミジアトラコマティスという病原体により感染します。 ・感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染します。 ・オーラルセックスでは、咽頭(のど)へも感染します。
    出典 :性器クラミジア感染症とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
     

    妊婦検診を受ける事により、出産時の母子感染を防ぐ事が出来ます。必ず受けましょう

  • 症状を知っておこう

  • 男性の尿道炎では1〜2週の潜伏期のあとに軽い排尿痛や漿液(しょうえき)性(さらさらした)の尿道分泌物が現れます。精巣上体炎は精巣上体の腫脹(しゅちょう)(はれ)、疼痛、発熱が現れます。 ¥
    出典 :クラミジア感染症 - goo ヘルスケア
     

    男性の場合はこちらですね

  • 女性のクラミジア感染症の症状は非特異的で、漿液性の帯下(たいげ)(おりもの)、不正性器出血、下腹部痛、膀胱炎(ぼうこうえん)のような症状などがあります。しかし、性別に関わらず無症候性感染といって症状がほとんど現れない患者さんも半数以上いるので、注意する必要があります。
    出典 :クラミジア感染症 - goo ヘルスケア
     

    複数の男性と行為を持つと感染のリスクが高くなります

  • 女性の場合は子宮頸管炎から上行性に感染を起こし、卵管炎、卵管周囲炎、骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)などによる不妊症(ふにんしょう)につながることもあります。男女とも健常成人のクラミジア保有率は3〜5%といわれています。
    出典 :クラミジア感染症 - goo ヘルスケア
     

    不妊の原因になっている場合もあるので気をつけてくださいね

  • 感染してしまったら

  • 感染日から2~3日で検査可能ですが、発症まで1~3週間かかります。自覚症状がある場合は、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。パートナーと一緒に感染している場合が多く見られるので、二人一緒に受診・治療をする必要があります。
    出典 :クラミジア感染症 自宅で簡単性病検査・匿名検査もOK! 気になったらすぐふじメディカルの郵送検診
  • 感染しているかもしれないという不安があるけれど、医療機関を受診する時間や受診に抵抗がある方は、自宅で検査することも可能です。その際もパートナーも一緒に検査することが望ましいです。
    出典 :クラミジア感染症 自宅で簡単性病検査・匿名検査もOK! 気になったらすぐふじメディカルの郵送検診
     

    もし自分が感染していたらパートナーも感染している可能性が濃厚です

  • 予防をしよう

  • コンドームを、毎回初めから正しく使う事が最も有効な予防法。喉への感染もあるため、オーラルセックスの時もコンドームを使用するのが理想です。また、パートナーが変わったら、そのたびに定期的な検査を行って、早期発見を心がける事も大事です。
    出典 :クラミジア感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • クラミジアは

     

    クラミジアは非常に感染力が強く、1回の性交渉でも感染する確率が高いので、1度だけと油断せず、妊娠を目指す時以外は必ずコンドームを使うようにしましょう。オーラルセックスでも喉への感染が懸念されるので気をつけましょう