目にゴミが入って腫れたり、炎症を起こしたら速やかに眼科を受診!!

目にゴミが入って腫れたり、炎症を起こしたら早めに眼科で診てもらいましょう。最近ではエクステが目に入ったり、エクステ用の接着材が原因でアレルギーを起こす方も多いので、原因をしっかりと確認して適切な治療を受けましょう。

view62

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目にゴミが入って腫れているのに放っていませんか?

  • 目にゴミが入った時には涙と一緒に洗い流すのが理想的な方法です。洗面器に水を溜めて瞬きすると取れるものもありますが、それでも違和感が残る場合は放っておくと炎症を起こし腫れてきますのでひどくなる前に眼科で診てもらいましょう。

  • 洗面器に水を満たして目をパチパチ

     

    この方法で大抵のゴミは洗い流されますので、涙だけではなかなかゴミが出てこない場合は試してみましょう。虫が目に入った時など、大きいものは出てきたけれど一部が目に残って何となく違和感を感じた時にも有効ですし、痛くて目が開けづらい時でも瞼をつまんであげると出やすいです。

  • 目のゴミは瞼の裏に付着or角膜の上にくっつく!

  • 目にゴミ(異物)が入った場合は,まぶたの裏の瞼結膜に入りこむか,角膜の上皮にひっついたり,刺さったりしていることがほとんどです。
    出典 :目の事典・目の外傷についてのQ&A
     

    だから涙で取れないものをこすると余計にひどくなるんですね。そんな時に無理は禁物です。目に傷ができ、腫れてしまうと治るのにも時間がかかります。

  • ちょっとしたものでも目に入ると痛いんですよね!!

     

    ほんのチョッとしたものでも目に入るとすごく痛いですよね。まつ毛や髪の毛、掃除や料理をしている手で目をこするのも気をつけましょう。唐辛子を触った指でうっかり目をこすってヒリヒリしたり、掃除中に目をこすってホコリが入ってかゆくなったりしないように目を触るときは綺麗に手を洗ってからにしましょう。

  • より悪化することもありますので、逆さまつ毛は自分で抜かないようにしましょう。
    出典 :目の異物感 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    直ぐに抜いていてしまう方もおられますが、抜かずに眼科で治療を受けた方が改善します。子供のさかまつげは成長と共に改善する場合が多いので様子を見ながら対処しますが、加齢による瞼のたるみからくる場合は手術を行うこともあります。

  • まつげエクステも要注意!!

     

    まつげエクステが目に入り炎症を起こすことも珍しくありません。本人はお洒落でやっていますし、ゴミという認識ではありませんが目からするとただの異物でしかありません。そういったものが合わない方もいますのでエクステなどで炎症を起こした場合は眼科できちんと診てもらいましょう。接着剤にアレルギー反応をお起している場合もありますし、瞼の角度やエクステの長さで目に入り易くなって炎症を起こす場合もあります。目の周りはお洒落をするにも注意が必要です。

  • 眼科で目のゴミを取る時は痛い?

  • 角膜にある異物をとるときは点眼麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。しかし角膜についた傷が治るまでは痛みは続く
    出典 :眼科で目のゴミを取るのって、痛いですか? - 角膜にある異物をとるときは... - Yahoo!知恵袋
     

    簡単に取れないような場所であれば目薬で痺れさせるのでさほど痛くはないものの、数日は傷の痛みが残ります。白目の部分であれば異物を除いたあと傷があっても目薬の処方で様子を見ることになります。ゴミは取れても傷が出来ている場合は眼科で診てもらいましょう。

  • ゴミが入ったり、炎症をおこすと目が腫れます

     

    ゴミは取れたけれど違和感が残るときは傷がついていたり、炎症を起こしていますので早めに眼科で治療しましょう。

  • お風呂用洗剤、トイレ用洗剤が目に入ったら!

  • 掃除中に洗剤が目に入ったら水で洗い流して急いで眼科へ行きましょう。トイレやお風呂の洗剤はphが酸やアルカリに偏っているタイプが多いので要注意です。こういった薬品が入った場合は早めの流水洗浄が大切ですので、眼科へ連絡をして応急処置の仕方を聞き、それに従いましょう。

  • 流水で表面の薬剤をなるべく洗い流す

     

    薬品が入ったときは水道水を弱めに流して目を洗うのが基本になります。勢いが強いと目が痛みますので弱めに!薬品の種類により視力が低下したり、場合によっては失明の危険もありますのでまずは目を洗い、電話で問い合わせてみましょう。この時、どのような薬品が入ったのか商品名や成分表示を確認して伝えましょう。また、目に入ると危険な薬品を使う場合は保護のためにメガネをかけることをおすすめします。