中途覚醒で悩んでる人必見!!中途覚醒の治療って一体どんななの???

夜中に何度も目が覚めて辛い中途覚醒!!!
中途覚醒を治したい人におすすめの中途覚醒の治療についてまとめてみました!!!

view382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中途覚醒って一体どんな病気なの???

  • 夜中に何度も起きてしまう中途覚醒!!!

     

    睡眠の途中で何度も目が覚めてしまう―
    こんな症状をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
    酷い時には数分ごとに目が覚める場合もあったりします。
    これを「中途覚醒不眠症」といいます。

  • ご高齢者の方に多く、頻尿や睡眠時無呼吸症候群に陥ってしまうことがあります。
    睡眠中などに無呼吸状態になり、眠りが浅く十分な睡眠がとれないため、昼間になると眠気が残ったりと生活に支障が出てきます。
    出典 :夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒不眠症」の原因と対策
  • 中途覚醒をするタイミングとしては、レム睡眠の時に浅くなっている睡眠から目が覚めてしまう状態のことを指します。通常は90分サイクルでレム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返していきます。したがって、中途覚醒も90分サイクルで巡ってくる可能性が高くなります。
    出典 :中途覚醒とは? | 睡眠障害完全ガイド
  • どんな状態になったら中途覚醒と呼ばれるの??中途覚醒を判断する目安とは???

  • 中途覚醒を判断する目安

     

    トイレや水を飲みに行って、戻ってから直ぐに眠れるようであれば問題はないものと思ってかまわないでしょう。

  • 一度目が覚めたばかりに、眠れない、もしくは寝付くのに時間を要する時には注意が必要です。ベッドや布団から出ることで、一時的に体温が下がりますので、温まるまでは眠りにくいことはあります。しかし、温まっても眠れないのであれば、睡眠障害の中の中途覚醒に該当する場合があります
    出典 :中途覚醒とは? | 睡眠障害完全ガイド
     

    思い当たる人は中途覚醒の可能性があります!!!
    注意しましょう!!!

  • 中途覚醒の原因とは???

  • 様々な原因によって中途覚醒が起こります!!!

     

    中途覚醒の人は原因に心辺りがある人も多いのではないでしょうか???

  • アルコール

    毎晩の晩酌でビールや焼酎、ワインなどを飲まれる方も多いでしょう。これが睡眠より充分に前の時間のことでしたら問題有りません。ですが夜間の寝る直前に飲むと、量によっては睡眠に大きな影響を与えます。
    出典 :中途覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • ストレスや悩み

    精神的な悩みでベッドの中で眠れぬ夜を過ごすのは大変辛いことです。ですが日常生活の精神的な悩みの原因を簡単に無くすこと、根本的に解決することは至難の業です。
    この場合は問題解決とは別に、体と心が十分な休息を取れるようにしてください。眠る間だけでも人生や職場、学校の深刻な悩みを忘れられるようにしましょう。
    出典 :中途覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • 病気や障害

    聞いたことがある方もいるかもしれませんが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気があります。これは睡眠の途中に自分では気づかないうちに呼吸が断続的に止まり、そのことで眠りが浅くなる状態です。
    また周期性四肢運動障害のように手足のピクつきや痙攣などによって目が覚めてしまうこともあります。
    出典 :中途覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • 中途覚醒の治療には一体どんな方法があるの???

  • 夜間の血糖値を安定させる

    夜間の血糖値を安定させるためには、日中からのケアが必要です。
    炭水化物摂取量を減らす
    甘いものをやめる
    食事は汁物→野菜→タンパク質→炭水化物の順で食べる
    タンパク質を中心とした間食をする
    寝る前にホットミルクなどを飲む
    中途覚醒時にホットミルクやプロテインなどを飲む
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit
  • きちんと運動をする

    現代人は肉体を動かすことが少なく、頭ばかりを刺激しています。心身の疲労のバランスが悪くなり、バランスの良い休息もできなくなっています。日常的に身体を動かすことで肉体が気持ちよく疲労します。しかし、急に厳しい運動をすることはお勧めできません。出来る範囲でウォーキングなどを行うとよいでしょう。
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit
  • タンパク質を摂る

    セロトニンは脳内物質の一つで、不足するとウツなどを起こすとも言われています。セロトニンは体内で作られますが、その材料となっているのがタンパク質です。最近は健康志向のつもりで、肉や卵を控えている人も多いようです。普段から、ダイエットのつもりで肉や魚をあまり食べない生活をしたり、コレステロールばかりを気にして卵を食べないと、タンパク不足を起こしてしまいます。特に中高年になるとセロトニン不足になりやすくなりますが、年齢に伴った食生活の変化や、胃腸の老化によって吸収力が低下するためとも考えられます。
    出典 :睡眠障害の症状の一つ、中途覚醒を改善させる3つの対策 | iGotit