黄体ホルモンを注射すると、どんな副作用がある?

不妊治療の1つとして、黄体ホルモンを注射する方法があります。
注射によって黄体ホルモンを増やすことで、妊娠力が高まることは確かです。
しかし、黄体ホルモンを注射するとその影響で副作用が表れることもあります。
具体的にはどんな副作用が表れるのでしょうか?

view206

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 黄体ホルモンが不足すると?

  • 黄体機能不全を簡単に言うならば、妊娠するために体の準備が整っていないことです。
    出典 :黄体機能不全
     

    黄体ホルモンが不足している状態を黄体機能不全と言います。
    黄体ホルモンが不足していると、子宮の環境が悪く受精卵が着床しにくかったり、基礎体温の高温期が短く低温期が長くなったりします。
    排卵はされる月とされない月があります。
    黄体ホルモンが不足していると絶対に妊娠することは不可能という訳ではありませんが、妊娠しにくくなることは事実なのです。
    このように、黄体機能不全は不妊の原因となってしまう可能性が高いため、これから妊娠を希望するのであれば黄体機能不全の治療を行うことが望ましいでしょう。

  •  

    黄体機能不全の原因としては、冷えや自律神経の乱れ、体質、生活習慣の乱れなどが考えられています。
    しかし、詳しいことはまだ分かっていないのが現状のようです。
    それ以外にも、子宮や卵巣などの機能に異常がある、もしくは脳にある下垂体の異常も関係しているようです。
    自分で出来る対処法としては、冷え対策や生活習慣の見直し、体質改善が効果的でしょう。
    それに加えて、専門医のもとで黄体機能不全の治療を受けましょう。

  • 黄体機能不全の注射について

  • •プロゲスデポー
    •プロゲホルモン
    出典 :注射でとれる、黄体ホルモンの効果 -【ママリ】
     

    妊娠を希望している場合、不妊の原因となる黄体機能不全を早く改善したいですよね。
    このような場合には、治療として黄体ホルモンを注射する方法があります。
    プロゲスデポー、プロゲホルモンと呼ばれる注射が黄体ホルモンの治療によく使われています。
    黄体ホルモンを注射することによって生理周期や排卵周期を整えることができます。
    子宮内の環境を整えることもできるため、治療前よりも妊娠しやすくなります。
    このような効果から、黄体ホルモンを注射することは、黄体機能不全が不妊原因となっている場合には効果的な治療法と言えるでしょう。

  •  

    しかし、黄体ホルモンを注射することによって副作用が出ることもあります。
    具体的な副作用としては、頭痛や吐き気、倦怠感、乳房の張りなどがあるようです。
    これらの副作用は必ずしも表れるとは言い切れませんが、不妊治療として黄体ホルモンを注射する際には知っておく必要があると言えるでしょう。
    また、人によっては黄体ホルモンを注射したことによって卵巣過剰刺激症候群になることもあります。
    卵巣過剰刺激症候群とは、一体どんな症状なのでしょうか?

  • •お腹が膨らむ •胸に水が溜まる
    •呼吸がしづらくなる •吐き気・嘔吐
    出典 :注射でとれる、黄体ホルモンの効果(2ページ目) -【ママリ】
     

    卵巣過剰刺激症候群の症状はこのようになっています。
    卵巣過剰刺激症候群とは、卵巣内で卵胞が急激に成長し卵巣が膨れてしまうことです。
    これらの症状以外にも、腰痛や腹痛、下痢、尿の量が減る、体重が急に増加するなどの症状が表れる人も居ます。
    黄体ホルモンを注射する前に、卵巣過剰刺激症候群の症状についても理解しておくことが大切なのです。

  • 妊娠にはリミットがあります

  •  

    前述したように、副作用はありますが黄体ホルモンを注射することは有効な不妊治療として行われています。
    しかし、このような不妊治療にはリミットがあることも理解しておかなければなりません。
    ここ数年、芸能人の高齢出産が目立ちます。
    その影響からか、自分自身も高齢で妊娠・出産が可能であると安心している人も少なくないのが現状です。
    実際には、高齢になればなるほど妊娠の可能性は低くなり、出産時にも障害が出やすくなるのです。
    芸能人の高齢出産が多いとは言え、稀なケースであることは確かなのです。
    このようなことから、不妊治療は早い時期から始めることをお勧めします。
    不妊治療で効果を感じられるリミットは、40代前半までと言われています。