子どものストレス症状について

子どもが無言で発しているストレスサインを見逃さないようにしてください。子どもにもストレスはあるのです。

  • rinko 更新日:2014/04/16

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近増えている子どものストレス

  •  

    思わぬことがストレスの引き金になっている可能性もあります。黙ってしばらく見守ってあげてください。子どものストレスには親は敏感でいましょう。

  • 「幼児教室に通い出したら、どもるようになった」「下の子が生まれてからアトピーが悪化した」といった具体的な症状のほかに、「突然、夜泣きするようになった」「爪をかむようになった」といった、原因不明の症状に対する不安も多く聞かれました。
    出典 :【子どものストレス】増えている、ストレスをかかえた子どもたち - gooベビー
     

    うちの子に限って・・・という過信は禁物です。親が子どものストレスに少しでも早くきがついてあげることが何よりの薬なのです。

  •  

    子どものストレスは表情に一番よく出ます。まずは目を見て話せる時間を持ちましょう。

  • 子どもがストレスを受けると、苦しさを言葉では表現できず、身体にストレートに出るタイプの反応を示しやすいのです。例えば、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、夜尿、喘息、過換気症候群など、いわゆる、心身症の症状です。そのほか、爪かみ、吃音、チックなどもみられます。
    出典 :子どものストレスへの対応
     

    わが子の心の声を聴いてみませんか?実は何かおかしい・・・どこか違う、ということがあるかもしれません。親の観察力も子どものストレスには大きく関わってきます。

  •  

    腹痛を訴えるのは決して仮病ではありません。心の痛みが腹痛になる場合もあるのです。

  • 子どものストレスの原因

  •  

    上から目線ほど辛く哀しいものはないのです。少し子どもの立場になってみませんか。

  • 子どもにとって母親の存在というのは想像以上に大きなもの。母親が何気なくかけた言葉、しかも「よかれ」と思って口にしたフレーズが、子どもにとって強いストレスとなり、それが蓄積すると問題行動を引き起こすなんてこともあるようです。
    出典 :子どもの「深刻なストレス」の原因は母親のあの言葉だった!? - Ameba News [アメーバニュース]
     

    ドキッ・・としている方いませんか?親がストレスになっている場合というのは
    哀しいかな現実に多いのです。

  •  

    「いかない・・・」ではなく「いけない・・」という場合もあるのです。

  • 登校拒否症に陥る子供の多くが、この「よい子」、いわゆる「いい子ちゃん」なのです。「こういうことをしたら先生にしかられる。しかられる自分がいけないのだ」「親の言うとおりにしないのは自分が悪いから」、いい子ちゃんはいつもそう考えます。つまり、いい子ちゃんは、いつも自分を殺し、我慢し、無理をしながら「いい子ちゃん」を演じているわけです。
    出典 :子供のこころと体
     

    いい子でいなくてはいけないとうプレッシャーがストレスになるのです。目に見えない子供のストレスを直視しましょう。

  • ストレス対処法

  •  

    体を動かせる場所に連れ出して発散させてあげてください。

  • 子どものストレスは、子ども自身に上手に対処していく方法を身につけてもらうのが一番かと思います。もちろん、大人が子どもに心ないストレスを加えるのは差し控えなければなりません。ですが大人の配慮は、時として、子どもにはかえつて重荷になりかねないからです。
    出典 :見逃せない子どものストレス
     

    自分自身で解決することが本当は一番の早道なのです。

  •  

    子どものイライラに付き合うのも親の仕事です。

  • 「子どもが学校から帰ってきて、イライラして怒りっぽい様子であればそれとなく様子を聞きながら、『大変だったね』『怒りたくなったんだね』『イライラしちゃったね』と子どもの気持ちをそのまま受け止めましょう。
    出典 :★我が子のストレスに、どう対処すればいいでしょう?|ママノート
     

    大人でも否定されるよりも肯定される方が心が楽になります。だからこそ同調してあげるのも優しさなのです。