涙袋の腫れの原因は食べ物!?アレルギー性結膜炎について

涙袋の腫れの原因として様々なことが挙げられますが、アレルギーが原因となっていることもあります。
アレルギーによる結膜炎と言えば、花粉症やハウスダストを想像しますよね。
しかし、食べ物のアレルギーによって涙袋が腫れることもあるのです。

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 涙袋の腫れの原因はアレルギー性結膜炎が多い

  •  

    涙袋の腫れの原因としてアレルギー性結膜炎も考えられます。
    花粉症やハウスダストのアレルギーを持っている人は、症状が強く表れた際に涙袋が腫れることも多いのではないでしょうか。
    このようなアレルギーは多くの人の悩みの種となっていることは間違いないでしょう。
    花粉やハウスダストが原因で涙袋が腫れている場合、症状を少しでも鎮めるためには掃除が効果的です。
    また、涙袋の腫れの原因は食べ物にある可能性もあります。
    食べ物にアレルギーがある場合、一般的な症状としてはかゆみなどが考えられますが人によっては涙袋が腫れることもあるようです。

  • 食物アレルギー
    食べものが原因となって引き起こされるアレルギーを「食物アレルギー」といいます。
    出典 :パパとママが知っておきたい 子どものアレルギー - Phadia - Setting the Standard - Phadia.com
     

    食物アレルギーが発症することが多いのは、主に子供の頃です。
    これは、子供の場合消化器がまだ未発達であることが理由のようです。
    成長と共にアレルギー反応が無くなることも珍しくありません。
    しかし、大人になっても食物アレルギーが改善されないこともあります。
    人によっては、大人になってから食物アレルギーが判明することもあるようです。
    そのため、涙袋の腫れがきっかけで食物アレルギーに気付くこともあるのではないでしょうか。

  •  

    食物アレルギーの症状は、皮膚のかゆみ、発疹、しびれ、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、目の痛みや腫れなど様々で、人によって症状は異なります。
    酷いケースだと、呼吸器系に異常が表れて呼吸困難によって死に至ることもあります。
    たかが食べ物に対する拒否反応ですが、甘く見てはいけません。
    また、食物アレルギーは好き嫌いとは違います。
    食物アレルギーの症状が表れることが原因で好き嫌いとなっている場合には、無理に食べることは避けましょう。

  • どんな食べ物がアレルギーになりやすい?

  •  

    特にアレルギー反応が出やすいとされているたまご、大豆、米、小麦、牛乳の5つの食品は、5大アレルゲンと呼ばれています。
    中でも比較的子供に多いのがたまごや牛乳のアレルギーで、大人に多いのが小麦のアレルギーと言われています。
    しかし、食物アレルギーはこれらの食品以外で起こることもあります。
    例えば、牛乳と同じ乳製品ならチーズ、米や小麦と同じ穀物類ならそばやトウモロコシ、大豆と同じ豆類ならゴマやピーナッツが挙げられます。
    食物アレルギーが無い人からすると、そんな食べ物でアレルギーになるの?と思うかもしれませんが、アレルギーを持つ人にとっては結構深刻な問題です。

  • エビ、カニ、ホタテなどの甲殻類もアレルギーになりやすい食品です。
    魚類であればサバ、アジ、イワシなどの光物に多いようです。
    タラコやイクラなど魚卵が原因となることもあります。
    肉類では、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉などどれでもアレルギー反応が出ることがあります。
    また、食物アレルギーは野菜や果物にも及びます。
    このように、食物アレルギーの原因となる食品は数えたらキリがないほどなのです。
    そのため、アレルギー反応が出る危険性のある食品を使っている加工品には、アレルギーを表示することが義務付けられているようです。
    現在表示が義務付けられているのは、5大アレルギーとエビ、カニです。

  •  

    涙袋の腫れの原因が分からない場合、食物アレルギーが関係しているかもしれません。
    このような場合には、食物アレルギーを調べる血液検査を行いましょう。
    原因となる食品が分かれば、涙袋の腫れの再発を防ぐことができるでしょう。