妊娠中に食べ物で注意することとは?

妊娠中に食べ物で注意しなければならないものがあります。それについてまとめてみました。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に食べてはいけない食べ物とは?

     

    妊娠中に好きなものを好きなだけ食べることはできません。

  • 妊娠中に食べ物で注意する必要があります。
    食べ物によっては、母体や胎児に悪い影響を及ぼすものもあるからですね。
    「どのような食べ物を食べたら良いのか?」と疑問に感じていらっしゃる方も多いでしょう。
    食べても良いものと食べてはいけないものを知り、上手に食事をしていきましょう。

  • 生の魚介類

  • 生の魚介類で一番心配なのは、生牡蠣などに存在する「ノロウイルス」です。 近年では、耳にする事が増えたのでご存知の方が多いのではないでしょうか。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こします。 ノロウイルスは、下水が流れ込む河川や海に生息する二枚貝による物が最も多いといわれています。 例えば、牡蠣やアサリ、シジミなどです。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 生肉

  • 生肉やよく火が通っていないお肉を食べる時に注意すべきウイルスは、「O-157」と「トキソプラズマ」です。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 症状は、下痢・腹痛・発熱・嘔吐・血便・だるさなどがあり、症状が重い方だと痙攣や脳症を引き起こす事があります。毎年、気温が温かく増殖しやすい初夏から初秋にかけて感染症が起こりやすくなります。冬・春に発症するケースもあるので年中注意しましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • マグロ

  • 赤ちゃんが生まれた後に、音を聴いた際の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるなどの症状があげられており、将来の社会生活に支障を来すほどの重篤なものではないと言われています。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    マグロに含まれている「メチル水銀」が胎児に良くない!

  • 食べてもOKな食べ物とは?

     

    妊娠中に食べても大丈夫な食べ物とは?

  • 色の濃い野菜

  • 緑黄色野菜はビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維など、妊娠中に必要な栄養が豊富に含まれています。こうした野菜はぜひ加熱調理を。生野菜よりも、蒸したり、煮たりしたほうが、たっぷりの量を食べられます。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • 大豆製品

  • 体の主成分となるタンパク質は赤ちゃんの脳や体をつくるためにも必要な、大事な栄養素。大豆製品は植物性タンパク質が豊富で動物性タンパク質よりも低カロリー。食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富な優秀食材です。
    出典 :妊娠中に積極的に食べたいもの・食べすぎ注意のもの - gooベビー
  • 妊娠中に食べても大丈夫な食べ物は、やはり野菜。
    特に、緑黄色野菜は沢山の栄養素をバランス良く補うことができるので、妊婦さんにも重宝しますね。
    野菜スープなどにして食べると、沢山の栄養素を一度に補給することができるのでお手軽です。
    苦手な野菜を無理して食べる必要はありませんが、不足しがちな栄養素はしっかりと補っていきたいところですね。
    低カロリーで栄養素の豊富な食品は、妊婦さんの強い味方となってくれるでしょう!
    逆に、高カロリーであまり栄養素の含まれていない食品は摂取をしないように気を付けてくださいね。

  • これらの食品群を、妊娠中に積極的に補っていく必要がありますね。
    低カロリーで沢山の栄養素が含まれている食品ですので、とても健康的です。
    もちろん、妊娠中だけではなく、平常時に食べても栄養素を沢山補給することができる万能食品です。